マイケルジャクソンの子供の肌の色が違う?血縁関係や養子なのか気になる

こんにちは2009年6月、不慮の死を遂げ早10年、未だに注目され続けていますマイケルジャクソンさん。

もちろん莫大な遺産を相続する子供達にも常に世間の目が注目しています。

しかし今だに、マイケルさんと子供達の肌の色が違うと思っている人もいるかと思います。

この記事は、マイケルさんと子供達との関係についての内容となっています。

スポンサーリンク

マイケルジャクソンの子供の肌の色が違う?血縁関係について衝撃の事実が

マイケルさんには3人の子供達がいます。

  • 長男マイケル・ジョセフ・ジャクソン Ⅱさん(生年月日:1997年2月13日 22歳)
  • 長女パリス・ジャクソンさん(生年月日:1998年4月3日 21歳)
  • 次男プリンス・マイケル・”ブランケット”ジャクソン Ⅱさん→2015年にビージー・ジャクソンに自ら改名(生年月日:2002年2月21日 17歳)

しかし今でも・・・

「マイケル・ジャクソン氏のお子様は肌が白いですが、なぜですか?」

という声がきかれます。

そうなんですね実は父親がマイケルさんではないとの報道があります。

真実はどっちなのかわかりませんが・・3つの説があります。

説1

2009年に2人の子供、マイケル・ジョセフ・ジャクソンさんとパリス・キャサリンさんの母親である元妻デビー・ロウさん(1996年から1999年まで婚姻関係)は子供達を匿名のドナーからの精子提供で人口受精し妊娠したことをインタビューで語っています。

ちなみにデビー・ロウさんは白人です。

「News of the World」によりますとマイケルさんが通っていた皮膚科専門医の受付をしていたデビーさんが突然マイケルの子供を妊娠したと発表し、その後結婚したのはマイケルさんが子供を欲しがった為という、また「私はただの入れ物でした。マイケルの精子ではありません」という内容でした。

さらにこの後、精子提供者は当時マイケルさんがかかっていた皮膚科医のアーノルド・クライン氏、つまりデビーさんのボスという衝撃的な報道がありました。

医師と看護師で「子供好きなマイケルのために、協力して産んであげましょう」とマイケルさんとの商談が成立。

1999年離婚、マイケルさんはデビーさんに親権を放棄する代わりに9年間に渡って900万ドル(約9億円)を支払ったと言うことです。

スポンサーリンク

説2

「オリバー!」「小さな恋のメロディ」の天才子役として有名な英国人元俳優で整体師のマーク・レスターさんが、2009年8月9日付の英紙ニューズ・オブ・ザ・ワールドのインタビューでパリスさんの「生物学上の父親だ」と衝撃の告白をして話題になりました。

ジャクソン5時代からの親友だったレスターさんは

  • 「マイケルが1996年に僕に精子の提供を望んだので承諾した。彼は本当に子供を欲しがっていた。金銭的な見返りは受け取っていない」
  • 「長女パリスさんが自分の娘ハリエットと顔がそっくりだ」

と主張していました。

ちなみにマーク・レスターさんも白人です。

説3

長男、長女とは違い、黒い髪に大きな瞳がマイケルさんにそっくりな次男ブランケットさんについては、マイケルさんの精子を利用した人口授精による代理母出産であろうと予想されてきました。

しかしニュースサイト「TMZ」によりますと、出生記録を極秘入手。

母親の名前の記入がなく、かつ父親、つまり精子提供者もマイケルさんではなかったことを報じていました。

ですから早い話が子供たち3人ともが、マイケルさんとは血が通っていないという事です。

「マイケル・ジャクソンの娘なのに白人…ってたけど、死去後実子とされた子供全員、血縁関係ないと暴露されたからな…本当に最後までお騒がせな人だった気がする。」

なんて事も囁かれていました。

ちなみに噂によりますと…マイケルさんの子供が出来ない理由として

  • マイケルさんは子どものころ父ジョー・ジャクソンさんによる性器への暴力の繰り返しで、子どもを作る能力を失ってしまっていた。(BANG Media Internationalが報道)
  • ハイトーン維持のために、二次性徴を摘出。(第二次性徴とは思春期になってあらわれる、性器以外の身体の各部分にみられる男女の特徴のことをいいます。)

なんていう事が言われています。

スポンサーリンク

養子は一体誰なのか

マイケルさんがこよなく愛した3人の子供たちは当然、養子縁組と認識されてきました。

しかし「TMZ」によりますと、マイケルさんは養子として正式な縁組の手続きを行っていなかったことを報じています。

…?

またMTVは、妹のジャネットジャクソンさんが、ボーイフレンドWissam Al ManaWissamさんと結婚して、三人の子供達を養子にする事を計画していると報告していました。

…??

真相はわかりませんね。汗

ただ言える事は、2002年に作成された遺書によると、マイケルさんが残した莫大な家族信託の内容について、受取人はマイケルさんの母親キャサリンさんと3人の子どもたちのみとなっているそうです。

ニュース・オブ・ザ・ワールドによりますと

  • 3人の子ども達への財産分与は40%
  • 母キャサリン・ジャクソンさんへ40%
  • 残り20%は慈善事業団体へ寄付
  • キャサリンさんが亡くなった場合、財産はすべて子どもたちに分配
  • 子どもたちが30歳になるまでは毎月少しずつ財産を渡していく
  • 30歳で財産の3分の1
  • 35歳で2分の1
  • 40歳ですべての財産を手にすることができる

と遺言状に記しているそうです。

ちなみにマイケルさんの残した財産は2016年の時点で約1450億円と言われています。

遺書の影響力が絶大なので養子縁組の手続きがされていないようが関係ないような感じですね。

私なりのまとめ

マーク・レスターさんはじめ、マイケルさんの元ボディーガードがマイケルの息子「ブランケット・ジャクソン」は自分の息子だと名乗り出るなど、莫大な遺産について子供達には、まだまだ一悶着ありそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
マイケルジャクソン肌の色が変化した理由は病気?子供と血縁関係なしとの噂も

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする