木倉朋輝(星稜高校)ドラフト候補の経歴wiki!中学校もチェック

こんにちは、暑い夏が来ましたね。

暑い夏といったら高校野球ではないでしょうか(笑)

これから全国高等学校野球選手権大会で注目されるであろうドラフト候補の選手やチームについてクローズアップしてみたいと思いますね。

今回は星稜高校、木倉朋輝選手に注目してみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

木倉朋輝(きくら ともき)選手のプロフィール

出身地:石川県

身長:178cm

体重:77kg

高校:星稜高等学校

ポジション:ショートまたはセカンド

投打:右投右打

走力:50m6秒

プレースタイル:

内外野をこなせる器用さや旨さがありながらも、ユニフォームを泥だらけにするガムシャラさを失わないファイター。

打席ではリラックス状態を保ち、そこから一気に全開のスイング、スムーズなヘッドの返しとリストの強さで生み出す強烈な打球は圧巻の一言です。

攻守にわたって醸し出す、何かを持っているオーラも魅力の1つですね。

中学校

星稜中学校です。

出典元:https://ja.wikipedia.org

石川県金沢市小坂町南206番地にある私立の中高一貫です。

1973年設立の男女共学。

1997年までは1学年1クラス、1998年からは2クラスと人数制限をおこなっており、小人数なので先生が1人1人に目が届きやすい環境だということです。

木倉選手も野球部でメキメキと実力をつけていきます。

出典元:https://page.auctions.yahoo.co.jp

1973年創部の野球部は全日本軟式野球連盟所属で現在の部員数は45名。

常にチャレンジ精神を持ち一戦一戦を全力で戦い抜き、心の野球で日本一を目指しますをモットーに、過去5回の全国制覇を成し遂げるという、素晴らしい成績を残しています。

最近でいいますと全日本少年軟式野球大会、史上初の夏春連覇を達成しており、日本一強いチームとなっていますね。

出身有名人では岩下大輝選手(千葉ロッテマリーンズ)

出典元:https://ja.wikipedia.org

等がいます。

内野手で大活躍の木倉選手ですが、実は中学時代のポジションはキャッチャーで活躍しています。

第30回記念全日本少年軟式野球大会北信越ブロック予選会優勝や文部科学大臣杯第5回全日本少年春季軟式野球大会出場に大きく貢献。

更には第4回アルプスカップ優勝、自身も最優秀選手賞を受賞とキャッチャーとしての才能も凄いですね。

スポンサーリンク

高校

星稜高等学校に進学。(基本的に中学からはエスカレーター式ということです。)

1932年年設立で男女共学。

普通科のみ設置され、難関国立大学や私立大学、医学部を目指す「Aコース」と、地元の国公立大学や私立大学を目指す「Bクラス」、部活動で全国大会出場と大学進学を目指す「Pコース」に分かれます。

また、コース共通として大学進学を目標とした特別授業も行っています。進学実績としては国公立大学合格の現役率が80%を超えています。

偏差値54~67、石川県内6位 / 110件中です。

少人数制の中学校に対して、高校は男子:855人  女子:675人の計1530人、教職員は100人超がそれぞれ在籍しており、職員室も3つ設置されているマンモスの高等学校となっています。

部活動も盛んで野球部をはじめサッカー部、テニス部、ゴルフ部など多数の部活が県大会で優勝の実績があります。

またトランポリンや、合唱、百人一首など文武両道で有名です。

出身有名人では今世界で注目されていますサッカー日本代表の本田圭佑選手や元メジャーリーガーで国民栄誉賞を受賞された松井秀喜氏が有名ですね。

野球部に関しては岩下大輝選手(千葉ロッテマリーンズ)や島内宏明選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)

出典元:https://ja.wikipedia.org

等多くのプロ野球選手を輩出しています。

1年秋からレギュラーとなり、2年時春にはショートとして県大会出場します。

14安打、3打点、打率5割3分8厘を記録。

スポンサーリンク

2016年石川県高校野球春季大会及び2016年高校野球北信越大会春季優勝に大きく貢献します。

2年夏の選手権では7番レフトで出場し石川県代表として2年ぶりの出場に貢献。

甲子園の舞台では5番ライトで出場し3打数1安打を記録するもチームは市立和歌山高校に2-8の1回戦敗退となります。

秋の新チームからショートの守備となり、また副主将に任命され攻撃でも3番・4番の主軸となりチームを牽引します。

しかし石川県高校野球秋季大会準優勝(航空石川に1-5で敗戦)そして高校野球北信越大会秋季1回戦長野商業に5-6で敗退と悔しい結果となり冬場のトレーニングは相当ハードなトレーニングに打ち込んだといいます。

守備もショートからセカンドの守備となり、「ショートよりは気持ちが楽になり、バッティングに気持ちが注げている」と打撃にも好影響が出て2017年石川県高校野球春季大会準優勝そして2017年高校野球北信越大会春季大会優勝に導く活躍をします。

2年連続選手権出場に向けて準備万端といった所でしょうか。

ドラフト予想

スカウトからコメント情報が無いのでなんともいえませんが、ピッチャー意外ならどのポジションでも高いレベルでこなせる器用さと、バッティングも強豪星稜高校で不動の4番を任せられ、足に関しては50m6秒のスピードを兼ね備えています。

ですから新聞や雑誌からは

走攻守でバランスが取れた素晴らしい選手

という高評価なので、夏の活躍次第では各球団の上位指名もあるのでは?と思いますね。

私なりのまとめ!

星稜高校及び木倉選手が2年連続、夏の甲子園の舞台に立てるのか非常に楽しみです。

ユーティリティーに優れた選手ですので、試合毎の守備位置についても注目ですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【2017】プロ野球ドラフト候補生(高校)まとめ

【2017】プロ野球ドラフト候補生(大学)まとめ

スポンサーリンク

関連記事はこちら



コメントを残す

*