渋谷すばる 昔のイケメン(画像)伝説!西のすばる時代のエピソードに驚愕

こんにちは、昨年7月「関ジャニ∞」脱退、12月末ジャニーズ事務所退所と、多くのファンに衝撃を与えたました渋谷するさん。

しかし新たな活動再開に大きな注目が集まっています。

そんな渋谷さんと言ったら、トップアイドルへの登竜門・ジャニーズJr.で数々の伝説を残してきました。

今回は、渋谷さんの昔のイケメン伝説についての内容となっています。

スポンサーリンク

渋谷すばる 昔のイケメン(画像)伝説!西のすばる時代のエピソードとは

近藤真彦さんや少年隊、SMAP、KinKi Kidsなどトップアイドルのバックダンサーとして活躍していますジャニーズJr.。

とりわけ1998年から2002年頃にかけて、”Jr.黄金期”と呼ばれています。

番組名に「ジュニア」「J」の名を冠したテレビ番組が多数放送され、その後も東京ドームなどの3大ドームや日本武道館でコンサートを行うなど、先輩をしのぐほどの人気を獲得。

その立役者となったのが「東のタッキー、西のすばる」と呼ばれた存在でした。

1995年から1997年までフジテレビで放送された『木曜の怪談 怪奇倶楽部』に滝沢秀明さんが初主演。

今井翼さんも出演していた事で、ジャニーズJr.の人気に火がつき、知名度は一気に加速しました。

その後も滝沢秀明さんは1998年、鈴木保奈美さんと共演した『ニュースの女』。(フジテレビ)

1999年、TBS系ドラマ『魔女の条件』で松嶋菜々子さん演じる高校教師と禁断の恋に落ちる生徒役をW主演となるなど、ジャニーズJr.を引っ張るカリスマ的存在となりました。

またJrだけの冠番組がいくつも誕生し(その中にはゴールデンタイム一時間枠もあった)、MステにもバックダンサーとしてではなくジャニーズJr名義でマイクを持って頻繁に出演するようになり、もはやJr.という名を超えて、デビュー組と遜色ない華々しい活躍をしました。

そんな時、彗星の如く現れたのが渋谷すばるさんです。

Mステに初登場したサラサラヘアーの小柄な美少年が、「愛してる 愛してない」を突如アカペラで歌い出した瞬間、ジャニヲタ界に激震が走ったと言われています。

時間にしてたった一分、超絶美少年な上に抜群の歌唱力を持ったその姿は、多くの女性ファンのハートをわしづかみ。

そのMステ出演は、今や伝説となっています。

少女漫画「ラブコン」などでおなじみの中原アヤさんも、この伝説のMステですばるさんに射抜かれたファンの一人で、漫画「ラブ!ラブ!ラブ!」に出てくる男の子が大体すばるさんに似ていたり、漫画に出てくるお店の名前が「スナックすばる」だったり、巻末漫画ですばるさんについて熱く語っています。

“美少年・歌上手い・面白い”で人気はたちまち全国区になり、ジャニファン10人集まれば、半数はすばるファンなんてことも言われていました。

選ばれたJr.しかマイクを持つことができなかった時代、中でもソロで歌うことができるのは実力派かカリスマ的人気を持つ者の特権でした。
その特権を手に入れていたのが滝沢秀明さん、今井翼さん、小原裕貴さん、大野智さん、そして渋谷すばるさんだけでした。

ちなみに黄金期はまずトップが今井翼さん、滝沢秀明さん、渋谷すばるさんの三本柱。

その下に今の嵐である相葉雅紀さん、二宮和也さん、松本潤さん、櫻井翔さん、大野智さん。

渋谷さんの後ろに横山裕さん、村上信五さん、錦戸亮さん。

そして小原裕貴さん、山下智久さん、生田斗真さん、長谷川純さんという構図になっていたということです。

それぐらい渋谷さんの勢いは本当に凄かったそうで、関西ジャニーズという存在を揺るぎないものにしたのも、渋谷さんがいてこそと断言しているファンもいます。

スポンサーリンク

昔右手を隠していた理由も気になる

2000年当初から渋谷さんは右手に手袋をして歌番組などに出演していました。

2001年「プラトニック・セックス」(フジテレビ系)にヒロインの最初の恋人である暴走族の少年を演じ、ここで右手の甲に本物のドクロのタトゥーを入れています。

その後、関ジャニ∞が全国区になるにつれて徐々に消していき、今はほとんど目立たなくなっています。(手袋も外しています)

タトゥーをいれた理由についてはわかりませんが、「本当は後悔している?!タトゥーを徹底検証!!」(ヒューマグループ・アンケート調査)によりますと、男性の2.5%、女性の1.8%がタトゥーを入れているという調査結果がありました。

現在のタトゥーは”おしゃれ”の一環として入れる人が多いようで、その背景には「個性を主張したい」「精神的な支えとしたい」「おしゃれに見られたい」など様々な動機があるようです。

ちなみに入れるのが「和彫り」か「洋彫り」かによって動機が異なり、和彫りの方が自信を求め,洋彫りの方がおしゃれを求めるといった違いがあるとのこと。

衣服や化粧、アクセサリーなど他の一般的な装いと異なり、その日の気分やシチュエーションで変化させることができません。

そのため、他の装いでは得られないものを期待して、より強い動機のもとタトゥーを入れるのだと考えられます。

また、約40%の人達が「タトゥーを入れたことを後悔している」という調査結果もありました。

就職できない職種があったり、病院でMRIを受けるときには注意しないといけないなど、入れるときの覚悟が、年を経てから後悔に変わってしまうという問題があるということです。

渋谷さんの場合も、様々は心境の変化があったと思いますね。

私なりのまとめ

公式ファンクラブ「shubabu」(シュバブ)を設立、 個人レーベル「World art」を立ち上げ、今秋ソロデビューと、これからの動向から目が離せない渋谷すばるさん。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする