孫正義の自宅の住所は?白金台か麻布にあるという噂も

こんにちは2年連続、長者番付1位を飾っていますソフトバンク代表取締役・孫正義さん。

日本経済を支える屈指の経営者として絶大な影響力を持ち、今や無くてはならない存在となっています。

そんな孫さんですが、影響力の象徴として自宅(豪邸)が度々話題になります。

この記事は、孫正義さんの自宅についての内容となっています。

孫正義の自宅の住所は?白金台か麻布なので港区は確実

孫さんの自宅(豪邸)は、東京都港区麻布永坂町1-72と港区白金台にあります。

自宅(麻布)

有名人や資産家が大勢住んでいます「麻布永坂町」に孫さんの自宅はあります。

ちなみに住居表示に関する法律ができてから、港区の古い町名は次々と消滅しましたが、住民に有力者が大勢いて、強固な反対運動をした結果、「麻布永坂町」と隣接する「麻布狸穴町」だけが、住居表示未実施地域となっています。

今時の一軒家では珍しい屋根付きの車寄せがある孫さんの自宅(豪邸)は、敷地面積が推定960坪、延床面積は810坪あるとのことです。

土地購入だけで坪あたり650万円。

築19年の建物も4億3000万円。

それらを合わせて総評価額は、63億8000万円と言われています。

門の右側に守衛室があり、24時間体制で守衛がいます。

孫さんの自宅(豪邸)に対抗できる規模の家はアパホテルの創業家の家ぐらいという噂でした。

ただ、アパホテル創業家の豪邸は庭がないとのことで、総合的に見て孫さんの大御殿に勝てる家は日本にはないということでした。

さすが長者番付2年連続1位に飾っている事もあり、Googlemapも立ち入れないとのことです。

スポンサーリンク

自宅(白金台)

都内屈指の高級住宅地である港区白金台。

三島由紀夫の小説『宴のあと』の舞台になった有名料亭「般若苑」の約7000平方メートルの広大な跡地910坪に建設費60億円をかけて地上4階、地下2階の豪邸を建設。

建設がスタートした2010年当初から、入居者が不明ということもあり、一部住民の間では反対運動が巻き起こっていました。

建設計画によれば、深さ22メートルまで掘り下げられた地下には、ゴルフの打ちっ放し練習場や25メートルプール、ボウリング場まで備えています。

付近の不動産業者によれば「土地代だけで55億円、建設費も含めれば80億円は優に超える物件」ということです。

ただこちらの豪邸は、海外のVIPに向けて物件を斡旋したり、迎賓館のようにその施設を使用しており、これもビジネスチャンスのためということでした。

ちなみに孫さんの唯一の趣味がゴルフだそうです。

地下室にあるゴルフ場は世界10大ゴルフ場のシミュレーションプログラムが入った個人練習場があるそうです。

実際、孫さんの自宅の練習場を訪れたマイクロソフトのビル・ゲイツ氏は、シミュレーションを大いに気に入って自分も導入したと言われています。

何人かでラウンドするゴルフは、お金持ちにとって絶好の社交の場ですから…。

もう一つこちらの豪邸には、巨大な地下核シェルターがあるのでは?という噂もありました。

スポンサーリンク

アメリカの自宅費用が驚愕すぎる

アメリカ・シリコンバレーでも指折りの高級住宅街、ウッドサイドに2012年、1億1750万ドル(約130億円)という米史上1、2を争う高値でイタリア風の豪邸を購入していました。

ちなみに、ウッドサイドは家よりも馬が多い高級住宅街で、どの家も道からは見えません。

住宅取引史上、最高額となったこの物件(約835㎡)は

  • ネオクラシカル様式の邸宅
  • 列柱を配した約103㎡のプールハウス
  • 図書館
  • リトリートハウス
  • プール
  • テニスコート
  • 複数のフォーマルガーデン

等を有しているそうです。

また孫さんの豪邸は、社員も起業家もみな門の外で待たせて警備員が邸宅まで案内し、玄関では別の警備員が出迎え、全員スリッパに履き替えるということです。

私なりのまとめ

3年連続長者番付1位になるか?

次の豪邸建設計画はあるのか?

これからも孫正義さんの動向から目が離せないですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする