サンバダンサー工藤めぐみのプロフィール経歴まとめ!!本場ブラジルでの評判は?

こんにちは、2月28日(日)23時から放送の情熱大陸に工藤めぐみさんが出演されます。

あっけして元女子プロレスラーだった方ではありません(苦笑)

サンバダンサーの工藤めぐみさんです(笑)

サンバ!いいですね(笑)

私の知り合いがブラジルに住んでいて、よくリオのカーニバルの写真を送ってくるので、一度は本場ブラジルでカーニバルを見てみたいとず~と思っていました(笑)

情熱大陸の予告を見て、あ~こういう方もいるんだと思い気になってしまいました。

今回番組予習もかねてどういう方なのか調べさせてもらいました。

スポンサーリンク
v

サンバダンサー工藤めぐみのプロフィール経歴まとめ!!

工藤めぐみさん出典元:http://fcb.tupiniquim.jp

1985年9月3日 30歳 神戸市出身

身長 168cm 特技:サンバ一筋  ポルトガル語(日常会話レベル)

所属事務所 東宝芸能株式会社  流通科学大学卒

1995年

9歳の時、母親と一緒にクラシックバレーとサンバを始めました。

教えてもらっていた先生が元宝塚でサンバをやっていた人で、先生の娘さんがクラシックバレーをやっていた人なのでサンバとクラシックバレー両方習っていたそうです。

工藤さんのお母さん、スゴイパワフルなひとですね~(笑)だって横山さんが9歳ですから

お母さんの年齢は30代か40代だと思うので・・・ワカイ!

バレエは全てのダンスの基礎になるので、後にブラジルへ行った時大変助かった、とコメントしています。

私も今からクラシックバレー習おうかなぁ~?

2004年

18歳の時ダンスインストラクターになり、流通科学大学に入学。

この時すでに自分のダンス教室を持ちたいと思っていたそうです。

なので本場のサンバを知らないとっと思い、ブラジルへ行く決心がついたそうです。

秋から半年間、大学1年の後期を休学し、単身、リオデジャネイロにサンバ留学しました。

私の18歳の時と比べると・・・(苦笑)夢が大きくてすばらしいです!

ブラジルに留学してからは、まず言葉が通じず苦労したとコメントしています。

スーパーでの買い物など、ほとんどジェスチャーだったそうです。

住んでたアパートから練習をやっている場所まで行き方もわからずなんとかジェスチャーで行き方をメモに書いてもらったといいます。

すごいですね(笑)私にはとても出来ないですよ~!

生活するだけでも大変な中、工藤さんはサンバチームの練習に参加し、少数のトップダンサーだけがなれる「パシスタ」として出場を目指しました。

パシスタとは、あくまでもノペがきちんと踏めて、かつ淀みなくシャープでスムースな踊りができ、またヴァリエーションのある踊りができる技巧派のダンサーである。

またパシスタは、サンバショーなどでのコレオグラフィー(振り付け)を中心としたダンスとは違い、あくまでも個人技を披露するダンサーである。したがってアドリブや表現力が要求される非常に難易度の高いダンスパートである。

出典元:ウィキペディア

ここで9歳から習っていたクラシックバレーが役にたったのではと思います。

また、才能があり、努力の賜物により、半年足らずでサンバスペシャルチームの

「G.R.E.S Tradicao(トラヂサォン)」と「G.R.E.S Portela(ポルテーラ)」2チームのオーディションに合格

2005年

2月に「パシスタ」として、リオのカーニバルに初出場しました。

帰国後は大学で半年間の遅れを取り戻し、休学せず4年間で卒業。

ダンスの方も「躍動感が全然違う」と周囲から言われるほど踊り方が変っていたそうです。

ダンスだけではなく、人として一回りいや二回りは大きくなったと思いますね!

そして何事も本場と言われている所での修行が必要なんですね(笑)

2008年

23歳時に再びリオデジャネイロへ

トップチーム 「G.R.E.S. Academicos do Salgueiro(サルゲイロ)」のオーディションを受けパシスタに選ばれる

2009年

2月リオのカーニバルでトップチーム(サルゲイロ)が16年ぶりに優勝!!

日本人「パシスタ」として初めての栄冠を手にしました。

パシスタになられて、数年で優勝まで手にいれるのですからね~!

努力はもちろん才能もスゴイ!

2010、2011、2013、2014,2015年

「サルゲイロ」のパシスタとして出場を続け、2014年、2015年は惜しくも準優勝でした。

おそらく、工藤さんはブラジルと日本半々ずつ滞在されていると思います。

日本に滞在されている時は、神戸のサンバチーム「BLOCO Feijāo Preto(ブロコ フェジョンプレット)」のダンサーリーダーを務める

日本国内で数々のショーに出演の他、SMAPのドームコンサートや山下智久さんのバックダンサーとしても活躍。

そして、地元神戸では、ダンススクールで後進の指導にもあたっている。

ダンススクールで~す!

サンバコンテスト「サンバフェスタKOBE」では、

2008年~2014年まで、続けて最優秀賞を受賞、6連覇(2013年は、悪天候により中止)

スポンサーリンク

本場ブラジルでの評判は?

レッツ!!サンバ!

リオのカーニバル出典元:http://www.toshima.ne.jp

レッツ!!

サンマ出典元:http://blog.livedoor.jp

・・・・(苦笑)

ブラジル・リオのカーニバル、実はリオ中から集まった1チーム4000~5000人で構成された約150以上のチームが

「スペシャルグループ」、「二軍」、「三軍」とカテゴリーに分けられ、

それぞれメッセージ性や芸術性を競い合い、優勝を賭けたコンテストなんですね!

そして優勝賞金がなんと約4億7000万円です(笑)

そりゃ真剣になりますよ!

そんな中での工藤めぐみさんの「パシスタ」としての実績(2009年優勝、2014年準優勝、2015年準優勝)スゴイですよ!

ブラジルでも「スペシャルなパシスタ」と呼ばれているかも?しれないですね(笑)

ちなみに取材もうけてました~!

2014年度サンパウロ新聞掲載

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/16608/menu/58/cat/148 (サンパウロ新聞)

2014年度ブラジル最大手globo掲載(現地取材のためポルトガル語)

http://ego.globo.com/carnaval/2014/noticia/2014/02/rainha-de-bateria-no-japao-sambista-ganha-destaque-em-escola-no-rio.html (globo)

私なりのまとめ!

サンバダンサー工藤めぐみのプロフィール経歴まとめ!!

調べてみて、サンバ愛がスゴイと感じました(笑)

また、日本でのサンバの普及活動も頭が下がるばかりです!

本場ブラジルでの評判は?

2016年も優勝めざして頑張りました。

リオのカーニバル2016 速報~

我がチーム

SALGUEIRO は 4位!!

SALGUEIROはきちんと書くとして、、

なんと。。

SALGUEIROとかけもちをしてパシスタとして出場したParaíso do TUIUTI !! !! !! !!

優勝しましたー!!!!

出典元:工藤めぐみさんオフィシャルブログ

もういうことありませんね(笑)

今後、ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*