坂井大将は下手くそなのになぜ選ばれるのかと話題!親がスポンサー?

こんにちは、いよいよ5月20日からU-20ワールドカップ2017が開催されますね。

若き日本代表の選手達が世界とどのように戦うのか楽しみですね。

先のAFC U-19選手権のような戦いを期待しています。(笑)

そこで今回はキャプテンとしてAFC U-19選手権で優勝に大きく貢献された坂井大将選手についてクローズアップしてみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

坂井大将(さかい だいすけ)選手のプロフィール

生年月日:1997年1月18日

年齢:20歳

出身地:長崎県長崎市

血液型:A型

身長:165cm

体重:59kg

学歴:長崎市立矢上小学校→大分市立明野中学校→大分東明高等学校

ポジション:MF

利き足:右

所属チーム:大分トリニータ

プレースタイル:足元の技術が非常に高く、質の高い前線への飛び出しや、正確なワンタッチプレーを得意としています。

またGK以外ならどのポジションでもプレーできるユーティリティー性に優れた選手でもあります。

下手くそなのになぜ選ばれるのかと話題!

守備力が高いボランチとは言えないのに、ボール回しも下手

下手くそ・・

調べてみますと、多くのこういったコメントが目につきますね。(苦笑)

しかし今回のU-20ワールドカップメンバーの中では、1番の代表実績を持っています。

U-16日本代表はじめU-17日本代表ではU-17ワールドカップ2013に左サイド(DF/MF)で出場。

出典元http://www.jfa.or.jp:

その実績を買われて、ブラジルワールドカップ日本代表のトレーニングパートナーとして帯同しています。

あの柿谷曜一朗選手も坂井大将選手のレベルを絶賛していました。

所属チームの大分トリニータでも2014年(当時17歳)トップチームに2種登録選手として選手登録され、7月13日の天皇杯2回戦・ヴェルスパ大分戦にて公式戦デビューを果たすと、同試合の前半34分に自らが得たPKを決め公式戦初得点も記録しています。

そして先のAFC U-19選手権では日本代表キャプテンとして優勝に貢献。

キャプテンを任されているということは、ある程度日本サッカー協会のお墨付きを貰っている選手だということですかね~^^

スポンサーリンク

ですからネガティブなコメントだけではなく、

坂井は今大会で下手くそ扱いされてるけど技術面では他のメンバーより普通にうまいぞ

などのコメントも多いです!

それだけ注目されている証拠なのかもしれないですね。(笑)

日本代表に関しても本田圭佑選手

香川真司選手

等も厳しいコメントが寄せられており、ワールドカップアジア最終予選の頃には更に厳しい事も言われかねないですね。汗

親がスポンサー?

日本代表に選ばれる理由としても・・・

坂井は親が協会と関係してる人間かスポンサーの子供なんだろ?

坂井大将って明らかにプロレベルではないのに 親がスポンサーの重役なんだろうね

これまた厳しい~です (T_T)

親の情報を見つけることができませんでしたがおそらく、親がスポンサーというのはガセだと思います。

もし親が実力者であれば

こういった事は出来るかもしれないですが・・・

サッカー選手としてなら、フロンターレ川崎時代の風間八宏監督のように2人の息子(風間宏希選手、風間宏矢選手)を入団させる事までは出来そうです。

後はプロですから生き残るには、実力あるのみですね。

スポンサーリンク

代表選考基準というのは、わかりませんがひょっとしたら協会の選考リストというものが存在し、その上位に坂井大将選手がリストアップされているのかもしれないですね。

ちなみに南米サッカーでも親がサッカー選手だったという選手が多くいるので、クラブチームに入団する際は、親の力関係が作用していると思われますね。

出典元:http://wall.kabegami.com

パラグアイ代表のホナタン・サンターナ選手はアルゼンチン出身で、親が相当な金持ちだったそうです。

どこに行っても「親のコネでチームに入ってきたんだろ?」なんて言われてしまう存在だったそうですが、しかし努力に努力を重ねてアルゼンチンの2部チームからアルゼンチン1部のチームに移籍、その後名門リーベルプレートに移籍と成り上がり、更にドイツのブンデスリーガヴォルフスブルクに移籍、最終的にはパラグアイに帰化して2度のワールドカップに出場と、親の力を全く借りずにのし上がっていった話は有名です。

坂井大将選手は英紙「ガーディアン」から世界最高の若き才能40人にも選ばれているので、代表に選ばれるのは実力があるからだと思いました。^^

プロフィール追記

小学校時代は長崎の強豪クラブ、JFCレインボー長崎に在籍していました。

JFCレインボー長崎は1991年に創立。

坂井大将選手の他に松永海斗選手(V・ファーレン長崎U-18GK)も在籍していました。

出典元:http://blog.goo.ne.jp

JFCレインボー長崎は2016年度40回全日本少年サッカー大会長崎県大会で見事優勝していました。

中学校は親元を離れ、大分市立明野中学校に進学し大分トリニータU-15に入団。

明野中学校といったら、元Jリーガーの永井秀樹選手や三浦淳宏選手の出身校としても有名です。

高校は多くのJリーガーが卒業しています大分東明高等学校に進学。

日本代表でいいますと西川周作選手や清武弘嗣選手がいます。

清武弘嗣選手は同じ高校出身ということもあり、ブラジルワールドカップの期間中、トレーニングパートナーの坂井大将選手を相手にボールの蹴り合いをしていたということでした。

2015年より、正式にトップチームへ昇格。

私なりのまとめ!

下手くそなのになぜ選ばれるのかと話題!

日本代表メンバーでも厳しいコメントがあるので、それだけ注目されている選手だと思いますね。

親がスポンサー?

まぁ~こちらはガセでしたが、注目されるにつき親の情報が出てくるかもしれないので、引き続き要チェックです。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
U-20ワールドカップ2017日本代表メンバーまとめ

U-20ウルグアイ代表メンバー2017!注目選手を顔写真付きで紹介

スポンサーリンク

関連記事はこちら



コメントを残す

*