ロビー・クルーズ【VfLボーフム】経歴プロフまとめ!日本代表にとって驚異のプレーとは

こんにちは、ワールドカップ最終予選第3戦、対イラク戦はもうヒヤヒヤものでしたが、なんとかかんとか勝利を収めこれで2勝1敗ということですね(苦笑)

さて次の第4戦、対オーストラリア戦ですね、しかもアウェーでの戦いです。

オーストラリアは昨年のアジアカップのチャンピオンです。

日本代表は準々決勝で敗退です。

最新FIFAランキングでオーストラリア45位、日本代表は56位と明らかに日本代表にとっては不利な状況ですね(苦笑)

ですから、この前のイラク戦のような戦いだと確実にオーストラリアにやられると思います。

これは監督はじめ、選手の方々が一番わかっていると思うので、応援するしかないですね!

記事は、オーストラリア代表にとって欠かせない存在、日本代表にとっては要注意人物、ロビー・クルーズ選手についての内容となっています。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

ロビー・クルーズ選手のプロフィール

本名:ロビー・トーマス・クルーズ

愛称:ロビー

生年月日:1988年10月5日

年齢:28歳

出身地:オーストラリア・クイーンズランド州・ブリスベン

身長:179cm

体重:72kg

利き足:右

ポジション:FW、MF

所属チーム:バイエル04レバークーゼン

ユース時代

ユース時代からその才能を高く評価され、16歳時(2004年~2005年)には、クイーンズランド州スポーツ専門学校でサッカーを1から指導され、その後18歳まで(2005年 ~2006年)FFA Centre of Excellenceに在籍、これは日本でいいますと、Jヴィレッジのようなナショナルトレセン機構と同じで、オーストラリアサッカー協会が人選し、有望な若手の人材育成機構ということです。

ここにロビー・クルーズ選手が在籍していたことを考えますと、当然その才能には目を見張るものがあったということですね!

プロ時代

a%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b0出典元:http://ja.ifaf.asia

オーストラリアのプロリーグ、Aリーグは2004年に設立され、オーストラリア各地から9クラブ、ニュージーランドから1クラブが参加しており以前、元日本代表のレジェンド小野伸二選手や、元イタリア代表でスーパースターのデル・ピエーロ選手などが参加するなど、世界からも注目されていますリーグです。

%e5%b0%8f%e9%87%8e%e4%bc%b8%e4%ba%8c%e3%83%87%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%94%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%ad出典元:http://www.afpbb.com

2007年、ブリスベン・ロアーFCでプロデビューを飾りました。

%e3%83%96%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%ad%e3%82%a2%e3%83%bcfc出典元:http://www.corazonshop.com

ブリスベン・ロアーFCはクイーンズランド州の州都ブリスベンをホームタウンとするサッカークラブでロビー・クルーズ選手にとっては、地元のチームということで、一番プレーしたかったチームではないでしょうか(笑)

デビュー戦を飾った年は、リーグ戦(全27試合)17試合に出場し4得点と大活躍しました。

その後監督とのトラブルなどで、試合の出場数が激減した為、2009年、メルボルン・ビクトリーFCに移籍。

スポンサーリンク

メルボルン・ビクトリー・フットボール・クラブは、オーストラリアの都市メルボルンをホームタウンとするチームです。

%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%ba出典元:http://footballintheworld.seesaa.net

メルボルン・ビクトリーFCでは、水を得た魚のような大活躍でオーストラリアを代表するストライカーへ成長し、移籍した年の2009~2010シーズンでは、チームを2位の順位でAFCアジアチャンピオンリーグ出場に大きく貢献します。

2011年、ドイツのブンデスリーガ2部、フォルトゥナ・デュッセルドルフに移籍。

ドイツのブンデスリーガは世界一の健全経営を誇るリーグと言われておりここ最近では、バイエルン・ミュンヘンなど、チャンピオンズリーグでの活躍がめざましく、その功績が認められブンデスリーガは、UEFA(欧州サッカー連盟)のリーグランキングでイングランドのプレミアリーグを抜いて2位になると言われています。ちなみに、1位はスペイン・リーガエスパニョーラです。

%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ab%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%8a%e3%83%bb%e3%83%87%e3%83%a5%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%89%e3%83%ab%e3%83%95出典元:http://www.bundesliga.com

フォルトゥナ・デュッセルドルフは、もともとドイツ国内の主要都市のクラブでもあり、2006 FIFAワールドカップドイツ大会後のブンデスリーガの人気上昇とともにチームも勢いを取り戻しつつあることから、2部でありながら3万人以上の観客を集める人気クラブということです。

%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%842%e9%83%a8%e3%83%ad%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%ba出典元:http://www.goal.com

ロビー・クルーズ選手が移籍してきた、2011~2012シーズンにはヘルタ・ベルリンとのプレーオフを制して1996-1997シーズン以来、15年ぶりのブンデスリーガ1部復帰に貢献しました。

しかし、1年で2部降格。

そして2013年、バイエル04レバークーゼンに移籍。

%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%ab04%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%bc%e3%82%bc%e3%83%b3出典元:https://en.wikipedia.org

バイエル04レバークーゼンは、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州レバークーゼンを本拠地とするサッカークラブでバイエル・レバークーゼンとも呼ばれています。

歴史も長く古豪チームではありますが、リーグタイトルを手にしたことはありません。

%e3%83%9f%e3%83%92%e3%83%a3%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%90%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af出典元:http://blog.goo.ne.jp

2002年には私も大好きだった選手、元ドイツ代表で伝説のキャプテン、ミヒャエル・バラック選手の活躍で、UEFAチャンピオンズリーグ、ブンデスリーガ、ドイツカップをあと一歩のところで逃し、全て準優勝に終わるという「準三冠」(シルバーコレクター)を達成した記憶は今でも鮮明に覚えていますね(笑)

ロビー・クルーズ選手は、なかなか出場機会に恵まれないことからVfBシュトゥットガルトに期限付き移籍(2015年 ~2016年2月)するなどがありましたが、現在はレバークーゼンに復帰されて、DFBポカール(国内サッカーカップ戦)で1試合に出場されています。

🔴⚫️👌⚽️

Robbie Kruseさん(@_robbiekruse23_)が投稿した写真 –

2017年1月に中国超級リーグの遼寧宏運へ完全移籍します。

2017年5月には遼寧宏運が約束された給与を支払わなかったことで退団。

アジア枠の廃止の影響もあり、出場機会を作れず、わずか4試合0得点3アシストをマーク。

2017年7月21日にドイツ・ブンデスリーガ2部のVfLボーフムへ完全移籍となっています。

スポンサーリンク

代表

もちろん、U-17オーストラリア代表、U-20オーストラリア代表にも選出され活躍されています。

Aリーグでの活躍がみとめられ、2010年にAFCアジアカップ2011のオーストラリア代表に初招集されました。

翌年の1月5日、アジアカップに向けた親善試合の対UAE戦で代表デビューを飾りました。

AFCアジアカップ2011決勝ーナメント準決勝で初得点を決めるなど、その才能を遺憾なく発揮し、オーストラリア代表準優勝に大きく貢献。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e4%bb%a3%e8%a1%a81出典元:http://freefootball.wp-x.jp

優勝はもちろん記憶に新しい日本でしたね(笑)


2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選のオマーン戦では、背番号10をつけてプレーするなど、オーストラリア代表にとっては欠かせない存在になっていました。


しかし2014年1月に、左膝前十字靱帯を断裂する怪我を負ってしまいワールドカップ本大会の出場は出来ませんでした。

ですから今回の2018 FIFAワールドカップ出場には、並々ならぬ決意があると思います!

その後怪我から回復しAFCアジアカップ2015では、開催地オーストラリアの地元優勝に大きく貢献しています。


今回の最終予選でもチームの中心選手として、日本代表の前に立ちはだかるのは言うまでもないですね。

日本代表にとって驚異のプレーとは

ロビー・クルーズ選手は攻撃的な選手で、大柄な上にスピードがあり俊敏性もあり、非常に広く動ける選手で飛び出しも上手い、また前で潰れることもできるという非常にユーティリティーなアタッカーです。

また、テクニックやドリブルもうまく、得点力もある攻撃力がハンパないということです!!

ロビー・クルーズ選手の動画です。

ただフィジカルに少し問題があるということが、唯一の弱点といったら弱点でしょうか。

この辺りはもう日本代表も研究済みだと思いますが、ディフェンダーとボランチが常にロビー・クルーズ選手の位置を確認し、まずはフリーにさせない事が賢明だと思います。

しかしこわいですね~ 汗

私なりのまとめ!

ロビー・クルーズ選手のプロフィール

代表戦もそうなんですが、ブンデスリーガでも香川真司選手や酒井高徳選手、宇佐美貴史選手等との戦いにもこれから注目したいと思います。

日本代表にとって驚異のプレーとは

攻撃力がハンパない上に、ロビー・クルーズ選手以外にもオーストラリア代表には、素晴らしい選手がたくさんおり、特に絶対的なエース、ティム・ケーヒル選手の存在も不気味です。

心配したらキリがないですね(苦笑)

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
アーメド・カリルの経歴wiki!日本代表が警戒すべきプレーとは?

ファハド・アル=ムワッラド、経歴プロフまとめ!日本代表が注意すべきプレーとは?

チャナティプ・ソングラシン経歴プロフまとめ!なぜタイのメッシと言われているのか?

アハメド・ヤシンwikiプロフまとめ!日本代表が注意すべきこととは?

スポンサーリンク

関連記事はこちら



コメントを残す

*