【騎手】クリストフ・ルメールのWikiプロフまとめ!年収や成績、嫁や子供など紹介

こんにちは、5月8日に行われたNHKマイルカップ(GI)でやっと、今年初のG1をメジャーエンブレムで制したクリストフ・ルメール騎手、うれしかったですね~(笑)

4月に行われた、桜花賞(G1)で4着、皐月賞(G1)では3着と、多くのファンの期待に応えることが出来なくて、非常に悔しい思いをされたのではないかと思います!

私も悔しい思いをしていました。そんな思いから今回のNHKマイルカップの結果は非常にうれしかったです!(笑)

私がクリストフ・ルメール騎手を知ったのは、競馬好きの知り合いから、去年教えてもらいました。

ちょっとミーハー感覚の私ですが、まだまだクリストフ・ルメール騎手について知らない事が多いです(苦笑)

そんな私みたいに、クリストフ・ルメール騎手について知らない人がいるかもしれないですね!

この記事はクリストフ・ルメール騎手のプロフィールや成績、年収、嫁や子供についての内容となっています。

参考にしていただけたらこれ幸いです(笑)

スポンサーリンク
v

クリストフ・ルメール騎手のプロフィール

本名:クリストフ・パトリス・ルメール

香港での名前は「李慕華」

生年月日:1979年5月20日

年齢:36歳

出身地:フランス オワーズ県グヴュー

血液型:B型

身長:163cm

体重:53kg

学歴:競馬学校ではなく、一般の高校を卒業

職業:騎手

所属:日本中央競馬会 (JRA)

父親が障害レースのジョッキーで、母方の叔父も障害レースのジョッキーということです。

3歳か4歳の頃、初めて馬に乗ったそうです。

あえて競馬学校には行かず、普通の高校に通いながら週末だけ調教ライダーとしてお金はもらわずに騎乗していました。

14~16歳の頃はアンドレ・ファーブル厩舎で調教に乗らせてもらい、リーディングトレーナーの下で勉強させてもらったことは、非常に良い経験となったそうです。

17、18歳の2年間ではアマチュアライダーとして、計14勝を挙げました。

高校卒業し、アンドレ・ファーブル厩舎の正式に見習い騎手となりました。

ちなみに父親に障害レースのジョッキーになりたいと言ったら、「こんな危険な仕事はするもんじゃない」と猛反対されたそうです(苦笑)

厩舎にはルメール騎手が今でも尊敬しているオリビエ・ペリエ騎手

オリビエ・ペリエ出典元:http://moogry.com

とティエリ・ジャルネ騎手

ティエリ・ジャルネ出典元:http://keiba-news.tv

という2人の主戦騎手がいて、近くで調教姿勢などが見れた事は、当時のルメール騎手にとっては夢の様な瞬間だったそうです。

スポンサーリンク

1999年、フランスで騎手免許を取得しデビュー。

2003年「パリ大賞典」でG1初制覇しました。

2002年に日本での短期免許制度を活用して騎乗開始。

2005年有馬記念でハーツクライに騎乗し、同年無敗であったディープインパクトを下して優勝。

2006年ドバイシーマクラシック(ドバイ G1)で優勝。

同年、サンクルー大賞(フランス G1)ではプライドに騎乗し、当時世界最高の評価を受けていたハリケーンランを破り優勝。

08年・13年の「ジャパンカップダート」(現チャンピオンズカップ)優勝。

09年「ジャパンカップ」で優勝と、日本と世界をまたにかけて活躍し、優れた実績を持っています。

2002年の来日から13年、その実績が認められて、

2015年2月5日、15年度のJRA騎手免許試験(新規)合格者6人が発表され、ミルコ・デムーロ(イタリア)騎手と共に外国人騎手として歴史的な通年ライセンスが交付されました。

印象に残っている馬は

有馬記念を制した、ハーツクライ

2005年有馬記念動画です。

2009年、ジャパンカップを制したウォッカだそうです(笑)

2009年ジャパンカップ動画です。

好きな競馬場は

凱旋門賞の舞台でもあるロンシャン競馬場だそうです。

ロンシャン競馬場出典元:http://www.turfabeille.com

ちなみに、印象に残っているシーンとして、2006年の凱旋門賞で当時、最強馬のディープインパクトが参戦し、優勝候補筆頭だったにも関わらず勝てなかった事が印象的だったそうです。

凱旋門賞動画です!

ルメール騎手はプライドに騎乗し2着でした。当然ディープインパクトにも勝っています!

それと東京競馬場も印象的ということです(笑)

東京競馬場出典元:http://gigazine.net

トレーニング

日本の競馬は週末だけなので、普段の日はなるべくトレーニングをするように心がけているそうです。

ただ、1人で黙々とやるようなトレーニングではなく、誰か他の人と競いながら鍛えるような、スポーツ系(サッカーなど)のトレーニングを好んで行っています。

スポンサーリンク

ゲン担ぎ

勝負の世界なので、ゲンを担ぐ人もいると思いますが、ルメール騎手はゲンを担ぐ事はしないそうです。

道具へのこだわり

とにかくルメール騎手は道具を大事にして、長持ちさせて使うそうです(笑)

ちなみに、2008年と2013年のジャパンカップダートで勝った時の鞭は、同じ鞭でした^^

スポーツ

フランスのお国柄で、サッカーとラグビーが好きで、

サッカーは子供の頃からの大ファンのチーム、パリ・サンジェルマンだそうです!


以前は監督が知り合いだったそうで、武豊騎手とスタジアムの部屋で観戦したこともあるそうです。

ラグビーは、フランス(世界ランキング8位)は強いので、国際試合はよくテレビで応援しているということです。

ラグビーフランス代表出典元:http://www.afpbb.com

そして、意外や意外で幼い頃は、サッカー、ラグビー、卓球、体操、柔道をやっていました(笑)

好きな食べ物

フランスにいる時から、仔牛のステーキが大好物で、そして日本食も大好きだということでした。

カレーライスも大好きで、またカレーうどん好きということです(笑)

嫌いな食べ物

日本食は大好きだということでしたが、納豆がどうしても苦手だそうです^^

納豆出典元:https://kinarino.jp

そして、ホタテも苦手でした(苦笑)

ホタテ出典元:http://healthil.jp

スポンサーリンク

年収や成績

年収

2015年、ルメール騎手は112勝でリーディング4位でした。

2014年 競馬の騎手・ジョッキーの年収ランキングで6位の福永祐一騎手が、118勝で年収が1億4635万円でした。

詳しくはココで~す!

おそらくルメール騎手の年収も、福永騎手と同じぐらいの1億4000万円はあると思います!

成績

今年の桜花賞と皐月賞はホント悔しかったですね。

やっと今年初のG1です(笑)


5月9日現在

賞金額 14億3318.6万円

種別  平地

1着  69

2着  42

3着  49

4着~ 155

騎乗数 315

勝率  .219

連対率 .352

となっています。

詳しくはココで~す!

スポンサーリンク

嫁や子供

嫁のバーバラ・ルメールさん(36歳)です。

ルメール騎手嫁出典元:http://keiba1200.livedoor.biz

長男のルカ君(10歳)と妹のアンドレアちゃん(8歳)です。

ルメール騎手子供出典元:http://yuugokino.com

去年から京都に家族で移り住んで、子供達はインターナショナルスクールに通っています。

テラスのあるマンションに住んでいて、家族や友達を招いてよくテラスで食事をとっているそうです^^

夏の京都は暑いが、フランスにはない湿気を含んだ暑さをたのしんでいるということでした(笑)

私なりのまとめ!

クリストフ・ルメール騎手のプロフィール

将来、日本の馬で、まだ優勝したことのない凱旋門賞を取りたいそうです。

日本愛を感じます(笑)

年収や成績

15日のヴィクトリアマイル、22日のオークス、29日の日本ダービーとG1レースがあります。5月は、4月の巻返しの月になるかもしれないですね。

嫁や子供

ルメール騎手だけじゃなく、バーバラさんや子供達も日本の文化に溶け込もうとしている姿に感銘を受けました^^

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【情熱大陸】ミルコデムーロ、騎乗停止で嫁との関係が!家族のことや最敬礼について激白!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*