おしどりマコちゃんの経歴プロフ!年齢や本名、学歴や原発取材をするきっかけを調査

こんにちは、2月5日(日)24時55分から放送の「NNNドキュメント」に、おしどりマコちゃんが出演されます。

NNNドキュメントは、私はよく見ていて、数々の社会問題を深く掘り下げ視聴者に問題定義を問う番組だと思いますね。

しかし、問題が問題だけに重く受け止めてしまうので、月曜の朝はスッキリしないのが現状です(苦笑)

そして今回も原発の問題ということで、非常に勉強になると思いますが、かなりインパクトのある内容かと思いますね ^^;

ただそこに、お笑いのおしどりさんが関わっていらっしゃることは全く知りませんでした。

夫婦漫才で注目されているのは知っていたのですが・・・そこが今回の番組の狙いなのかもですね!

また今回も勉強ですね~!

記事は、おしどりでネタも作っていらっしゃるマコちゃんの経歴や原発取材に至ったきっかけなどの内容となっています。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

マコちゃんのプロフィール

本名:吉岡 雅子(よしおか まさこ)

旧姓:衣笠 雅子(きぬがさ まさこ)

生年月日:1975年4月8日

年齢:41歳

出身地:兵庫県神戸市

血液型:A型

身長:169cm

体重:54kg

学歴:兵庫県立長田高校→鳥取大学医学部生命科学科中退

職業:お笑い芸人、コンビ(おしどり)

事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

特技:歌伴奏、アコーディオン流し、速読

出典元:http://xn--vekz44h87dxrcq0xxv2d.com

研究者を目指し鳥取大医学部生命科学科で遺伝子工学を学んでいたマコちゃんですが、1995年の阪神淡路大震災で急遽帰省し故郷の悲惨な状況を目の当たり・・・

避難所では、お年寄りが死にたいと嘆いていたり、虚無感に襲われた人達の姿を見て、人を笑かす仕事がしたいと強烈に思った事が芸人になる動機だったといいます。

1997年大学は休学(その後中退)され、チンドン屋の親方に弟子入りします。

スポンサーリンク

チンドン屋ではアコーディオンを担当。

海外公演を経験後に独立しアコーディオン弾き語りを始めます。

生活費のため路上でアコーディオンの流しを始めたところ、やがて100人を超える観衆を集める話芸が注目され、芸能事務所にスカウトされたということなんですね。

学校を休学され芸人の道に進むための行動力はハンパないですm(_ _)m

今に通じるところがありありですね(笑)

マコメロまたは衣笠雅子名義で活動され、多くのイベントやライブなどに出演されています。

また2003年のR-1ぐらんぷりでは準決勝まで進出されています。

そして運命の出会いですかね^^

出典元:http://www.kodomoryugaku-matsumoto.net

2003年にお祭りの仕事の際に楽屋でパントマイムをしていたケン(当時はケンパルとして活動)さんと出会います。

そこでケンさんがマコちゃんに一目惚れをして、出会って一週間後にスピード結婚、同時に「おしどり」としての活動も始めます。

ケンさんのプロフィール

本名:吉岡 賢治(よしおか けんじ)

旧芸名:ケンパル

生年月日:1969年7月7日

年齢:47歳

出身地:大阪府大阪市

血液型:B型

身長:170cm

体重:59kg

職業:お笑い芸人、コンビ(おしどり)

事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

趣味:銭湯、歌舞伎、テクノ、David Bowie、マクロビオティック、ぬか漬け、針金

特技:パントマイム、ワイヤーアート、テルミン

スポンサーリンク

おしどりの芸風は音曲漫才で、ツッコミであるマコさんのアコーディオン演奏に合わせて、ケンさんがボケながら針金アートを披露するというスタイルです。

2003年、M-1グランプリ準決勝進出を皮切りに、あらびき団(TBS系)、爆笑レッドカーペット(フジテレビ)に出演され話題になります。

おしどりのネタ動画です。

この頃から、私はおしどりを知ることになったのですね。

そして、上方演芸ホール(NHK総合)や5時に夢中!(TOKYO MX)や快傑えみちゃんねる(関西テレビ)など現在も多くのTV出演をされています。

もちろん、ライブの方も積極的に活動されています。

また意外だったのが、CM作製で現代アートのコンクール、六甲ミーツアートに入選で一般投票審査で2位を獲得されたということで、ビックリです!

このCM作製も、おしどりのネタもマコちゃんが考えているということで、さすが国立大学の医学部に在籍されていた才能は、ダテじゃないです(笑)

ちなみに子供さんの情報がないので、子供さんはいないのでは?と思いますね。

原発取材をするきっかけ

今やおしどりマコちゃんと言ったら、原発取材で大注目されています。

やはり報道されていない部分もありますので、私は知らなかったですm(_ _)m

スポンサーリンク

原発取材に走らせたきっかけについては、2011年に大阪よしもとから東京吉本に移籍してこれからという時に、東日本大震災と福島第一原発事故が発生。

出演する劇場の楽屋では、タレントが東京から次々逃げている。劇場に出ている先輩の子たちも東京にいないなどの話で持ちきりだったといいます。

そしてその劇場では、ファンの子どもたちを集めているという矛盾した実情にやるせない気持ちから、舞台上では決して言えない「東京は危ない。逃げられる人は逃げたほうがいい」ということを記事にしてプレゼントと一緒に渡すことを決意。

記事を書くなら、しっかりした一次情報を取ろうと思いインターネットで東京電力のライブ中継の内容を、一字一句書き起こしていた際、突っ込んだ質問をする記者は黙殺されて、あたりさわりのない質問をする記者だけがよく当たる現状と、会見で出てきた都合の悪い情報はテレビに全然流されないことを知ったそうです。

記者会見に行って、「私たちが聞きたいんです」と言い返してやろうという気持ちになったのがきっかけということです。

あれから5年以上が経ち、今や各マスコミにも引っ張りだこ状態ですね。

私なりのまとめ!

マコちゃんのプロフィール

どうしても原発取材の印象が大きくなってしまいますが、私的にはバラエティー番組でのおしどりの芸をまた見てみたいですね(笑)

原発取材をするきっかけ

しかしこの福島原発事故は、これからも大きな社会問題として取り上げられていくので、まだまだ原発取材の活動に注目が集まると思いました。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事はこちら



コメントを残す

*