HYDE 和歌山の実家はどこ?観光大使となってライバル県を激白

こんにちは、日本を代表する世界的ミュージシャンのHYDEさん。

圧倒的な存在 でL’Arc-en-Ciel・VAMPSのヴォーカルとして世界中の多くの人に様々な影響を与えています。

そんなHYDEさん、実は出身が和歌山県という事ですが、知らない人もいるかと思います。

この記事はHYDEさんの実家、和歌山についての内容となっています。

スポンサーリンク

HYDE 和歌山の実家はどこ?お店を経営との噂も

HYDEさんは和歌山県和歌山市松江出身です。

小学校時代は当時喫茶店「アップル」だった実家のジュークボックスで、オフコースやビリー・ジョエルを聴いていたと言われています。

また実家に帰省した際「HYDEさんが鼻歌をうたいながら実家のお花に水をあげてた」という話は有名でした。

松江小学校→河西(かせい)中学校に通っていました。

松江小学校の校区があるので、おそらくその地域に実家があると思います。

詳しくはこちらです。

またファンの方たちはHYDEさん縁の地を散策しているということです。

  • さかえ保育園 : HYDEさんが通っていた保育園。
  • 松江小学校 : HYDEさんが通っていた小学校。
  • 河西中学校 : HYDEさんが通っていた中学校。
  • ミスド和歌山紀ノ川店:HYDEさんがフリーター時代にバイトをしてた店。
  • MUSIC LAND TAKE OFF(ぶらくり丁):HYDEさんがバイトしてた(らしい)楽器店。
  • STUDIO アイ (スタジオ アイ) : HYDEさんが使っていたというスタジオで、左側には100人程度が入れるライヴスペースになっています。
  • レモネード・カフェ : HYDEさんがここのレモネードをバイト帰りによく飲んでた(らしい)。
  • LIVE HOUSE OLD TIME:HYDEさんがライブをしていた場所。
  • 森林公園(恐竜公園):HYDEさんが中学生の頃、軍服を着て、公園奥地で軍服を着てキャンプをしていたと言われる公園。
  • 淡路神社:hydeさんが高校時代、女の子をデートに誘って訪れた神社。
    ラルクの98年和歌山ライヴでHYDEさんのMCで「あそこは怖い」と言っていた神社。
  • 加太海岸:hydeさんが幼い頃に女の子の様なビキニ水着を着せられて浜遊びに来ていた場所。
    今は廃刊になっていますが、ラルク唯一のオフィシャルヒストリーブック「is」にHYDEさんが小さい頃に浜遊びをしている写真が載っています。
  • 2009年までは存在していた、ご両親がカフェ&バー経営していた「アップル」の店舗跡地。
    2階建ての店舗で2階にアップルがあり、2階の窓のところに、大きなAPPLEというネオンが点いてました。
    右のシャッターのところに階段があって、そこから上がるようになっていたということです。
  • Devil’s own:2009年に閉店したHYDEさんがプロデュースしたショップ。
    住宅街にあり、建物が綺麗、洋風な感じということです。
  • 料理工房 隠れ家アンジュ:HYDEさんのご親戚が経営の穴場的フレンチレストラン。
    入り口にはHYDEさんと大石恵さんの写真やサインもあり、またHYDEさんプロデュースのグッズ・紅茶(天使茶)が買えるそうです。

最後に居酒屋しんけいすいじゃく :HYDEさんの同級生にして元バンド仲間のマスターのお店で、ファンオフ会が開かれることでも有名。

看板にライオンが描かれており、箸袋や小瓶の冷酒、オリジナルの焼酎(芋、麦)のラベルにも使われています。

HYDEさんデザインの日本酒がオススメだそうです。

これらHYDEさん縁の地巡りをファンの間では和歌山聖地巡りと言われているそうです。

スポンサーリンク

観光大使となってライバル県を激白!その真相は

2019年1月にHYDEさんが「和歌山市ふるさと観光大使」に就任し大きな話題となっています。

就任に際してインタビューでは…

和歌山について

「なんていうんですかね、離れられないというか、どこかでつながっているっていうか…。どこかで気にしているんですよね。まだ、本籍も和歌山だし、縁が切れるのが寂しいんでしょうね。」

和歌山を自慢するとするならば…

「やっぱり海かな。山も大好きでよく行ってたんですけど、自慢するとすれば美しい海。特に、白崎海岸はずっと通っていたところなんで、壮大な眺めが好きです。他には淡嶋神社とか、和歌山城に桜もよく見に行っていました。」

と応えていました。

また、和歌山に帰省したときには、子どものころからの友達や小学校時代の先生に会っているといいます。

そんなHYDEさんがライバル視している県がありました。

それは愛媛県だそうです。

SUUMO(スーモ)編集部がアンケート調査を行った結果、和歌山県も愛媛県も、どちらも日本を代表するみかんの産地で「みかん王国」の座をかけて、和歌山県民がライバルだと考える都道府県の第1位は「愛媛県」という結果にもなっていました。

「知り合った人が愛媛県出身っていうと『あー、こいつライバルやな』」

とHYDEさんも激白していました。

その他にも…

  • 「高校野球が始まったら、今年はどこが出るんやろう?って、応援するのは和歌山。」
  • 「梅酒を飲んでいる人を見ると『あっ、それ和歌山の』」

というふうに常に和歌山を意識しているそうです。

ちなみに和歌山市は紀伊半島の北西部に位置し、大阪中心部からは電車や車で約1時間という距離にあります。

海、山、川、豊かな自然に囲まれ、風光明媚な和歌の浦は古くから「万葉集」の短歌の歌枕として詠われ、歴史あるまちとしても知られています。

気候は温暖で、雨が少なく日照時間が長いので、晴れた日を楽しく過ごすことができます。

夕日の絶景スポットも多くあり、皆様の充実した休日ライフをサポートする観光資源も豊富。

その中でも日本遺産にも認定され、眺めるだけでも感動を与えてくれる和歌の浦は、絶景の宝庫で知られています。

徳川御三家の居城であった和歌山城や、天空の城ラピュタの世界に似ていると人気の友が島などはその代表としてあげられます。

マリンスポーツも盛んで、片男波は環境省の快水浴場百選に選ばれており、磯ノ浦海水浴場はサーフィンスポットとして全国的に有名です。

サイクリングロードも整備されつつあり、日々のエクササイズにもぴったりな場所です。

和歌山グルメも充実。

温暖な海流が生み出す加太の鯛、しらす丼、全国的に有名になった和歌山ラーメン、新生姜から生まれた和歌山ジンジャーエールなどは絶品です。

また今では市民のソウルフードとして愛されているグリーンコーナーのグリーンソフトも人気でした。

私なりのまとめ

音楽もさることながら、和歌山に対する熱い想いを常に持っていますHYDEさん。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
HYDEの子供 玲の学校は学習院?現在 嫁とは離婚しているという噂も

大石恵はハーフ?現在の年齢や離婚についても調査

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする