若林将平(履正社高校)の父親も凄い?小学校や中学校も徹底調査

こんにちは、暑い夏が近づいていますね。

暑い夏といったら高校野球ではないでしょうか(笑)

これから全国高等学校野球選手権大会で注目されるであろうドラフト候補の選手やチームについてクローズアップしてみたいと思いますね。

今回は履正社高校、若林将平選手に注目してみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク
v

若林将平(わかばやし しょうへい)選手のプロフィール

出身地:大阪府大阪市

身長:181cm

体重:86kg

高校:履正社高等学校

ポジション:レフト

投打:右投右打

遠投:90m

走力:50m6秒7

プレースタイル:

強烈なスイングスピードで長打を飛ばすスラッガー。

パワーだけでなく勝負強さも兼ね備えており、クリーンアップを打つ姿がよく似合うと言われています。

主将としてチームをまとめ、引っ張る才能も高く評価されています。

小学校

大阪市立都島小学校3年から都島タイガースで野球をはじめます。

出典元:https://ja.wikipedia.org

都島小学校は大阪府大阪市都島区にある公立小学校。

1875年設立。

太平洋戦争の戦災で校舎を焼失したため、終戦直後の一時期は大阪市立中野小学校に統合されて休校となっていたが、1951年に現校名で再開校しました。

生徒の数は1年生~6年生合わせて411人でした。

出身有名人はセレッソ大阪の柿谷曜一朗選手がいます。

若林選手、都島タイガースでは投手として数々の大会で実績を残していました。

都島タイガースは都島区の小学生を中心とした軟式野球チームです。

淀川河川敷、淀川河川敷長柄グランドを拠点に活動。

現在のメンバー数は46人で、高学年になると年間100近い試合をこなします。

実績は数々の大会で優勝しており、最近では70チームで争った2015年度太鼓亭杯・佐野カップで準優勝に輝いています。

また大リーグ・レッドソックスの上原浩治投手の地元大阪府寝屋川市を中心に行われている「上原浩治杯」でも優勝していました。

スポンサーリンク

中学校

大阪市立都島中学校に進学。ここでも野球部に入らず大淀ボーイズ中学部に入り捕手として活躍。

出典元:https://ja.wikipedia.org

都島中学校は大阪府大阪市都島区にある公立中学校です。

1958年設立。男女共学。

生徒数は1年生~3年生合わせて397人です。

部活動も盛んで硬式テニス部、野球部、サッカー部、剣道部、家庭科部、英語部、卓球部、放送部、バレー部があり、ソフトテニスが強いということです。

出典元:http://www.pictaram.com

大淀ボーイズ中学部は甲子園を狙える全国の強豪校高校関係者がグランドに視察に来るほど有名チームでした。

野球の技術はもちろん、人間形成や、礼儀マナ―を重んじる指導を行っていて、どこに行っても通用する選手育成にそれだけ長けているということですね。

大淀河川グランドを活動拠点にしています。

スタッフ15人と充実したコーチ陣が丁寧に指導しメンバーは50人近くいます。

出身有名人では、若竹竜士選手(阪神タイガース)

出典元:https://ja.wikipedia.org

等がいます。

若林選手が活躍していた主な成績は

第39回大淀大会 ベスト4

第34回奈良大会 準優勝

第38回ジュニアホークス大会 ベスト4

第45回選手権大会大阪北支部予選 ベスト4

第36回浜寺大会 ベスト4

となっています。

高校

履正社高等学校に進学。

出典元:https://ja.wikipedia.org

履正社高等学校は大阪府豊中市にある私立高校です。

1922年設立。男女共学。

設置学科は普通科のみで、学科内専門コースとして「集約文理コース(Ⅰ類・Ⅱ類)」と「普通コース(Ⅲ類)」があります。

男子858名、女子414名で1272人の生徒数。(2016年4月現在)

偏差値44~62、大阪府内91位 / 546件中ということでした。

部活動も盛んで、野球部はじめサッカー部、テニス部、バレー部などは全国大会で活躍しています。

スポンサーリンク

出身有名人では岡田貴弘選手(T-岡田・オリックス)

出典元:https://matome.naver.jp

山田哲人選手(ヤクルト)

出典元:https://ja.wikipedia.org

等がいます。

1年秋から背番号7でベンチ入りしましたが、疲労性の右肩痛、右胸部の骨折、右膝痛に苦しみ2年の春予選は控えとして過ごします。

夏の予選は背番号13、6・7番レフトで全8試合に出場し、23打数で12安打、打率.522本1点10を記録。

6年ぶり優勝に大きく貢献しました。

甲子園デビューを果たします。

1回戦・高川学園戦で中前打をマーク、2回戦・横浜高校戦で右前打を記録しますが3回戦常総学院戦では4打数0安打に抑えられチームも4-7で敗戦。

秋から新チームとなり背番号7を取り戻し、主将・4番・左翼手で臨んだ神宮大会は

チームトップの打率.452、チーム最多24打点をマークし優勝に大きく貢献します。

続く近畿大会でも準決勝で左越え3ラン、決勝で左越え2ランを放つなど好調を維持しますが、3年春の選抜甲子園では初戦の4連続三振など打率.263と振るいませんでした。

しかし主将としてチームをまとめ、準優勝に導く活躍をしています。

ドラフトに関しては、素質はヤクルト山田選手以上と言われており、オリックス、巨人、広島スカウトが訪れた試合でホームランを放つなど存在感を示しています。

また、「打撃はいいものを持っている。これから見ていきますよ」と阪神・畑山スカウト統括補佐はコメントしているので、若林選手は4球団からは注目されている事になりますね。

父親も凄い?

若林選手を調べていますと、父親という言葉出てきますので、父親もすごいのかと思ってしまいましたが、結果は違っていて若林選手の父親ではなく、同じチームメイトの安田尚憲選手の父親の事でした。

安田選手の父親は高校女子駅伝で優勝した大阪薫英女学院の監督をされているということです。

出典元:http://blog.goo.ne.jp

やはりアスリートの血を引き継いでいるのですね。

若林選手の父親の情報はありませんが、安田選手と同じような父親像を勝手に想像してしまいますね・・・

私なりのまとめ!

春の選抜では納得いかないプレーだったと言います。

その悔しさから更に安田選手とのクリーンナップに磨きがかかり強力になっていると思うので、予選から非常に楽しみですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【2017】プロ野球ドラフト候補生(高校)まとめ

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*