川角亜久瑠(大東高校)の経歴wiki!出身中学校や身長 体重を徹底調査

こんにちは、暑い夏が近づいていますね。

暑い夏といったら高校野球ではないでしょうか(笑)

これから全国高等学校野球選手権大会で注目されるであろうドラフト候補の選手やチームについてクローズアップしてみたいと思いますね。

今回は大東高校、川角亜久瑠選手に注目してみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク
v

川角亜久瑠(かわすみ あぐる)選手のプロフィール

出身地:島根県雲南市吉田町

身長:165cm

体重:68kg

高校:大東高等学校

ポジション:ピッチャー

球種:ストレート、スライダー、カーブ?

投打:右投右打

プレースタイル:

驚異の身体能力から繰り出さられるストレートは、ピストルから発射される弾丸のようだと言われています。

MAX140キロを超えるストレートを武器に鋭く曲がるスライダー内外への制球も抜群です。

さらに春の嵐で何度も試合が中断されようとも集中力を切らさない、とんでもない負けん気の強さも魅力の1つと言われています。

野球選手の多くが小学校低学年から野球を始めているので川角選手も雲南市立田井小学校の1年生か2年生時にM.Y.twins(エムワイツインズ)で野球を始めたと思います。

出典元:http://mytwinsbaseball.blogspot.com

M.Y.twinsは島根県雲南市の三刀屋(みとや)町の三刀屋スポーツ少年団と吉田町の吉田スポーツ少年団とが合併して結成した軟式野球チームです。

2011年4月から活動を始めました。

結成1年目から高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会(マクドナルドトーナメント)の雲南ブロック、出雲ブロックを全勝で勝ち上がり、島根県大会に出場して西日本学童軟式野球大会(西日本大会)の県代表の座を得ました。

初戦で、全国優勝経験のあるチームに勝って勢いに乗ると、どんどんと勝ち進み、ついに決勝へ進出。

決勝戦では、滋賀県代表の多賀少年野球クラブと対戦し、惜しくも敗れました。

しかし準優勝は山陰勢で初の快挙を成し遂げます。

その大会で川角選手は通算41イニング1失点、防御率0.17、36奪三振の大会MVPを受賞。

この頃から島根県ではすでに有名だったと思いますね。^^

また川角選手はピッチャーだけではなく、ショートの守備も担当。

俊足で大会中7個の盗塁も記録していました。

スゴイですね~。

ちなみに野球以外でも小学校では一目置かれていたと思います。

川角選手は田井小学校少年消防クラブ員としても活躍されており、優良な少年消防クラブとして全国少年消防クラブ運営協議会表彰から田井小学校少年消防クラブが受賞された際、クラブ員31人を代表して川角選手が表彰盾を授与されていました。

スポンサーリンク

出身中学校

島根県雲南市立大東中学校に進学。

出典元:https://twitter.com

島根県雲南市大東町養賀967ある公立中学校です。

1947年設立。男女共学。

1年生:110人、2年生:94人、3年生:108人と312人の生徒数です。

部活動も軟式野球部はじめ、サッカー、バスケットボールからクリエイティ、吹奏楽と11の部活動があります。

川角選手が入部した軟式野球部は全国大会にも出場している強豪チームで川角選手も県大会優勝に大きく貢献していました。

ちなみに2016年7月にも県大会で優勝しています。

出典元:http://tekku11.com

出身有名人は阪神タイガースの糸原健斗選手がいます。

高校

島根県立大東高等学校進学。

出典元:http://mixi.jp

島根県雲南市にある公立の高等学校。

1919年設立。男女共学。

全日制課程普通科です。

男子:209人、女子:213人で422人の生徒数。

偏差値は45で島根県内33位 / 102件中でした。

部活動は野球部はじめバスケットボール部、空手道部から生活科学部や写真部など18の部があり、空手道部はインターハイ出場、野球部とバドミントン部も有名ということです。

スポンサーリンク

出身有名人では、東北楽天ゴールデンイーグルスの福山博之選手

出典元:https://ja.wikipedia.org

そして俳優の佐野史郎さん(中退)

出典元:https://matome.naver.jp

がいたのにはビックリしました~。

高校1年の夏から背番号1をつけマウンドに立っています。

小柄ながら常時130キロ後半のストレートと鋭い変化球をバシバシと決め2回戦では、なんと5回参考記録のノーヒットノーランを達成し大きな話題になります。

そして夏の県予選では後一歩でしたが準優勝に大きく貢献。

2年生になるとさらにストレートに磨きがかかり、夏の県大会に続いて春の県大会も準優勝に導く活躍をしています。

2016年秋から新チームとなり期待度は更に増しますが、秋季島根県一次大会では益田東高校に4-5で敗退。

続く春季大会中部地区予選でも1回戦大社高校に1-12で敗退と中々思うような結果は残せていません。

今回の夏の大会は2大会分の悔しさがあると思うので、並々ならぬ決意で臨むと思いますね。

ドラフトに関しては、公立高校期待の星、県No1の速球派として雑誌やニュースで注目されていますが、スカウトの方々のコメントが確認出来ていないのでなんとも言えません。

まぁ~各球団とも水面下では調査されていると思います。

私なりのまとめ!

川角亜久瑠(かわすみ あぐる)選手のプロフィール

今年の夏、大東高校が甲子園出場となると川角選手の注目も一気にあがり、各球団のスカウト情報が出てくると思うので引き続き要チェックです。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【2017】プロ野球ドラフト候補生(高校)まとめ

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*