玉置浩二の天才エピソードまとめ!天才すぎるとナインティナインも大興奮

こんにちは、日本を代表する天才アーティスト玉置浩二さん。

曲・詩・歌唱力どれをとっても圧倒的な存在感で多くの人を魅了しています。

この記事は、天才すぎる玉置さんの、数々のエピソードをまとめた内容となっています。

スポンサーリンク

玉置浩二の天才エピソードまとめ!衝撃のエピソードについて

巨匠坂本龍一さんの娘、坂本美雨さんは…

「玉置浩二さんは天才だと思っていて。もう、歌そのものが人を超えているというか、その人を表現するための歌じゃない。言ってみれば、”歌そのもの”っていうか。歌に身を捧げている人だなって、すごく思いますね。」

玉置浩二さんについて熱く語っているように、音楽業界内外から天才だという声が上がっています。

しかし、なぜ天才と言われているのか、わからない人の為に、ここでは数々の天才エピソードを紹介します。

その1:コードを知らない

メロディーメーカーと言われ、多く名曲を残していますが、実は玉置さん、コードとかあんまり知らないと言います。

ギターもどんどん変則チューニングにしてしまって、次に弾くときに自分で押さえ方が分からなくなってしまい、自分でコピーする羽目になるそうなんです。

通常ギター弾く場合、まずコードありきで、いくつかのコードの押さえ方を覚えて、コード譜を見ながらジャカジャカかき鳴らしているうちに大体のコードを押さえられるようになります。

段々とコード進行の知識を得て、流れている曲を聴いた時「ああ、この曲はこのパターンだなあ」とコード譜なしでだいたい追って弾けるようになります。

ところが玉置さんは、この手のことを、全てすっ飛ばし、いきなり「こういうふうに押さえたらギターはこういう音で鳴る」ということを体で覚えてしまっていると言われています。

また曲を作る場合、曲作りの段階から、じゃあAメロから作ろうか、次はこういうBメロで、サビはこんな感じかな?みたいな、曲の構成ありきで曲を作ります。

しかし玉置さんの曲には、冒頭からサビを持ってきたりと、難解な曲も多く、それはギターのコードなりコード進行なりを先に覚えなかった玉置さんの天真爛漫(らんまん)さで、おそるべき才能の高さを示しているという事です。

その2:ドラムはわからない

玉置さんはギター以外に、ベース、ドラムス、キーボード、パーカッションをレコーディング時に弾いています。

しかし、実はドラムについては、見よう見まねで、何で自分がドラムを叩けるのかわからないといい、しかも練習を全然してないそうです。

「なんか色々ありますよね。ピアノでいうと♪タタタタタタタタ、タタタタタタタタ(音階を口ずさむ)っていうのがあって、ドラムもなんかそういうのが何かあるみたいなんですけど、何かこうやってこうやって、タカスコタカスコ、ダ~ンってやりゃあいいんじゃないかなといつも思ってて、それである時やりだして、いまだに何で叩けるのか分からないですね。」

恐るべし才能です。汗

その3:曲がすぐ出来る

作詞、作曲する際、イメージがなかなか湧いてこなくて苦悩すると言われており、あの世界のスーパースタースティングさんですから、一時期スランプに陥り、曲が作れなくなっていたと言います。

しかし玉置さんは、常に曲のイメージが湧いてきて、ものの数分で曲が出来てしまうこともあるという事です。

しかもそれが何十年も続いている所に凄さを感じます。

スポンサーリンク

その4:進化している歌唱力

玉置さんのヴォーカル・スタイルは、ダイナミック・レンジ(=音量の大小の幅)がすごく広い歌い方をされており、レコーディングでは、最後にやりやすいようにするために段々修正しているとの事。

コンサートでは、レンジの広さを存分に発揮し、観客を感動の渦にさせているという事です。

しかもそれが年々レベルアップしていると言われており、”どんだけ凄いねん”てなりますね。

その5:天才は天才を知る

坂本美雨さんはじめ…

  • 山下達郎さん「日本で最も過小評価されているミュージシャン」
  • Mr.Childrenの桜井和寿さん、ソンユさんが「天才であり最も尊敬するミュージシャンの一人」
  • 徳永英明さんやコブクロの黒田俊介さんが「日本一歌が上手い」
  • スキマスイッチの大橋卓弥さんが「最も尊敬するボーカリスト」
  • いきものがかりの水野良樹さんも自らの音楽活動が玉置のそれに多大な影響を受けたものであることを公言

等、多くの天才アーティストから絶大な支持を受けています。

また、ロシアの高御驚愕ダンや歌劇場で外国人として初めて指揮者ポストを歴任するなどの経歴を持ち、アジア人では初めてサン・ピエトロ大聖堂で指揮をとった指揮者の西本智実さんも玉置さんの作品がとても好きだと公言しており、あらゆるジャンルの人達に影響を与えています。

その6:海外からも称賛

海外からの評価も高く、特に韓国においては

  • アイドルグループU-KISSのリーダースヒョンさんがソロデビュー時に玉置さんの「メロディー」をカバー。
  • 人気歌手IU(アイユ)が「理想は玉置浩二」と発言。
  • Mnetで放送していた音楽番組では、K-popシーンを支えてる立場の大物プロデューサー、作曲家の人たち、そして多くのミュージシャンが玉置さんの音楽を評価しており、韓国の大衆音楽に甚大な影響を与えてると報道。

など、今や韓国では伝説的なミュージシャンとして扱われていました。

「聞くだけで沸き上がってくる情感、絶対に外さない素晴らしい音色。曲を作るだけでなく表現できるだけの実力を備え人の心を動かす。天才以外の呼称があるなら教えて欲しい。」

もうこの一言につきますね。

スポンサーリンク

天才すぎるとナインティナインも大興奮!岡村・矢部が熱弁した内容とは

玉置浩二さんと言ったら、FNS歌謡祭で見せるパフォーマンスです。

  • 「玉置浩二さん、、、天才すぎる」
  • 「玉置浩二はやっぱ天才ですね。FNS歌謡祭のパフォーマンス毎年最高だし。」
  • 「FNS歌謡祭を見て思ったことは 玉置浩二はやはり歌わせたら天才だなってこと。 歌ってるだけでいいのにね〜」

歌はもちろん、見せ方も天才すぎるということですね。

そこに目をつけたのがナイナイの岡村さんと矢部さんでした。

「玉置浩二がライブで天才すぎる!?ナイナイが語る!」と話題になっていました。

2013年7月31日に毎年恒例の「FNS うたの夏まつり」(フジテレビ系)に玉置さんは出演。

玉置さんは自身の代表曲「ワインレッドの心」を徳永英明さんらとともに披露したほか、つんくさんと「ズルい女」をデュエットするなど、全4曲を歌いました。

それを見たナイナイは、翌日8月1日深夜放送のニッポン放送のラジオ「ナインティナインのオールナイトニッポン」で、玉置さんのパフォーマンスを興味深く語りました。

岡村さんは(当時)サングラスに坊主頭、光沢素材のジャケットを着込んだ玉置さんの個性的な姿に驚いたといい、「『清原や!』って思って。金髪になってるから」と述べ、(当時)野球解説者の清原和博氏に見間違えたということです。

矢部さんは、玉置さんが「ズルい女」のデュエットでは、他の曲と違い、冒頭で歌詞を間違え、サビ以外で歌わない場面が多かったことについて「『ズルい女』のときは、もうちゃんと歌いはらへんのよ」とつんくさんに歌を任せがちな様子が気になったそうです。

これを聞いた岡村さんは「オモシロイね、それ」「録ってあるから見よう」と興味津々。

また、玉置さんがあまり歌わなかったことについては「(キャリアが)長いからね、安全地帯の方が」「シャ乱Qなんか子供みたいに思ってまうんちゃう?」と分析するなど熱く語っていました。

最終的に岡村さんは「会ってみたいな、ちょっと」と、共演したことがない玉置さんに深い関心を持ったということです。

私なりのまとめ

4月28日、玉置浩二さんと、西本智実さんが指揮を務めるイルミナートフィルハーモニーオーケストラによるコンサートが奈良県の薬師寺で開催されます。

しかしチケットが即日完売となり、29日に追加公演が決定したと話題になるなど、玉置さんの天才伝説はまだまだ終わりそうにないですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする