岡本滉史(県岐阜商高)の経歴wiki!岡本吉守との関係や中学校もチェック

こんにちは、暑い夏が来ましたね。

暑い夏といったら高校野球ではないでしょうか(笑)

これから全国高等学校野球選手権大会で注目されるであろうドラフト候補の選手やチームについてクローズアップしてみたいと思いますね。

今回は県立岐阜商業高校、岡本滉史選手に注目してみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

岡本滉史(おかもと こうし)選手のプロフィール

出身地:岐阜県岐阜市

身長:178cm

体重:84kg

高校:岐阜県立岐阜商業高等学校

ポジション:ピッチャー

球種:ストレート、スライダー

投打:右投左打

プレースタイル:

体のパワー、柔らかい体の使い方、しっかりとした腕の振りから最速140キロのストレートとブレーキの効いた縦変化のスライダーを武器に凡打の山を築く姿はまさに圧巻の一言。

本格派ピッチャーとしてプロからも大いに注目されています。

小学校

岐阜市立西郷小学校時、西郷フェニックスで野球をはじめます。

出典元:http://www.homemate.co.jp

岐阜県岐阜市中西郷4-261にある公立学校です。

1915年設立。男女共学。

1年生から6年生まで535人の生徒数です。

出身有名人では俳優の伊藤英明さんがいました。

出典元:https://ameblo.jp

西郷フェニックスは岐阜市の小学生を対象とした全日本軟式野球連盟所属の軟式野球チームです。

岐阜市学童軟式野球大会6年生の部で準優勝など都道府県大会で上位出場できるレベルということです。

岡本選手は4番・キャッチャーで活躍していました。

スポンサーリンク

中学校

岐阜市立岐北中学校に進学。野球は揖斐本巣ボーイズに入団。

出典元:http://www.homemate-research-junior-high-school.com

岐北中学校は岐阜県岐阜市御望971番地1-2にある公立の学校です。

1945年設立。男女共学。

1年生から3年生まで計664人の生徒数です。

朝から部活動が盛んで放課後も土日も頑張っており、どの部も地区大会・県大会に常連で出場しています。

特にバレー部が強いということでした。

出典元:http://you-tube.one

揖斐本巣ボーイズは、本巣市北部の自然に囲まれた神海グラウンドを中心に、ボーイズリーグで活躍している中学硬式野球チームです。

(公財)日本少年野球連盟 岐阜県支部所属。

2000年設立で今年17年目の伝統あるチームです。

部員数は現在1年生から3年生まで約40人。

第47回春季全国大会支部予選ベスト4など実績もあります。

出身有名人では髙橋純平選手(福岡ソフトバンクホークス)がいます。

出典元:https://matome.naver.jp

岡本選手もピッチャーで活躍し中日本スポーツ杯中日本ブロック大会でベスト8 、2014年ボーイズリーグ中日本ブロック第16回福井大会準優勝に貢献していました。

高校

常に甲子園に行っているというイメージがあり、岐阜県に住んでいるのであれば、この学校で甲子園に行きたいという思いがあって岐阜県立岐阜商業高等学校に進学。

出典元:http://sembatsu2015.blog.so-net.ne.jp

岐阜市則武新屋敷1816-6にある公立商業高等学校で通称「県岐商(けんぎしょう)」、「岐商(ぎしょう)」全国的には「県岐阜商」と言われることが多いです。

1904年設立。男女共学。

流通ビジネス科、情報処理科、会計システム科、国際コミュニケーション科、商業科(定時制)が設置されており定時制単位制も併設しています。

偏差値53~54で岐阜県内47位 / 224件中でした。

男子:449人 女子:583人の計1032人の生徒数。

多くの運動系部活動がインターハイに出場し、陸上競技部・水泳部・EDP部・簿記部・速記部などが全国優勝を果たしています。

また吹奏楽部は世界大会で最優秀賞を獲得していました。

スポンサーリンク

そして硬式野球部は甲子園の高校野球で春3回、夏1回の優勝経験があり、甲子園で2013年までに史上4位となる通算85勝(春46勝、夏39勝)をあげています。

出身者では高橋純平選手(福岡ソフトバンクホークス)はじめ三上朋也選手(横浜DeNAベイスターズ)

出典元:https://ja.wikipedia.org

石原慶幸選手(広島東洋カープ)

出典元:https://ja.wikipedia.org

等、多くのプロ野球選手を輩出していることでも有名ですね。

1年秋から控えとしてベンチ入りし、東海大会(2回戦敗退)ではリリーフで出場。

2年春の東海大会(準V)準決・いなべ総合戦で2回1安打0封救援を披露し注目を集めます。

夏の県大会2試合4回にリリーフで登板し、岐南戦(5対4)で3回1失点の粘投を見せるもチームは準々決勝で長良高校に敗れました。

2年秋の新チームから背番号1(エース)と4番を任せられます。

しかし秋季県大会で初戦敗退。いきなり初戦で強敵・市岐阜商と顔を合わせ、両チーム無得点のまま延長戦に入り、延長10回裏にスクイズを決められて敗れました。

この敗戦から走り込みの量を増やすだけでなく、走るときもそのフォームや体幹を意識して走り込みをおこなったり、投げるときに顔と手が離れて、腰があまり回り切っていないことを指摘されているので、その部分を意識して投げ込みを行うなど、内容の伴った練習を心掛けてきたといいます。

ドラフトに関しては、スカウトからのコメントがありませんが、県岐阜商高校の2年前のエース・高橋純平選手(現ソフトバンク)がドラフト1位でプロ入りしており、中学時代も同じ硬式クラブチーム「揖斐本巣ボーイズ」に所属していたということですから福岡ソフトバンクホークスからは確実にチェックはされていると思いますね。

岡本吉守との関係

岡本選手の父親でした~!

しかも岡本吉守さんは1990年福岡ダイエーホークスにドラフト外で入団。

投手として1992年まで在籍し活躍していました。

現在は揖斐本巣ボーイズの監督ということで親子鷹になるかもしれないですね。

私なりのまとめ!

エースと4番、投打両面でチームを牽引して、2年ぶりの甲子園出場なるのか非常に注目ですね。

目標としています大谷翔平選手のように2刀流の才能が覚醒した先には甲子園の大舞台が見えてくるのではないでしょうか。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【2017】プロ野球ドラフト候補生(高校)まとめ

【2017】プロ野球ドラフト候補生(大学)まとめ

スポンサーリンク

関連記事はこちら



コメントを残す

*