吉沢亮 昔の写真も超絶イケメン!なのに高校時代全くモテなかったワケとは…?

こんにちは、今や”国宝級イケメン”として絶大な支持を集めています吉沢亮さん。

当然昔もイケメンで、数々のエピソードがありました。

この記事は、吉沢亮さんの昔のエピソードについての内容となっています。

スポンサーリンク

吉沢亮 昔の写真も超絶イケメン!中学時代のモテエピソードが凄すぎる

「吉沢亮ってなんであんなイケメンなの?」
「吉沢亮の美しさって、何ていうか耽美的で他のイケメン俳優さん達とは一線を画している。すごい。。」

など、日本中で”イケメン=吉沢亮”といった考えになっていると思います。

さらに、雑誌「ViVi」の読者投票による恒例企画「ViVi国宝級イケメンランキング」で、これまでランキング常連であり、「2018年下半期ViVi国宝級イケメンランキング」で首位を獲得した吉沢さんが、ついに「2019年上半期ViVi国宝級イケメンランキング」で殿堂入りを果たし大きな話題となりました。

まさにイケメン界のトップに君臨ですね。

勿論、今に始まったことではなく、昔から超絶イケメンだったという事です。

5月17日の『あさイチ』(NHK総合)に出演した際

  • 「中学のときは人生の一番のモテ期で、めちゃくちゃモテたんですよ」
  • 「学年の3分の1から告白されました」

と驚愕のモテっぷりを明かしていました。

中学生時代にはバスケットボール部に所属しており、キャプテンだったといいます。

他にも目立ちたがり屋な性格のため、バスケ部の部長、体育祭では応援団長、合唱コンクールでも一際頑張っていたということで、モテないわけがないですね。m(_ _)m

また、中学に入って2日目にはよく知らない女の子から告白。

その後も何度も続き、最終的には13人にの女の子に告白されたということです。

結果、母親が応募した「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で応募者31514名の中からRight-on賞を受賞し芸能界へ。

親友の母親曰く…

「亮はたしかにモテてました。その頃からきれいな、澄んだ目をしていた。でも本人はあまりその気がなかったのか、男子ばかりで毎日のように遊んでましたね。最近は忙しくてなかなか会えないけど、みんな今でもとっても仲がいいんです。亮がこんなに人気になって、嬉しくて嬉しくて」

と週刊誌の取材に応えていました。

スポンサーリンク

高校では全くモテない?そのワケとは

そんなイケイケの中学時代を送っていましたが、高校進学で状況が一変。

「高校に入ってから、一切モテなくなって…。男からも女の子からも声をかけてもらえないみたいな、孤独な高校生活を送ってましたね」

ということでした。(´・ω・`)

その真相については…

「中学時代の友達が一人もいない高校にいて、僕の人見知りが発揮しちゃって…」と、高校では告白されることもなかったと『あさイチ』(NHK総合)で明かしていました。

それ以来、吉沢さんは事あるごとに”モテないです。”を強調していました。

更には「どうしたらモテるんですかね? わからないから誰かに教えてもらいたいんですけど……」ということまで言っています。

2015年の21歳の誕生日には「まず、人見知りと引っ込み思案なところを変えていくことからですかね。どうしたらいいかわからないですけど……今年はがんばってモテる男になります(笑)。」と初々しく宣言していました。

あれから4年の歳月が経ち今では…「なんでそんなカッコいいんですか?」と質問が飛ぶと「遺伝ですかね? でも男4人兄弟で、僕だけなんですよ。ちょっとカッコいいのは」。

そして「一部では国宝級イケメンと呼ばれているが」という質問には「そうなりますよね」と全く否定しないうえ「カッコよくなる秘訣」について聞かれると「ちゃんと食べて寝る。ハイ!」と答えるようになっています。

流石イケメン界のトップに君臨していることだけの事はありますね。m(_ _)m

スポンサーリンク

【昔~現在】ファンが選ぶドラマや映画で演じた好きな役ベスト20を紹介

ちなみに2009年の芸能界デビューから10年を迎えその間、数々の役(イケメン)を演じて多くのファンを魅了してやまない吉沢亮さんですが、2018年8月にモデルプレスが「吉沢亮が演じた中で一番好きな役は?」をテーマにWEBアンケートを実施しトップ20を発表しています。

1位:映画「銀魂」沖田総悟 役(2017年7月公開)

2位:ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」朔田流星/仮面ライダーメテオ 役(2011年9月~2012年8月テレビ朝日系)

3位:映画「斉木楠雄のΨ難」海藤瞬 役(2017年10月公開)

4位:ドラマ&映画「トモダチゲーム」片切友一 役(2017年tvkほか全国8局)

5位:映画「ママレード・ボーイ」松浦遊 役(2018年4月公開)

6位:ドラマ「ロストデイズ」高野ナツ 役(2014年フジテレビ系)

7位:ドラマ「水球ヤンキース」加東慎介 役(2014年フジテレビ系)

8位:映画「リバーズ・エッジ」山田一郎 役(2018年2月公開)

9位:映画「オオカミ少女と黒王子」日下部憂 役(2016年5月公開)

10位:ドラマ「ぼくは麻理のなか」小森功 役(2017年FODオリジナル)

スポンサーリンク

11位:ドラマ「サバイバル・ウェディング」柏木祐一 役(2018年日本テレビ)

12位:映画「アオハライド」小湊亜耶 役(2014年12月公開)

13位:ドラマ「ぶっせん」田村正助 役(2013年TBS系)

13位:映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」君嶋祐一 役(2013年12月公開)

15位:映画「猫は抱くもの」良男 役(2018年6月公開)

16位:映画「男子高校生の日常」ヒデノリ 役(2013年10月公開)

17位:ドラマ「GIVER 復讐の贈与者」義波 役(2018年テレビ東京)

18位:ドラマ「オトナ女子」前川亮介 役(2015年フジテレビ系)

19位:ドラマ「地獄先生ぬ~べ~」木村克也 役(2014年日本テレビ)

20位:映画「レオン」一条徹 役(2018年2月公開)

という結果となっていますが、今ならNHK連続テレビ小説「なつぞら」の山田天陽 役と「キングダム」(2019年4月公開)の漂/エイ政 二役も上位にランキングしていると思いますね。(笑)

私なりのまとめ

昨年は映画8本と連ドラ2本出演でブレイクNo1俳優として注目されました吉沢亮さん。

今年はさらに、朝ドラとキングダム出演で2019年の顔となること間違いなしですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする