【獣医師】塩田眞のwikiプロフ!経歴や出身大学・年収などを調べてみた!

こんにちは、1月30日(月)19時30分から放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」に塩田眞さんが出演されます。

犬や猫、今や切っても切れない間柄となっていますね~(笑)

多くの人が日常生活に癒やしを求めたり、寂しい生活を充実した生活に変えるためなど理由はともあれ、無くてはならない存在にもなっています。

そうやって需要を伸ばしてきたペット達ですが、需要を伸ばすにつれて問題も大きくなり、社会問題化しているのは否めないですね。

ペットの病気やケガの問題もその1つだと思います。

そういった問題に真摯に向き合って来られたのが、塩田眞さんだと思います。

私も以前は犬を飼っていたので、番組を通して勉強させてもらいたいと思います。

記事は、塩田眞さんの経歴や年収についての内容となっています。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

塩田眞(しおだ まこと)さんのプロフィール

愛称:ポッポさん、ポッポ先生

生年月日:1947年8月

年齢:69歳

出身地:東京都

学歴:バングラディシュ農科大学獣医学部

職業: 獣医師、社長兼動物救急部所長

事務所:エフアンドエス有限会社塩田動物病院

出典元:http://www.takayasu-sakura.com

1967年、塩田眞さんの父親で初代院長塩田清郷氏(平成17年8月17日病気のため逝去、享年92歳)によって荻窪で塩田動物病院を開業。

父親の影響と塩田眞さんは流れと言われています(笑)

その流れで獣医師をめざすことに、1968年に日大の獣医学科に入学。

しかし学生紛争が盛んな時期で授業が受けられず退学しました。

大学

一念発起してバングラディシュ農科大学獣医学部(現シェレバングラ農科大学)に進学します。

出典元:http://www.kaze-travel.co.jp

出典元:https://agricultureandfarming.wordpress.com

シェレバングラ農科大学はバングラデシュ人民共和国(人口1億5,940万人)の首都ダッカに設置された南アジアで最も古い農業研究機関と言われています。

1938年12月11日にベンガル農業研究所として設立され、後の2001年に大学へ昇格しています。

ただ、テキサスA&M大学と100%同じカリキュラムということで、テキサスA&M大学のレベルはといいますと、サイトQS世界大学専攻分野別ランキング2015-獣医学コース-によりますと、世界で第6位ということで、非常にレベルは高い学校だと思います。

塩田眞さんも仰ってますが、200人ほど入学して、卒業出来たのはたったの18人と、とにかく厳しい学校だったということです。

大学を出るまでにウシやゾウ、ヤギなど1000頭近い手術を行い、ウシの狂犬病、犬の狂犬病など伝染病も多く診てきおり、唯一、診るのを拒んだのは炭疽菌に侵されたウシぐらいということでした。

ちなみに炭疽菌です・・・汗

この大学で鍛えられたことが、後のさまざまな分野に取り組もことが出来たといいます。

また、アメリカでは、獣医師になるために、学問だけでなく子どもの頃に動物に接した経験があるかどうかも問われるということです。

日本の大学はといいますと、実験動物を使わずに、ぬいぐるみを使うところがあり、犬や猫を実際に触ったこともない、飼ったこともない、成績だけで学生を入学させてしまう、日本の大学について嘆いていました。

帰国後30歳で日本の獣医師免許を取得したということですが、これにも紆余曲折あったみたいで、英語で学んできたせいで日本語の医学用語が分からないというハプニングなんですかね(苦笑)

結局日本の大学に籍を置き、もう一度日本語で勉強し直し国家試験はすぐにパスしたそうなのですが、教授から大学に残るように言われ、6年半も大学にいたという紆余曲折でした!

その後、父親から跡を継ぎ、日本の動物医療の向上のために心血を注いできたのは言うまでもないですm(_ _)m

塩田眞さんといったら、動物病院の夜間救急を始められたパイオニアですね。

30年程前に当時まだ28万円もした携帯電話で、飼い主さんの緊急の電話に応える、ということをしていたそうなのですが、その電話が鳴り止むことがないくらい相談が多かったそうです。

その時に、夜間救急を始めないといけないと強く感じた為、2001年から夜間救急を始め、現在も午後8時から午前3時まで電話を受け付ける体制で行っているということなのですが、実際は午前3時までといっても午前4時30分ぐらいまでは稼働しており、ずっと仮眠しかしていない生活ということです。

根性というか・・・ここまでの熱意に大変尊敬します。

そしてもう一つ、動物の医療保険制度の設立に携わっておられということです。

動物の医療保険が必要と言っていた塩田眞さんに、現アニコム損害保険株式会社代表取締役社長の小森伸昭氏が「自分が作ります。」というところから始まったそうです。

出典元:http://case.dreamgate.gr.jp

小森伸昭氏も大のペット好きということです・・・

しかし簡単にできることではなく、保険会社の免許を取得するためには、内閣総理大臣の認可が必要で、資本金 10 億円以上の企業規模、社内体制、保険の募集体制、経営層、商品知識、そして対応がスムーズかどうかなど、細かいところまでチェックが入り、これらの条件をクリアして、2008 年から営業を開始ということで、現在は一部上場するほどの規模だということです。

出典元:http://www.a-one-net.com

ちなみに、アニコムの名称は塩田眞さんが名付け親だそうです^^

そして塩田眞さんは、若い獣医師をたくさん育てておられることも特質すべきですね(笑)

このような熱い人なので、コミュニケーション能力が非常に高く、獣医学の枠に留まらずにいろんな分野の人達(海外も含めて)と、言語学から人類学、動物学、そして生命論の話になったり、電化製品の試作機を、ここで初めて起動してみたりと面白おかしくコミュニケーションを積極的にとられているので、もちろんファンも多いのではないでしょうか(^o^)


スポンサーリンク

塩田眞さんが24歳の時に満江さんとバングラデシュで出会い結婚されています。

そして満江さんはなんと、筑波学院大学の名誉教授ということです。

さらに、塩田眞さんに対しては「やりたければやればいい、どうしようもなくなったら助ける」というなんとも頼もしいお考えをもっていらっしゃいますm(_ _)m

子供

子供さんに関しては情報がなかったのですが・・・いてもおかしくないですね!

なんならお孫さんがいてもいい状況だと思います。

年収

診察料を高く取りたくないためやや赤字だということです(苦笑)

サイト平均年収.jpでは、ここ数年の平均年収推移は553万円~656万円となっており、

獣医師の年収の平均は、616万円ということです。

月収が約40万円です。

しかしこれは、勤務医ということで、塩田眞さんのように開業医になると、サイト獣医のペット病院ウラ話では、大体500~2000万円くらいということです。

塩田眞さんぐらいになると、2000万円はあるのではないかと思います。

私なりのまとめ!

塩田眞(しおだ まこと)さんのプロフィール

これからもペットの社会問題は大きくなっていくと思いますので、私自身も今回の番組やこれから塩田眞さんが出演されます、TVや雑誌などにも注目して勉強させて貰おうと思っています。

年収

調べてみますと、獣医師は結構年収が低く、重労働だと言われています。

やはりこういったところにも塩田眞さんの力が必要になってくるのでは?と思いました。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事はこちら



コメントを残す

*