【産婦人科医師】荻田和秀プロフ経歴まとめ!高校や大学、嫁や子供の紹介

こんにちは、5月30日(月)22時から放送の「プロフェショナル仕事の流儀」に荻田和秀医師が出演されます。

現在、過酷な医療現場の1つとして、産婦人科があり、年々、産婦人科医師の数が減っていると言われています。

こういった状態で、年間1000件以上の分娩件数をこなす、産婦人科医師12人のリーダーとして、日々どうやって向き合っておられるのか興味があり、放送を楽しみにしたいです!

おそらく、私は感動すると思いますね(笑)

今回の記事は、荻田和秀医師の経歴や出身校、家族についての内容となっています。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク
v

荻田和秀(おぎた かずひで)さんのプロフィール

生年月日:1966年3月1日

年齢:50歳

出身地:大阪府大阪市

血液型:O型

出身高校:大阪教育大学附属高等学校平野校舎

出身大学:香川医科大学(現在:香川大学医学部)

職業:産婦人科医(周産期センター産科医療センター長兼産婦人科部長)

病院:りんくう総合医療センター産婦人科

趣味:ジャズピアノ

学生時代

1984年に大阪教育大学附属高等学校平野校舎卒業します。

香川医科大学(現在の香川大学医学部)に進学しました。

荻田医師によると当時は非常に不真面目な学生だったそうです。

信じられないですね(笑)

あまりに授業に出ていなかったために、教授から「君が荻田くんか、初めまして」と言われ、「ああ、初めまして」と正直に言ったら、めちゃくちゃ怒られたので、「医者になったら死ぬほど真面目にやろう!」と決意したといいます!

その後も、調子良くやっていたそうなのですが、卒業にあたって進路を考えた時に、何をしたらいいのかわからなくなったそうです。

初めは研究者を目指そうと思っていたそうです。

ただ、そのときは自分の志向が定まっていなかったため、いろいろなことをできる科がいいと考えていました。

内科向きではないと感じていて、脳外科をサブスペシャリティとする救急医を考えていたのですが、

そのときたまたま臨床実習で、産婦人科の救急現場(周産期)に居合わせ、産婦人科であれば、研究も外科的要素も救命救急の一面もあるんだなと気づき、産婦人科を選んだそうです。

ちなみに、荻田医師の父親も産婦人科医で、その大変さを理解している為、荻田医師が産婦人科医になることに乗り気ではなかったみたいです。

産科医

大学を卒業されて、大阪警察病院、大阪府立急性期医療センター、大阪府立母子保健総合医療センター、大阪大学医学部附属病院周産期母子医療センター等を経て大阪大学博士課程に進学。

現在は、りんくう総合医療センター産婦人科の周産期センター産科医療センター長兼産婦人科部長として、分娩現場だけではなく、

執筆活動

荻田和秀本出典元:http://www.amazon.co.jp

講演活動

荻田和秀講演出典元:http://veryray.hatenablog.com


など、周産期医療の大切や必要性について積極的にメッセージ活動しています。

ちなみに周産期医療とは、

周産期(妊娠満22週から生後満7日未満まで)を含む、その前後の期間は、母子ともに異常が生じやすく、突発的な緊急事態に備える必要がある。 妊娠、出産から新生児期に至るまで総合的に管理し、母と子の健康を守るため産科医、小児科医、その他の医療スタッフが連携して対応する。

出典元:周産期医療(しゅうさんきいりょう)とは – コトバンク

です。

また、りんくう総合医療センター内に「母体・胎児専門医養成産科コース」を設立させるなど、人材育成にも力を入れています。

コウノドリ

コウノドリ出典元:http://spotlight-media.jp

荻田和秀医師と言ったら2012年8月から「モーニング」(講談社)で連載中で、コミック累計発行部数150万部を超える、「コウノドリ」の主人公、鴻鳥サクラのモデルとなった医師としても有名ですね(笑)


その「コウノドリ」は2016年、第40回講談社漫画賞・一般部門受賞しました。


コウノドリを書くキッカケは、作家の鈴ノ木ユウさんは、元々ロックミュージシャンだったそうで、漫画は友達の手伝い程度だったそうです。

鈴ノ木ユウ出典元:http://comic-sp.kodansha.co.jp

アルバイトで生計を立てていた所、奥さんの妊娠が発覚し、奥さんは里帰りしました。その時の担当医が荻田医師でした。

子供が生まれ、2つ掛け持ちでアルバイトをしていたのを、1つ減らして漫画を書く決意をし、何について書こうかと考えていたときに、奥さんと食事をしていたら、出産のときにお世話になった先生がピアニストだったという話になり、ピアニストで産婦人科医で「ゴールドフィンガー」奥さんと二人で「いいじゃん」「おもしろいね」となって、先生をモデルにした話を描きはじめたのがキッカケだそうです!

詳しくはココで~す!


2015年(10月16日~12月18日)、TBSで綾野剛さんが、初の連続ドラマ主演でドラマ化にもなり、平均視聴率約12%(最高視聴率12.6%)と、話題になりました!

ジャズ・ピアノ奏者

さらに、荻田医師は「コウノドリ」を書くキッカケにもなった、ジャズ・ピアノ奏者としても有名だったのですね^^

4歳から11 歳までクラシックピアノをやっていましたが、芽が出ず挫折してしまいました。

高校生の時に再び演奏を始め、最初はロックやポップをやっていたそうですが、山下洋輔さんにハマってしまい、ジャズの世界へ・・・

山下洋輔出典元:http://matome.naver.jp

山下洋輔さんの素晴らしい演奏です!

大学時代、荻田医師が不真面目といっていたのは、ジャズバーのハウスバンドをやっていたのが原因だったということです!

また進路に迷われていたのも、音楽のオーディションを受けたりして、ミュージシャンになりたいという気持ちもあったからなんですね(笑)

今でも激務の中、ストレス発散とばかりに、定期的に演奏会を開いています。


だいたい3カ月に1回くらい、阪神間のライブハウスでライブをやっています。

兵庫県宝塚市逆瀬川「BackStage」がホームグラウンドだそうです!

荻田医師の演奏1です!

荻田医師の演奏2です!

ちなみに、ピアノの練習はほとんどしないそうです。

荻田医師曰く「ジャズのセッションというのは会話みたいなものなので、あえて。誰かと会話するのに練習する奴は居ないでしょ。」ということでした。

ただ通勤中には iTunes で好きな曲は聴きまくっているそうです。

それでこの演奏力・・・スゴイです(笑)

スポンサーリンク

高校や大学

高校

出身高校は大阪教育大学附属高等学校平野校舎
で、進学校としても有名です。

卒業生には、藤川貴央(1987年8月25日、28歳)アナウンサーがいました。

藤川貴央出典元:http://www.obc1314.co.jp

2016年の偏差値が69でした。

大阪府内 24位(全270校中)

大阪府内国立 3位(全3校中)

全国 187位(全5221校中)

出典元:みんなの高校情報「大阪」

詳しくはココで~す!

東大に1名、京大2名、現役合格者を出しています。

また、三重大学医学部医学科1名、慶應義塾大学医学部医学科1名、滋賀医科大学医学部医学科1名現役合格者を出しています。

詳しくはココで~す!

大学

出身大学の香川医科大学ですが、1978年国立の医科単科大学として開設され、医学部に医学科、看護学科が設置されました。

1986年、大学院医学研究科が設置されました。

2003年香川大学と統合し、香川大学医学部となりました。

嫁や子供

嫁や子供についての、情報については一般人の為、情報がありませんでした。

勤務が激務ですから、

勤務について詳しくはココで~す!

部下に対しては、勤務がどれだけ忙しくても、しっかりオフが取れればおそらくチャラになると考えていて、良く寝て、家族と過ごす時間を確保できるように努めているそうです。

産婦人科は半分以上女性医師で、できるだけオフの時はオフとして過ごしてもらえるような体制作りをし、男性医師も含めて早く帰るなど、フレキシブルな勤務ができるように気を使っているということでした。

当直は2人体制で、ファーストコールはオンコールで、次は荻田医師にくるようになっていて、よほどのことがない限り、主治医が呼ばれたりしないようになっているそうです。

素晴らしいですね(笑)

ただ、荻田医師に負担がかかる可能性があります。

そうなってきますと、ひょっとしたら独身ということも考えられる?かもしれないですね(苦笑)

私なりのまとめ!

荻田和秀(おぎた かずひで)さんのプロフィール

これから、もっと周産期医療の発展の為に、忙しくなられると思いますが、私的には、もっとジャズ・ピアノの演奏を聞いてみたいと思いました(笑)

りんくう総合医療センターの口コミ体験談です!

高校や大学

高校や大学で、荻田医師が熱い講義をするニュースがあるかもしれないので、これから注目したいと思いました。

嫁や子供

ご家族についても、これから情報がわかってくるかもしれないので、注目したいと思います。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【書体デザイナー】藤田重信の経歴プロフまとめ!年収や学歴、嫁や子供の紹介

【漫画家】沖田×華が宇多田ヒカルに似てると話題!本名や経歴、旦那や子供について調査

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*