池谷蒼大(静岡高校)の経歴wiki!彼女や父親、中学校もチェック

こんにちは、暑い夏が近づいていますね。

暑い夏といったら高校野球ではないでしょうか(笑)

これから全国高等学校野球選手権大会で注目されるであろうドラフト候補の選手やチームについてクローズアップしてみたいと思いますね。

今回は静岡高校、池谷蒼大選手に注目してみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

池谷蒼大(いけや そうた)選手のプロフィール

出身地:静岡県浜松市

身長:175cm

体重:75kg

高校:静岡高等学校

ポジション:ピッチャー

球種:ストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップ

投打:左投左打

プレースタイル:

バランスの良いフォームからしっかり腕を振り、キレのある球をコーナーに決め三振を奪う姿はまさに圧巻の一言。

また打者の手元で伸びを増すストレートに加え、スライダー、カットボールを織り交ぜると打者を翻弄します。

東海地区の高校生左腕ではナンバーワンの存在だと言われています。

小学校

浜松市立積志小学校2年生の時に浜松ドジャース野球少年団で野球をはじめます。

出典元:http://granship.jugem.jp

積志小学校は静岡県浜松市東区積志町1497-1にある公立小学校です。

1909年設立と伝統のある学校です。

現在1年生~6年生の学級数が30で児童数は865名でした。

池谷選手は浜松ドジャース野球少年団在籍時、投手・外野手で活躍していたと思います。

浜松ドジャース野球少年団は積志小学校を拠点としています。

今年で創立41周年で現在まで400人以上の卒団生を送り出した経験豊富な指導者のもと、団員の保護者の協力を得ながら活動する軟式少年野球チームです。

野球はもちろんのこと、レクリエーションや宿泊キャンプなども経験し、集団生活の基本や礼儀を学びます。

部員数は2年生~6年生まで21人。

静岡県野球連盟浜松支部に所属し年間40試合以上行われています。

レベル的には地区大会参加レベルという中で池谷選手は

「NPB12球団ジュニアトーナメントENEOS CUP 2011」中日ドラゴンズジュニアチームの選抜メンバーに選ばれ投手兼外野手で出場していました。

選考基準は書類選考からあるそうですが、この時点で600人ぐらいの応募があり、実技選考で第2次選考、第3次選考があります。

第3次選考から大体60人前後に絞られます。

更に合同練習での選考があり、最終的に18人が選ばれるそうです。

池谷選手の時も愛知、岐阜、三重、静岡の4県から選抜された男子16人と、ドラゴンズジュニアチームでは初となる女子選手2人の計18人が選ばれました。

この時点で池谷選手がどれほど凄かったかわかりますね~。

ちなみに大会結果はグループBリーグ(予選)敗退でした。

スポンサーリンク

中学校

浜松市立積志中学校に進学。軟式野球部に入部します。

出典元:https://ja.wikipedia.org

静岡県浜松市東区有玉北町1200にある公立中学校です。

1947年設立。男女共学。

1年~3年合わせて751人の生徒数でした。

サッカー、野球、柔道、剣道などの部活動が盛んで最近ではサッカー部が読売カップで第3位となっています。

出典元:http://plaza.rakuten.co.jp

出身有名人では常葉菊川高校で第79回選抜高校野球大会優勝した石岡諒哉選手(新日本石油ENEOS野球部)がいます。

池谷選手は当時、最速134キロ左腕として高校関係者から高い評価をもらっています。

さらに投手ながら1番打者として投打に活躍。

そしてチームを2014年県中学選抜大会ベスト4進出に大きく貢献しています。

高校

静岡県立静岡高等学校に進学。

出典元:https://ja.wikipedia.org

静岡高校は静岡県静岡市葵区長谷町に所在する県立高等学校です。

1878年設立で男女共学。

県内随一の進学校として有名です。

学科は普通科のみで、2年次に文系と理系に分かれます。

65分の5時限授業を行っています。

入学してから早い段階で課題テストが行われるなど、夏休みなどの長期休暇を除いてほぼ毎月試験があります。

男子:586人 女子:393人で979人の生徒数でした。

偏差値は71で静岡県内1位 / 294件中となっています。

部活動は野球部の他、囲碁部が選手権大会団体で優勝し全国大会に出場しています。

出身有名人では、増井浩俊選手(北海道日本ハムファイターズ)

出典元:https://ja.wikipedia.org

堀内謙伍選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)

出典元:https://ja.wikipedia.org

等がいます。

期待され野球部に入部しましたが、1年生の6月に慣れない硬式球を投げ続けたことが影響した為、腰を痛めてしまいます。

診断の結果、「疲労性の腰痛」。

栗林監督はまずは完全に治すことを優先させ、リハビリとトレーニングを中心にメニューを組み立てます。

スポンサーリンク

さらに怪我が再発しないように食事面にもこだわり、11月の練習試合でデビューします。

腰も完治し、冬のトレーニングをがっつり行った結果、2年春にはいきなり練習試合で、最速140キロを計測。

春の静岡大会で公式戦初登板を果たします。

故障期間の体幹強化で球速を上げ、6月の練試で最速更新の144㌔を計測。

2年秋の地区予選途中から背番号1を背負い、先発10戦で7完投勝利(1封)を記録し神宮大会進出に大きく貢献します。

3年春の選抜に出場しますが2回戦、大阪桐蔭に8対11で敗退します。

2戦15.1回に登板し、計16K 2四球12失点の記録。

ドラフトに関して

「球質がいい。球持ちがよくて、ベース板の上で伸びている」日本ハム・大渕スカウト部長。

「球速がもう少し欲しいけど、変化球は見るべきものがあった」中日・中田スカウト部長。

「リストの利いた直球とスライダーで7回を6安打1失点。無四球だった。この日は立ち上がりに失点したが、制球は安定していた。夏までに、スピードを含めて投球全般をどうスケールアップできるかにも注目したい」ヤクルト・小川淳司シニアディレクター

「上背はないけれど、真っすぐで内角を突けるのが魅力。変化球に頼らず、真っすぐで押す投球を見たい」オリックス・牧田チーフスカウト

等、どの球団も前向きと取れるコメントしていますので、4球団からの指名なんて事も考えられますね。

彼女

彼女についての情報がないので、なんとも言えませんが彼女はいないのでは?と思ってしまいます。

入学早々に腰を痛めてリハビリとトレーニングに明け暮れていたと思います。

そして平日でも全体練習はだいたい20時まで、その後に個人の自主練習を行うと、終わるのは21時半にもなるということですから彼女と会う時間なんてないと思いますね。

父親

池谷選手を調べていますと父親という言葉が出てくるので、清宮幸太郎選手の父親のように有名なのかと勝手に思ってしまいましたが、池谷選手の父親の情報はありませんでした。 m(_ _)m

ちなみに母親の弘子さんが作った(卵6個とコメ3合を使った)特製の特大オムライスと、手作りみそをつけた生きゅうりが好物ということです。

池谷選手はじめ静岡高校野球部のメンバーには第2の母親的存在、野球部員の下宿生活を支える近藤ゆみさん(45)がいます。

朝は午前4時半に起床して朝食を準備。

放課後の練習を終えた選手はおおむね午後9時半から10時の間に帰宅し、夕食を済ませるので近藤さんの片付けが終わるのは午前0時を回ることもあるそうです。

試合前は脂質を減らして炭水化物を多めにするなど、栄養管理を徹底。

時には選手の恋愛話にも耳を傾け、心のよりどころになっているそうです。

私なりのまとめ!

春・夏と甲子園2大会連続出場なるか気になりますね。

春の選抜前に不調で苦しんだ、もう一人の雄、竹内奎人投手も完全復活した感があるので、レベルアップした2枚看板を見るのが楽しみですね。

夏の大会は目が離せないのではないでしょうか(笑)

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【2017】プロ野球ドラフト候補生(高校)まとめ

【2017】プロ野球ドラフト候補生(大学)まとめ

スポンサーリンク

関連記事はこちら



コメントを残す

*