壇蜜 バイク(愛車)の車種が判明!キッカケは仮面ライダー?

こんにちは、タレント・女優・執筆活動と幅広く活動の場を広げながら今現在も進化し続けています壇蜜さん。

そんな壇蜜さん、数々のインタビューでプライベートについて、インドア的な発言が多かったのですが、実はバイク女子という意外な一面がありました。

この記事は、壇蜜さんのバイクについての内容となっています。

スポンサーリンク

壇蜜 バイク(愛車)の台数や車種が判明!

  1. SUZUKI BURGMAN200
  2. SUZUKI VanVan200
  3. ホンダ(HONDA) クロスカブ(おそらく50)

3台を所有していました。

SUZUKI BURGMAN200

スクーターをもっと身近なものにできないか、その発想からBURGMAN200は生まれました。
道幅の狭い市街地でも、キビキビ乗りこなせるジャストサイズのボディは2人乗りでもゆったりできます。

ヘルメットが2個入るから週末のレジャー等でも大活躍です。

「バーグマン」とは、スズキが「スカイウェイブ」の海外シリーズに使い続けてきた車名で、

この名称そのままに、日本市場で2014年2月末に発売が開始されたのが、バーグマン200です。

また日常的に高速道路を使うのも、まったく問題ないということです。

SUZUKI VanVan200

バンバン200は1972年のバンバン50の発売から末永く愛されているスズキのロングセラーモデルです。

個性的な極太タイヤがワイルドなのにどこか可愛い、おしゃれなフォルムが唯一無二の特徴で男女問わず人気です。

しかし、2017年からは「EURO4(2016年度版)」の排ガス規制をクリアしていないバイクは生産してはいけない事になり、バンバン200は2016年を最後に生産終了となりました。

苦くも排ガス規制によって生産終了を余儀なくされてしまったバンバン200ですが、これをきっかけに価値が見直され中古価格が高騰していました。

下道でトコトコのんびり走るのに最適ですが、高速道路も乗れます。

とはいえど単気筒・200㏄での高速巡行は大型バイクのようにラクではなく、基本的に左側車線を走るのに尽きますが、追い越しもできるパワーはあるので、あおられることはなくマイペースに楽しめる一台だということでした。

ホンダ(HONDA) クロスカブ

ホンダの代名詞・スーパーカブをベースにアウトドアなスタイルに仕上げたクロスカブ。
おしゃれな外観が特徴で、街乗りでも自然の中でも楽しめるバイクです。

新聞配達のようなイメージで普通のカブにはちょっと抵抗がある人でも、これなら乗りたいと感じる人も多いようです。

また、田舎の農道などを走る機会が多い人だけではなく、自動車でいう街乗り目的でSUVに乗るような感覚で、ルックス重視でクロスカブを市街地中心に乗り回す方など幅広いユーザーから支持されています。

バイクのコンセプトや傾向、スタイリングから昔はリトルカブに乗っていた人が、免許を取得して原付2種へステップアップするバイクとして選ぶケースなどもあります。

ボディーカラーは黒、赤、黄色の3色のみですが、カラーリングによる個性が強いバイクでパステルカラーの赤や黄色もよく売れているそうです。

原付2種ですが、ノーマル状態では1人乗り仕様になっています。

スポンサーリンク

バイクに乗るキッカケは仮面ライダー?

2013年、壇蜜さんのマネジャーが「このままバイクも乗れないまま終わりたくない」と言ったそうです。

それを聞いた壇蜜さんが”仮面ライダーブラック”に憧れていた事もあり、「じゃ~一緒に教習所に行きましょ。」となったのが、キッカケという事でした。

ちなみに東京都練馬区谷原にあります”コヤマドライビングスクール石神井”の教習所に通ったといいます。

楽しくはやく免許が取れ、お洒落な施設が自慢の自動車学校です。

通学に便利な送迎バスも充実しており、練馬駅、中野駅、池袋駅など、多数の駅にアクセスしていました。

愛車には〇〇が4つも入るという衝撃の事実が・・・

壇蜜さんは、バイク的にコンパクトが好きだそうです。

また、心配性で荷物が多くなるため、荷物がいっぱい入るのとかも魅力的といいます。

そんな愛車の”SUZUKI BURGMAN200″はなんとキャベツが4つ入るということでした。

さらに愛車達には、出前でよく見ます岡持ちを付けたいと夢も語っていました。

ちなみに・・・

  • 髪の毛はお下げでメットから出てる
  • 雨の日はピザハットみたいな上赤、下黒の格好

といった出で立ちで、環状7号線や川越街道の交差点辺りに出没しているということでした。

私なりのまとめ

つい最近でも、霜降り明星せいやさんと熱愛疑惑で話題になっていました壇蜜さん。

これからも動向から目が離せないですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする