藤谷勇介(延岡学園)の経歴wiki!出身中学校や身長 体重を徹底調査

こんにちは、暑い夏が近づいていますね。

暑い夏といったら高校野球ではないでしょうか(笑)

これから全国高等学校野球選手権大会で注目されるであろう選手やチームについてクローズアップしてみたいと思いますね。

今回は延岡学園高校、藤谷勇介選手に注目してみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク
v

藤谷勇介(ふじたに ゆうすけ)選手のプロフィール

出身地:山口県周南市

身長:184cm

体重:77kg

高校:延岡学院高等学校

ポジション:ピッチャー

球種:ストレート、スライダー、カーブ

投打:右投右打

プレースタイル:

中学時代に142キロのストレートで注目を集めます。

高校では度重なる怪我に苦しめられていますが、柔軟な肘をしならせて叩き込む143キロのストレートに昨年、阪神タイガースにドラフト指名された兄・藤谷洸介選手以上のポテンシャルを秘めているとの声があり評価が高いです。

2人の兄にまじって幼稚園からボールを追いかけ始め、小学1年から福川野球スポーツ少年団で内野手として野球を始めます。

小学5年の時に投手に転向しました。

出典元:http://www.city.shunan.lg.jp

福川野球スポーツ少年団は、福川小学校と福川南小学校の児童、約30人が所属しています。

各大会で優勝するなど実績も申し分ない地元では有名なチームです。

2014年には、山口県学童選手権大会で優勝し、北海道旭川市で開催された全国スポーツ少年団軟式野球交流大会では全国3位となる成績を収めていました。

出身中学校

周南市立福川中学校に進学。

出典元:http://www.homemate-research-junior-high-school.com

所在地:周南市若山1丁目7番1号

周南市の西部、旧新南陽市福川地区にあります。

校訓「自主 礼節 勤勉」で地域の教育への関心は高く、PTA活動も盛んということです。

11学級あり、1年生が80人、2年生78人、3年生84人、特別支援学級5人の247人の生徒数でした。(平成29年5月1日時点)

出身有名人になると藤谷選手兄弟になりますね。

周南市全体の出身有名人は元サッカー日本代表の田中達也選手(アルビレックス新潟)

出典元:https://matome.naver.jp

そしてなんと長州力さん等がいます~!

出典元:https://matome.naver.jp

軟式野球部に入部した藤谷選手は、軟式ながら最速142キロをマークし地元・山口では知らぬ者がいない程の存在となり、3年生の夏の県大会では3位にチームを導きました。

ちなみに、よく中学時代に硬式と軟式どちらをやっておけばいいのでしょうか?という質問があり、個人差はありますが硬式球は体への負担が違うと言われています。

しかし明確な答えは出てないそうです。

中学生の野球人口は硬式は約4万人、軟式は約20万人という圧倒的に軟式野球人口がおおいですね。

この結果からわかるとおり体の負担のことを考えて軟式野球人口が多いのかもしれないですね。

ちなみに、東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大選手や埼玉西武ライオンズの牧田和久選手等、第4回WBCに出場した侍ジャパン投手13人のうち、中学時代の軟式経験者が9人を占めていました。

スポンサーリンク

高校

宮崎県の延岡学園高等学校に進学。

中学2年のときに延岡学園が(2013年夏の)甲子園で準優勝したのを見て、延岡学園に興味が湧いたのがキッカケで、練習を見学した際にすごくメリハリがついていて、ここで3年間頑張れば、上の世界すなわちプロを目指せるのではないかと思い延岡学園に進路を決めたということです。

出典元:https://ja.wikipedia.org

延岡学園は宮崎県延岡市大峡町にある私立高等学校です。

1951年設立。現在学科は「普通科」と「調理科」が設置されています。

男女共学の男子:303人、女子:234人の537人の生徒数です。

偏差値は39~42で宮崎県内119位 / 180件中となっています。

部活動は盛んで、野球はじめ男子バスケットボール部も高校総体に4回出場するなどスポーツ強豪校として有名でした。

出身有名人ではバレーボール久光製薬スプリングス所属の新鍋理沙選手

バスケットボールでは横浜ビー・コルセアーズ所属のファイ・パプ月瑠選手

等がいます。

藤谷選手は野球部に入部早々の6月、打球が胸骨を直撃してヒビが入るという大怪我にみまわれます。

1年夏予選から背番号11を付けメンバー入りし、準々決で先発(3.2回2失点)デビュを飾ります。

大会後の広島遠征で143キロを記録し話題になりました。

しかし8月に右脇肋骨の疲労骨折を発症しまたもや怪我に悩まされます。

怪我に悩まされた1年生時は、なかなか思うような成績を残せませんでした。

怪我の影響もあり2年の夏の県大会は初戦の2回戦の都城に5.2回7安打4失点とチームも3対7で敗退します。

2年秋に新チームになってエースの座を獲得。

背番号10を付け臨んだ秋の県大会では全試合先発してチームのベスト4進出に大きく貢献しプロのスカウトからも注目され続けています。

ドラフトに関しては、昨年阪神タイガースにドラフト8位で入団した兄の藤谷洸介さんがいます。

阪神タイガースのスカウトは藤谷勇介選手を兄以上の才能があるということで、すでにドラフト候補のリストに登録されているという情報があります。

おそらく阪神タイガースから指名されると思いますね。

私なりのまとめ!

藤谷勇介(ふじたに ゆうすけ)選手のプロフィール

2年間怪我の影響でなかなか結果を残せなかったと思いますが、3年最後の県大会では豪腕が唸りをあげ、ついに全国へ登場するのか・・・宮崎県大会が非常に楽しみです。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【2017】プロ野球ドラフト候補生(高校)まとめ

【2017】プロ野球ドラフト候補生(大学)まとめ

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*