ちばてつやとくまモンの関係に泣ける!娘誘拐の真実とは?

こんにちは、3月30日(木)24時58分から放送の「ゴロウ・デラックス」に漫画家ちばてつやさんが出演されます。

ちばてつやさんといったら「あしたのジョー」ですね。(笑)

リアルタイムの世代ではありませんが、やはり心に響いた作品で私の人生に欠かせない1冊となっています。

後は「おれは鉄兵」も好きですね。

ちばてつやさんの世界観が好きで、主人公が成り上がっていくストーリーかなと思ったら決してハッピーエンドでは無く、読者に人生観を考えさせるという、ちばてつやさんならではの物語に人生ごと浸ってしまっている感じですね。

今だにあしたのジョーのことを考えてしまう瞬間がありますからね。(苦笑)

・・と熱くなってしまいましたが・・

ちばてつやさんについてはあまり知らないです m(_ _)m

記事は、ちばてつやさんとくまもんの関係や娘さんについての内容となっています。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

ちばてつやさんのプロフィール

本名:千葉 徹彌

愛称:千葉てつや

生年月日:1939年1月11日

年齢:78歳

出身地:東京都

血液型:O型

学歴:日本大学第一高等学校卒業

職業:漫画家、日本漫画家協会理事長

事務所:有限会社ちばてつやプロダクション

ちばてつやとくまモンの関係に泣ける

2016年4月に熊本地震が発生。

漫画家森田拳次さんから、「我々マンガ家も何か応援しなくては」とちばてつやさんの所にFAXが来たのがきっかけで熊本県のマスコットキャラ「くまモン」の絵で応援しようという動きが始まります。

この動きにボクシング漫画「はじめの一歩」の作者、森川ジョージさんはじめ著名な漫画家らが自身の漫画のキャラクターと共に描いたり、一般の人が避難所で役立つ知識を描いたりと多くの人が賛同するようになります。

それに対して泣けたというコメントが多くあがっています!

絵描きは絵を描いて、それを見た人の心を動かすのが仕事

こういうのは嫌いじゃない

泣いた

いや~すごいですね。

何がすごいかといいますと東日本大震災でもそうですが漫画家の方達の支援に対する反応の早さや活動には毎回感心させられますね。

その時だけではなく現在も、ちばてつやさんや多くの漫画家の支援活動はずっと続けていますからすばらしい事ですね。


スポンサーリンク

娘誘拐の真実とは?

調べてみますと、ちばてつやさんの娘さんは誘拐されていませんでした!

梶原一騎さんの娘さんと間違っていると思いますね。

1968年(昭和43年)1月1日号の「週刊少年マガジン」に連載されると瞬く間に人気漫画となり、キャラクターに対する社会現象にまで発展。

発行部数2000万部を超え現在でも多くの人に影響を与えています。

そのあしたのジョーの原作者が梶原一騎さん(1936年9月4日~1987年1月21日享年50歳)です。

出典元:https://matome.naver.jp

あしたのジョーの他に巨人の星やタイガーマスクなどは有名です。

梶原一騎さんは台湾の有名タレント、白冰冰(パイ・ピンピン)さんとの間に娘の白暁燕(パイ・シャオイェン)さんがいました。

娘さんが生まれた頃には梶原一騎さん別れて日本に帰国されています。

その白暁燕(パイ・シャオイェン)さんは1997年17歳の時に通学途中に誘拐されます。

犯人が身代金を要求しましたが、身代金受け渡しに失敗した為犯人グループか殺害されるというなんとも痛ましい事件になります。

またその後の追跡劇で暁燕さんを含めた5人が死亡10人が負傷する、台湾史上最大の誘拐事件とされています。

私もプロレス中継だったと思いますが、辻よしなりアナウンサーがこの事件について解説されていたことは覚えています。

いたたまれない気持ちですね・・・汗

ちなみに、ちばてつやさんの奥さんは漫画家のチバユキコさんです。

子供さんについて詳細はわかりませんが長男のヒロシさん、長女のアサコさん、そして文星芸術大学で専任講師をされています3男の千葉修平さんがいました。

ですから4人の子供さんはいらっしゃるということですね。^^

私なりのまとめ!

ちばてつやとくまモンの関係に泣ける

私も熊本地震や東日本大震災さんが起こった時には義援金など積極的にしていたのですが、もう一度くまもん商品を購入したり募金活動等に協力していこうと思います。

娘誘拐の真実とは?

ちばてつやさんの子供さんの情報については引き続き要チェックです。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
藤沢あやの、歴代CMまとめ!GTO作者も惚れた女優としての魅力に迫る!

スポンサーリンク

関連記事はこちら



コメントを残す

*