小島亨介のwiki経歴!出身高校や中学、父親や彼女を徹底調査

こんにちは、いよいよ5月20日からU-20ワールドカップ2017が開催されますね。

日本代表がどれだけ勝ち上がっていくのか楽しみです。

先のAFC U-19選手権無失点優勝の立役者、小島亨介選手にも俄然注目が集まりますね。

日本代表のレギュラー争いが最も激しいと言われている正GKとして、今大会に望めるのか私は注目しています。

今回はそんな小島亨介選手にクローズアップしてみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

小島亨介(こじま りょうすけ)選手のプロフィール

生年月日:1997年1月30日

年齢:20歳

出身地:愛知県豊田市小松野町

血液型:A型

身長:187cm

体重:77kg

利き足:右

学歴:豊田市立巴ケ丘小学校→豊田市立下山中学校→東海学園高等学校→早稲田大学スポーツ科学部3年

ポジション:GK

所属チーム:早稲田大学ア式蹴球部

プレースタイル:

正GKとして臨んだ先のAFC U-19選手権では、決勝のPK戦を含め無失点優勝の立役者。

安定感のあるセービングと足元の技術に定評があり、後方からのビルドアップで攻撃の起点となるチーム唯一の大学サッカープレーヤーです。

イタリア代表・ユベントス所属の正GKブッフォンが憧れの選手だそうです。

小学校1年生の時に2002年日韓ワールドカップを見たのがキッカケでサッカーを始めます。

地元のサッカークラブ下山FCに入団。

さらに、グランパス岡崎スクールでもサッカーをはじめて小学6年生まではFWを含めたフィールドプレイヤーとして活躍します。

中学校からはグランパス三好FCに入団。

コーチの勧めもありゴールキーパーに転身してその才能を開花させます。

レベルは全然違いますが、私の知り合いは中学校までゴールキーパーをやっていたのですが、身長とジャンプ力をかわれて高校からディフェンダーに転向すると1年から県の国体選手にまでなりましたから、ポジションの見極めも重要だと思いますね。

おそらく小島選手もゴールキーパーに転身して2年足らずで2011年4月のU-15日本代表のトレーニングキャンプのメンバーに選出されていますから、相当な才能があるのだと思います。

そして名古屋グランパスU-15に入団し着実に実力をつけて2011年11月のU-15日本代トレーニングキャンプメンバーに選出。

U-16日本代表フランス遠征メンバーにも選ばれ2012年3/26~4/11に開催されたモンテギュー国際大会に出場し日本代表の7位に貢献。

この後はU-16日本代表、U-17日本代表、U-18日本代表、U-19日本代表と常時招集されています。

スポンサーリンク

高校生になると名古屋グランパスU-18に入団。

2012年、プレミアリーグWEST  3位。

2013年、プレミアリーグWEST 6位。

2014年、プレミアリーグWEST  4位。

常にリーグ戦の優勝争いに貢献しています。

高校時代には名古屋グランパス2種登録選手となりトップチームとの練習にも参加するなどいつトップチームに昇格してもおかしくない状況だったと思いますが早稲田大学に進学。

ご自身も悩んだとは思いますが、おそらく大学に進んだ方が実戦経験を積みやすいと判断したのではないでしょうか。

キーパーに関しては(選手寿命が比較的長いポジションであることも考慮すると)飛び抜けた才能を持つキーパーでない限りは高卒でプロ入りをして最初の数年をベンチ外で過ごすよりも大学に進んで試合経験を積んだ方がいいのかもしれないと思ってしまいますね~。

なんてたってトップチームの正GKは元日本代表のレジェンド楢崎正剛選手ですから、なかなか壁を超えるのは難しいかもですね・・・。

かといって大学でもそう簡単には正GKの座につくことは出来ないということで、小島選手がいくら日本代表でも2年生までは2番手のGKだったそうです。

先のAFC U-19選手権では日本代表の正GKとして無失点優勝に大きく貢献したからといって大学に戻って来ても1からレギュラー争いに参加しないといけない厳しい世界だといいます。

キビシイ~汗

出身高校や中学

中学

豊田市立下山中学校です。

出典元:http://ishicha.boo-log.com

住所が愛知県豊田市大沼町青木1です。

1971年、下山村立大沼中学校と下山村立羽布中学校を統合して開校。

2005年、下山村の市町村合併により、豊田市立下山中学校となります。

全校7クラスあり平成29年4月4日現在で105名(男子58名・女子47名)の生徒がいます。

出典元:http://ishicha.boo-log.com

出身者では第8回U-15ボクシング全国大会中学生の部女子 47.5キロ級で優勝。

高校総体準優勝の田中鈴華さんが注目されています。

高校

東海学園高等学校です。

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki

愛知県名古屋市天白区中平二丁目にある私立高等学校です。

1962年設立。

男女共学の普通科だけです。

なぎなた部、個人の部全国準優勝。

ソフトボール部、全国優勝。

サッカー部の全国大会出場やインターハイ出場などの実績もあるスポーツ強豪校としても有名です。

スポンサーリンク

出身者も伊藤みどりさん

出典元:http://lunaticstudio2.blog66.fc2.com

浅田舞さん

出典元:http://news.mynavi.jp

佐藤和樹選手(水戸ホーリーホック)

出典元:http://news.livedoor.com

梶山幹太選手(名古屋グランパス)

出典元:http://www.excite.co.jp

多くのプロスポーツ選手や有名人を輩出していました~。

父親や彼女

父親

一般の方なので情報がありませんが、小島弘一さんです。

毎日のように練習場に送り迎えしていたそうです。

頭が下がります m(_ _)m

それとサッカースクールにかかる費用も凄いと思いますね!

小学時代はグランパス岡崎スクールなので入会金が5400年、年会費が10800円、月費約5000円~12000円、ジャージ代やユニホーム代で3万円と考えただけでも・・・・

ワァ~オ (・_・;)

中学校時代はグランパス三好FCで年会費だけが5400円になりますが後は、ほとんど変わらないのでこちらも金額にすると相当な金額になりますね~汗

本当に頭が下がります。

彼女

彼女がいるのか調査しましたが情報がありませんでした。

彼女がいないかも・・・と思いましたがサイト進学トレンド・大学別! 彼氏・彼女がいる率ランキングによるとなんと1位が早稲田大学でした~\(^o^)/

ですから彼女の1人や2人いてもおかしくないですね~。

また小島選手のプレースタイルと日本代表の西川周作選手のプレースタイルが似ているとも言われています。

出典元:http://pinky-media.jp

その西川周作選手も21歳で結婚されています。

しかも美人!!(笑)

ひょっとしたら小島選手も来年結婚?なんて可能性もあるかもしれないですね~。

私なりのまとめ!

小島亨介選手のプロフィール

おそらくですが早稲田大学卒業後は名古屋グランパスに入団するのかなと思いました。

そして楢崎正剛選手の後継者になるのかとも勝手に想像してしまいますね。

高校や中学

高校についてはこれから情報が出て来るかもしれないので要チェックです。

父親や彼女

こちらについての情報も引き続き注目ですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
U-20ワールドカップ2017日本代表メンバーまとめ

U-20ウルグアイ代表メンバー2017!注目選手を顔写真付きで紹介

スポンサーリンク

関連記事はこちら



コメントを残す

*