アーメド・カリルの経歴wiki!日本代表が警戒すべきプレーとは?

こんにちは、ついにワールドカップ最終予選後半戦がスタートしますね。

まずは前回ホームで負けてる相手のUAE(アラブ首長国連邦)、しかもアウェー戦です。

キツイですね~。

ホーム戦ではUAE10番、オマル・アブドゥルラフマン選手に苦しめられました。

今回警戒すべき1番の相手だとは思いますが、実は11番、アーメド・カリル選手が1番恐い存在だと私は思いますね。汗

オマル・アブドゥルラフマン選手からのパスから多くのゴールを決めていますし、前回の日本戦でもフリーキックを直接決めてますからね~!

記事は、アーメド・カリル選手の経歴やプレースタイルについての内容となっています。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク
v

アーメド・カリル選手のプロフィール

本名:アハマド・ハリル・スバイト・ムバラク・アル・ジュナイビ

別名:アハマド・ハリル、アフメド・ハリルとも呼ばれています。

愛称:レッドカード

生年月日:1991年6月8日

年齢:25歳

出身地:シャルジャ

身長:180cm

体重:85kg

所属チーム:アル・アハリ・ドバイ

アラブ首長国連邦と言ったら贅沢なオイルマネーにより急速に発展している国として有名です。

競馬の祭典ドバイワールドカップもそれらを象徴する最たるものですね。

もちろんオイルマネーはサッカーに流れていると思います。

1990年のサッカーワールドカップイタリア大会に初出場し、AFCアジアカップでは1992年大会で4位、自国開催の1996年大会で準優勝、2005年のキリンカップで優勝、2007年のガルフカップで優勝と着実発展しています。

さらに近年では、2012年ロンドン五輪に初出場、2015年アジアカップでは大会3位と目覚ましい発展に日本もうかうかしてられない状況になってきています。

それは育成プログラムにも言えます。

その育成プログラムのもと成長したのがアーメド・カリル選手やオマル・アブドゥルラフマン選手達の黄金世代ですね。(笑)

元UAE代表FWファイサル・ハリル選手を兄にもつアーメド・カリル選手は16歳でフル代表に呼ばれるほどの逸材で、2008年に行われたAFC U-19選手権に出場し、決勝のウズベキスタン戦で2ゴールを挙げるなど同大会優勝の中心的な活躍を見せるなど、大会得点王(4ゴール)に輝き、大会のMVPに選ばれます。

その活躍で2008年のアジア年間最優秀ユース選手賞を受賞し、UAEの選手初の受賞となりました。

この時アーメド・カリル選手は17歳ですから、どれほどスゴイかわかります m(_ _)m

国内リーグ(アラビアン・ガルフ・リーグ)の強豪チーム、アル・アハリ・ドバイの生え抜きで2007年に16歳でプロデビュー。

チームの上層部に可愛がられているアンタッチャブルな存在といわれています。

かつてJリーグのヴァンフォーレ甲府やガンバ大阪で活躍したバレーこと、ジャデル・ヴォルネイ・スピンドラー選手が在籍していましたが、アーメド・カリル選手の出場機会を増やしたい為に放出されたという逸話もあります。^^

ちなみにアラビアン・ガルフ・リーグ(参加クラブ14クラブ)は世界からも注目されていて、元日本代表MF増田誓志選手も所属しています。

アル・アハリ・ドバイに関してもガーナ代表FWアサモア・ギャン選手等が加入するなど話題になっています。

そして昨シーズン(2015~16)の優勝はアル・アハリ・ドバイでした!!

もちろん優勝に貢献した中心選手はアーメド・カリル選手ということですね。

その存在は世界も注目しています。(笑)

スポンサーリンク

日本代表が警戒すべきプレーとは

まず決定力です!

前回のホーム戦で決められた動画です。

近い距離でのフリーキックは要注意ですね!

またオマル・アブドゥルラフマン選手は常にアーメド・カリル選手を意識してパスを出しています。

動画です。

スピードや裏への飛び出しのセンスも抜群で天才ストライカーと言われているので、日本代表も十分研究していると思いますが、とにかく試合本番はGK、DF、MFでコミュニケーションをとって、常にアーメド・カリル選手の位置を把握する必要がありますね。

そしてオマル・アブドゥルラフマン選手に対してもFW中心に前線からプレッシャーをかけて自由にボールを持たせないようなポジション捕りが必要だと思います

私なりのまとめ!

アーメド・カリル選手のプロフィール

日本代表にとって嫌な存在であり続けると思いますが、海外のリーグでのプレーも見てみたと思ってしまいますね。

日本代表が警戒すべきプレーとは

アーメド・カリル選手やオマル・アブドゥルラフマン選手はもちろんなのですが、その他の選手も素晴らしいので、恐いし気が抜けないです~汗

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
ファハド・アル=ムワッラド、経歴プロフまとめ!日本代表が注意すべきプレーとは?

ロビー・クルーズ【レバークーゼン】経歴プロフまとめ!日本代表にとって驚異のプレーとは

アハメド・ヤシンwikiプロフまとめ!日本代表が注意すべきこととは?

チャナティプ・ソングラシン経歴プロフまとめ!なぜタイのメッシと言われているのか?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*