ファハド・アル=ムワッラド、経歴プロフまとめ!日本代表が注意すべきプレーとは?

こんにちは、いよいよ11月15日に2018ワールドカップアジア最終予選第5戦、VSサウジアラビア代表との戦いがあります。

現在グループBの首位を走っていますサウジアラビア代表、強いのはもちろん、非常に個々のレベルが高い洗礼されたチームだと思いますね!

オーストラリア代表とはまた違った強さを兼ね備えた、非常に怖いチームの印象がありますね。

私的にはサウジアラビア代表のイメージといったら、中東特有の鋭いカウンターではなく、1994年のワールドカップでサイード・オワイラン選手がドリブルで4人を抜き去りシュートを決めた伝説のシーンに代表されるとおり、選手個々の力が非常にあり、少しアルゼンチン代表と似た戦い方をするイメージがありますね。

そんな選手個々の能力が高いチームの中で、チーム最年少で招集されています。

ファハド・アル=ムワッラド選手に私は注目しています。

おそらくこれからのサウジアラビア代表の中心的な存在になるのはまちがいないと思っています。

日本代表にとっても驚異的な存在になるでしょう!

記事はファハド・アル=ムワッラド選手の経歴やプレースタイルについての内容となっています。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

ファハド・アル=ムワッラド選手のプロフィール

本名:ファハド・ムサーイド・アル=ムワッラド

生年月日:1994年9月14日

年齢:22歳

出身地:サウジアラビアマッカ州ジッダ

身長:167cm

体重:59kg

職業:サウジアラビアのプロサッカー選手

所属クラブ:アル・イテハド

ポジション:FW、MF

利き足:右

東アフリカにルーツを持つファハド・アル=ムワッラド選手、2011年に17歳でサウジ・プロフェッショナルリーグに所属の強豪チーム、アル・イテハドでプロのキャリアをスタートさせました。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%8f%e3%83%89%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%ab%ef%bc%9d%e3%83%a0%e3%83%af%e3%83%83%e3%83%a9%e3%83%892出典元:http://world-football-young-stars-talents.doorblog.jp

ちなみに、サウジ・プロフェッショナルリーグは、1976年にサウジ・プレミアリーグとして創設され、2007年にサウジ・プロフェッショナルリーグに名称変更。

現在は、アブドゥッラティーフ・ジャミール・グループがスポンサーとなっていることもあり、アブドゥッラティーフ・ジャミール・リーグとも呼ばれています。

%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%82%b8%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b0出典元:http://ameblo.jp

欧州主要リーグと同じで8月開幕、翌年5月終了となっています。

参加チームは14チームで、優勝チーム、2位及びサウジ・チャンピオンズカップ優勝チームにはAFCチャンピオンズリーグ出場権が、リーグ3位チームにはAFCチャンピオンズリーグプレーオフ出場権が与えられます。

下位2チームはサウジ・ファーストディヴィジョンリーグに降格します。

なお、サウジ・ファーストディヴィジョンリーグは16チームが参加しています。

ファハド・アル=ムワッラド選手が所属されています。

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%8f%e3%83%89出典元:https://twitter.com

アル・イテハドはサウジアラビアの都市ジッダをホームタウンとしており、サウジ・プロフェッショナルリーグ8回の優勝を誇る強豪チームで、AFCアジアチャンピオンズリーグを2004年、2005年優勝、2009年準優勝の実績がある強豪の中の強豪チームなんですね(笑)

所属選手もスゴイです!

私は知らなかったのですが、ガーナ代表MFのサリー・ムンタリ選手が所属されているのにはビックリしました^^

現在(2016年11月6日付)、チームはリーグ戦首位となっています。

詳しくはココで~す!

ファハド・アル=ムワッラド選手は2011年のFIFA U-20ワールドカップに出場し、クロアチア戦でゴールを決めるなど、チームのベスト16に貢献。

2012年、リーグ戦21試合に出場し7得点とさらにその才能を開花させました。

その活躍が認められ、2013年にフル代表に招集され現在までキャップ数28で、もうすでに主力選手として活躍されています。

もちろん所属クラブでも主力選手として大活躍ですね^^

記憶に新しい所でいいますと、AFC U23選手権では、10番をつけサウジアラビア代表のエースとしてU23日本代表と戦っています。


スポンサーリンク

日本代表が注意すべきプレーとは

FIFAランキング10月20日付けでは日本51位、サウジアラビア54位となっており実力的には変わらないと思いますね。

2010年南アフリカワールドカップで、オランダを準優勝に導いた名将、ベルト・ファン・マルワイク監督が2015年8月からサウジアラビア代表を指揮され、チームをより洗礼されたチームへと変革されています。

%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%af%e3%82%a4%e3%82%af出典元:http://matome.naver.jp

その証拠といいますか、10月に日本代表が敗けた相手、UAEに3-0の圧勝ですね。

その先制点を決めたのが、ファハド・アル=ムワッラド選手なんですね(笑)

プレースタイルは、個人技とスピードに定評があると言われています、この先制点となる一撃!スゴイです。

サウジアラビア対UAE戦の動画です!

日本代表が注意すべきことは、やはりペナルティーエリア付近ではファハド・アル=ムワッラド選手を決してフリーにさせない事だと思いますね。

その辺りは研究済みだと思いますが、ゴールキーパー含め、ディフェンスとボランチで常にファハド・アル=ムワッラド選手の位置確認をする事が大前提となると思います!

私なりのまとめ!

ファハド・アル=ムワッラド選手のプロフィール

これからさらに、サウジアラビア代表の中心的選手として、日本代表の前に立ち塞がる存在になるのはまちがいないと思いますね(苦笑)

日本代表が注意すべきプレーとは

おそらく日本代表も研究済みだと思うので、ファハド・アル=ムワッラド選手の動きは封じてくれるでしょう・・・ただ他の選手も実力者揃いですのでやっぱり怖いです。汗

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
アーメド・カリルの経歴wiki!日本代表が警戒すべきプレーとは?

ロビー・クルーズ【レバークーゼン】経歴プロフまとめ!日本代表にとって驚異のプレーとは

アハメド・ヤシンwikiプロフまとめ!日本代表が注意すべきこととは?

チャナティプ・ソングラシン経歴プロフまとめ!なぜタイのメッシと言われているのか?

スポンサーリンク

関連記事はこちら



コメントを残す

*