山口翔(熊本工業)の経歴wiki!身長や体重、出身中学を徹底調査

こんにちは、暑い夏が近づいていますね。

暑い夏といったら高校野球ではないでしょうか(笑)

これから全国高等学校野球選手権大会で注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思いますね。

今回は熊本工業高校、山口翔選手に注目してみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク
v

山口翔(やまぐち しょう)選手のプロフィール

出身地:熊本県熊本市

身長:181cm

体重:75kg

高校:熊本県立熊本工業高等学校

ポジション:ピッチャー

球種:ストレート、カットボール、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ

投打:右投右打

プレースタイル:

1試合で10個の四死球を与えるなど制球難のレッテルがありますが、他の投手に比べ肩甲骨の可動域が広く、最速149kmを叩き出す伸びのあるストレートが魅力です。

握力不足やスタミナ不足といったフィジカルの弱さを指摘する声もありますが、裏を返せばそれだけの伸びしろのある未完成の高級素材とも言われています。

広島市立落合東小学校4年時に高陽スカイバンズで軟式野球を始めました。

野球の他に水泳もやっており、この時やっていた平泳ぎの影響で肩周りが柔らかくなっているということです。

小学校6年時に熊本市立日吉小学校に転入します。

中学

熊本市立日吉中学校に進学。

出典元:https://ja.wikipedia.org

熊本県熊本市南区近見五丁目にある公立中学校です。

1994年設立。

生徒数は413人(男子生徒219人 女子生徒194人)

山口選手は軟式野球部の投手で活躍。

平成26年度、体育堂旗中学校軟式野球大会の優勝に貢献していました。

出身有名人はわかりませんでしたが熊本市立日吉小学校出身で、くりーむしちゅーの上田晋也さんがいます。

出典元:https://matome.naver.jp

山口選手と同じ小学校出身なので、上田晋也さんはひょっとしたら山口選手の大ファンかもしれないですね。(笑)

また山口選手は、中学時代に大谷翔平選手(日本ハムファイターズ)が肩甲骨を柔らかくしているストレッチをテレビで見て、今現在も風呂上がりに肩甲骨のストレッチを行っているということです。

よく中学時代に硬式と軟式どちらをやっておけばいいのでしょうか?という質問がありますが、明確な答えは出てないそうです。

中学生の野球人口は硬式は約4万人、軟式は約20万人という圧倒的に軟式野球人口がおおいですね。

ちなみに、東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大選手や埼玉西武ライオンズの牧田和久選手等は中学時代、軟式野球部に所属していたといいます。

スポンサーリンク

高校

熊本県立熊本工業に進学。

当時の球速は130キロ前後で1年生大会ではMAX136キロだったそうです。

2年春にはエースの座を獲得しますが、走塁練習中に右足首の靱帯を損傷し春の県大会を登板無く終えます。

ここから肉体改造ですね。

自身の体幹の弱さを克服するために、腹筋を繰り返すなど、とにかく体幹トレーニングを行ったそうです。

出典元:http://stretchpole-blog.com

広い意味で体幹とは、胴体(胸部・腹部・腰部・背部)の部分を指します。

体幹トレーニングは軸作りと言われ、体幹が鍛えられ整うと体がまっすぐ1本の線が出来上がったような感じになり、静止時や動作時でも姿勢が整い効率的な動きが出来るようになります。

走る時や打つ時、投げる時も蹴る時も泳ぐ時も体の軸がブレているとベストな位置とタイミングで力を発揮するとことが出来ないといいます。

サッカー日本代表の長友佑都選手を代表に、ほとんどのアスリートの方は、この体幹トレーニングを行っていますね~!

アスリートの体幹トレーニングはかなりきついかもしれませんが、私みたいな超凡人にはドローイン(お腹を凹ませて15秒(慣れてきたら30秒)維持するだけの簡単な エクササイズで、腹筋の一つである腹横筋を鍛えることができ、ウエストの引き締め 効果や腰痛の改善効果が期待できます。)がお勧めみたいです。

5月の復帰戦では体幹を鍛えたことで体重移動がしやすくなり、無理なく投げられるようになると、いきなりの140キロのストレートが炸裂します。

2年夏の県予選3試合19回に登板し、2回戦で2安打16K1失点完投勝利を挙げましたが、

準々決勝で王者、秀岳館とぶつかり、9回5失点、10回6対7サヨナラ負けで敗退。

悔しさをバネに秋の県大会ではついに最速149キロを2度もマークし県準優勝に貢献。

続く九州大会では、2回戦で13回10K6対5完投勝利、準々で10四死球3対2完投勝利を収め九州大会4強進出を達成します。

春の選抜1回戦では、1回表に自己最速に迫る148㌔をマークしますが、8四球と制球を乱し、9回11安打0対9で智辯学園に完封負けとなります。

現在も体幹トレーニングと丸太(約15キロ)を持って走る丸太走など上半身と下半身を交互に鍛え肉体改造に努めているということです。

また5メートルくらいの距離からネットスローを入念に行い、自身の1番良い投球フォームを作っているということでした。

資質の良さをプロのスカウトから評価されているので、夏の県予選では王者、秀岳館にどう立ち向かっていくのか注目ですね。

ドラフトに関しては現在、中日・楽天・巨人・西武・ヤクルト・ソフトバンクの6球団のスカウトが熱い視線を送っています。

体のバランスやポテンシャルについてどの球団からも高評価を得ています。

その中でも中日ドラゴンズの中田宗男スカウト部長からは「ドラフト1位候補クラスになる」とのコメントがあるので、ひょっとしたら中日ドラゴンズの1位指名は山口翔選手ということも考えられますね~(笑)

私なりのまとめ!

山口翔(やまぐち しょう)選手のプロフィール

先程も書いていますが、夏の舞台でどう化けるのかたのしみですね。

肉体改造で体重や身長も増えている可能性があるので引き続き要チェックです

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【2017】プロ野球ドラフト候補生(高校)まとめ

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*