今村優太(金沢高校)ドラフト候補の経歴wiki!中学校もチェック

こんにちは、暑い夏が来ましたね。

暑い夏といったら高校野球ではないでしょうか(笑)

これから全国高等学校野球選手権大会で注目されるであろうドラフト候補の選手やチームについてクローズアップしてみたいと思いますね。

今回は金沢高校、今村優太選手に注目してみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

今村優太(いまむら ゆうた)選手のプロフィール

出身地:石川県野々市

身長:178cm

体重:73kg

高校:金沢高等学校

ポジション:ピッチャー

球種:ストレート、スライダー、カーブ

投打:左投左打

プレースタイル:

角度のある球筋が光る左腕。

長い腕をムチのようにしならせて繰り出すストレートは自在に操ることができ、スライダーは鋭く滑ります。

勝負所で内角を厳しく攻めるメンタルも備わっている金沢の絶対的エースです。

小学校

野々市市立館野小学校時に館野学童野球クラブで野球をはじめます。

出典元:https://ja.wikipedia.org

館野小学校は野々市市押野3丁目71にある公立小学校です。

1984年設立で男女共学。

校名は、開校前に当時の野々市町民からの公募で決めた。 「館野小学校」の名称は現在の野々市市押野1丁目に住む女性が応募したもので、同校が室町時代に冨樫家善が住んだ押野館跡に建ったことから、「館」の一文字を冠したものである。富樫氏の人徳と残された幾多の輝かしい文化をしのび、このゆかりある地で、児童が伸び伸びと健やかに学び育つことを願い名付けられました

1年生~6年生まで計430人の生徒数です。

出典元:http://meikovictorys.jugem.jp

館野学童野球クラブは小学生を対象とした野々市市学童野球連盟所属の男女混合軟式野球チームです。

館野小学校グランドを活動拠点にしています。

第38回石川県スポーツ少年団軟式野球交流大会で優勝するなど強豪チームです。

今村選手もピッチャーとして活躍されており、第12回星輝旗争奪選抜学童野球大会7位入賞に貢献し、自身も特別賞を受賞されていました。

スポンサーリンク

中学校

野々市市立布水中学校に進学し軟式野球部に入部したと思います。

出典元:https://ja.wikipedia.org

野々市市立布水中学校は野々市市押野二丁目にある公立中学校です。

1984年設立で男女共学。

1年生から3年生まで684人の生徒数です。

第33回北信越中学校総合競技大会優勝や2014年に全国中学校バスケットボール大会で優勝するなど男子バスケットボール部が有名です。

軟式野球部も第38回全国中学校軟式野球大会石川県予選で3位。

第46回中部日本地区選抜中学軟式野球大会準優勝するなど強豪チームです。

今村選手もピッチャーで活躍。

高校

金沢高等学校に進学。

出典元:https://ja.wikipedia.org

金沢市泉本町3丁目111にある私立の学校です。

1928年設立で男女共学。

石川県下初の私立中学校(旧制)として開校した歴史があります。

通称は、「キンチュウ」。学科は1984年に商業科が廃止されて普通科のみです。

偏差値は47~62で石川県内15位 / 110件中でした。

男子:399人 女子:423人 計822人の生徒数。

部活動も盛んで女子ソフトボール部が全国大会の常連で好成績を残しており、サッカー部、剣道部も毎大会優秀な成績をおさめています。

スポンサーリンク

野球部に関しては言うまでもなく星稜高校や遊学館高校と並ぶ甲子園の常連ですね。

出身有名人でも大松尚逸選手(東京ヤクルトスワローズ)

出典元:http://matomedeon.com

釜田佳直選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)

出典元:https://ja.wikipedia.org

等、プロ野球選手を多く輩出しています。

第23回石川県高等学校野球一年生大会ではエースとして先発・抑えの活躍にチームの準優勝に大きく貢献します。

この勢いで2016年2年時、夏の選手権石川県予選に登板しますが準々決勝、遊学館に6-5で敗戦。

秋の新チームから不動のエースとなり秋季大会に臨みますが3回戦、小松大谷に2-4で敗戦と悔しい結果となります。

冬場の厳しいトレーニングの結果、今村選手はじめチームが一段とレベルアップして2017年春季大会では優勝。

2017年北信越大会春季大会でも準優勝に大きく貢献しています。

そして夏の選手権ですね。

ここではやはり屈指の強豪、星稜高校が立ち塞がるのではないでしょうか。

春季大会では決勝で星稜高校に5-1で勝利するも北信越大会決勝では星稜高校に0-5で敗戦してますからね。

でも今村選手含めた投手陣が充実してきているのでやってくれるでしょう。

ドラフト予想

ドラフトに関してスカウトのコメントはありませんが、左投手は昔から重宝されていますからね。おそらく各球団はチェックしていると思います。

ちなみに左投手の重宝される理由として本来日本人は右利きが多く小さいころから野球をやっていれば、左投手と対戦することがなかなかないということですね。

右打者は右投手に慣れて、左打者は慣れた上に見やすい。

左投手は右打者からしても対戦の経験が少なく左打者はさらにボールの軌道がみにくいので打ちにくいということでした。

私なりのまとめ!

金沢高校が6年ぶりの甲子園出場なるか非常に楽しみですね。

しかし星稜高校はじめ遊学館、小松大谷と強豪揃いです。

今村選手がこれらの強豪にどう立ち向かっていくのか大注目ですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【2017】プロ野球ドラフト候補生(高校)まとめ

【2017】プロ野球ドラフト候補生(大学)まとめ

スポンサーリンク

関連記事はこちら



コメントを残す

*