高木彰人の弟も凄い?彼女や父親、高校や中学も徹底調査

こんにちは、U-20ワールドカップ2017決勝トーナメント1回戦、日本代表はベネズエラに0-1で惜敗でしたね。

惜しい場面が何度かあったのですが・・・

やはり決める時に決めないとこういう結果になるという典型的な試合内容でしたね。

オリンピック世代なので東京オリンピックに向けて良い教訓になったのではないでしょうか。

私的には初先発となった高木彰人選手の爆発に期待していたのですが、やはり世界の壁が高かったということですね。

次の大会ではやってくれるでしょう!

今回はその高木彰人選手にクローズアップしてみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク
v

高木彰人(たかぎ あきと)選手のプロフィール

愛称:アキト

生年月日:1997年8月4日

年齢:19歳

出身地:大阪府堺市

血液型:AB

身長:175cm

体重:68kg

ポジション:FW/MF

利き足:右

学歴:堺市立晴美台中学校→追手門学院高等学校

所属チーム:ガンバ大阪

プレースタイル:

ハイレベルなドリブルと正確なシュートで常にゴールを狙うアタッカー。

さらにDFの裏へ抜け出す動きも1級品と言われ、相手DFにとっては最も嫌なタイプのFWといってもいいのではないでしょうか!

弟も凄い?

高木慎也選手です。

出典元:http://footies.jp

ガンバ大阪Jrユース出身で現在は香川西高等学校の3年生です。

高木慎也(たかぎ しんや)選手のプロフィール

生年月日:1999年7月28日

年齢:17歳

出身地:大阪府堺市

身長:173cm

体重:60kg

ポジション:FW/MF

プレースタイル:

兄譲りのテクニックに得意のDF裏への抜け出しを武器に1年生からレギュラーで活躍中です。

ガンバ大阪ユースには昇格できませんでしたが、全国高校選手権で活躍しプロになることが目標で、そのために9年連続で選手権出場中の香川の強豪を進路に選んだということです。

今年の高校生注目の1人ですね。(笑)

スポンサーリンク

彼女

彼女についての情報はありませんでした。

しかしガンバ大阪の2人の天才!

宇佐美貴史選手(ブンデスリーガ・FCアウクスブルク所属)

出典元:http://alice36.com

井手口陽介選手

出典元:http://hikohiko3110.jp

共に19歳で結婚されているので、高木選手にも彼女の1人や2人いてもおかしくないですね~^^

父親

父親の情報もありませんでしたが、2人の有能なサッカー選手を育てているので、凄い方には間違いないと思います。

清水エスパルスでスカウトを10年してこられた興津大三氏によりますと、プロになる選手のお父さんには共通するものがあるそうで、それは子どもに対して「ああしろ」「こうしろ」と指図するのではなく、一歩離れたところから見守り、子どもの進むべき道を後方からサポートする姿勢、子どもより前には出ず、後ろから背中を押し、見守るスタンスということです。

サッカーだけでなく、子どもの自主性をうながし自立させていく、まさにコミュニケーション能力に優れた父親がプロスポーツ選手を育成しているということですかね~。

そう考えると高木選手の父親もコミュニケーション能力が優れているということになりますね。(笑)

高校

高校は追手門学院高等学校です。

出典元:https://ja.wikipedia.org

初瀬亮選手や市丸瑞希選手等と同級生だったということですね。

大阪府茨木市にある私立高校で、男女共学の普通科です。

生徒数は1022人。

偏差値は57~67、大阪府内46位 / 546件中となっています。

2011年度に追手門学院高校と提携を結び、ユースは全寮制となっています。

特選SS、I類、II類の3つのコースがあり、ユースの選手達は、Ⅱ類スポーツコースに進学します。

Ⅱ類スポーツコースは「スポーツを通して人を育てる」という方針のもと、アメリカンフットボール(男子)、女子サッカー部、女子ラグビー部、ガンバ大阪のユースが所属していました。

スポンサーリンク

中学

中学は堺市立晴美台中学校です。

出典元:https://search.yamatojk.co.jp

大阪府堺市南区にある公立中学校で1972年に新設開校。

学級数13クラスで生徒数371人ということでした。

出身有名人では、漫才コンビシャンプーハットの宮田てつじさん

出典元:https://matome.naver.jp

コブクロの黒田俊介さん

出典元:https://blogs.yahoo.co.jp

等がいます。

プロフィール(追記)

小学校時代はSSクリエイトに所属し活躍。

SSクリエイトは大阪府堺市を拠点にサッカーを通じて幼少年の健全育成を目的にサッカークラブ運営事業、サッカーコーチ・体操コーチ派遣事業を展開しています。

フジパンCUP関西大会で初優勝するなど実績もある名門でした。

中学校ではガンバ大阪Jrユースに入団。

スピードとパワーを兼ね備えたFWに成長し、2011年には飛び級でU-15日本代表に選出され、AFC U-16選手権(予選)に出場しています。

2012年には史上初となるU-15年代全国3冠(JFAプレミアカップ、クラブユース選手権、高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会)を達成に大きく貢献。

2013年にユースへ昇格し、2014年高校2年で2種登録。

ナビスコカップのサガン鳥栖戦で先発し、宇佐美貴史選手の記録を上回るクラブ史上最年少(16歳8カ月12日)での公式戦デビューを果たし話題になっています。

2016年に正式にトップチームに昇格。

2017年3月、第2節の柏レイソル戦では後半途中から投入されてJ1デビューを飾っています。

4月にはACL第4節の江蘇蘇寧戦で初先発を果たし今回、満を期してU-20ワールドカップ2017日本代表のメンバーに選抜されたということですね。

私なりのまとめ!

弟も凄い?

弟さんの動向にも注目です。

彼女

彼女についてはこれから情報が出て来るかもしれないので引き続き要チェックです。

父親

父親についても彼女と一緒で引き続き要チェックですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
U-20ワールドカップ2017日本代表メンバーまとめ

U-20ウルグアイ代表メンバー2017!注目選手を顔写真付きで紹介

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*