カーリング男子メンバーはハンサム揃い?経歴や学歴、年収など調査

こんにちは2017年4月5日、日本男子カーリング界において、すばらしい夢のような出来事がおきましたね~。

1998年長野オリンピック以来、20年振りのオリンピック出場となり日本中が話題になりました。

平昌オリンピック出場まで1年もないですが、カーリング大国カナダにどう迫るか楽しみです。

記事は、カーリング男子メンバーについての内容となっています。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

メンバーはハンサム揃い?

20年ぶりに来年の平昌オリンピック出場が決定しましたカーリング男子日本代表!

今まではカーリング女子の方が脚光を浴びていたと思います。

なぜカーリング女子選手って美人が多いんですか?

ビジュアル的に美人アスリートが多いと言われていますね~(笑)

じゃ~男子はどうなのとなりますね!

カーリング男子はイケメンが多いですね?

これもオリンピック効果でしょうか早速コメントが寄せられてますね^^

私もハンサム・イケメンと思います。

しかし女子もそうなのですが、どうしても私はビジュアル要素しか見ておらず肝心のカーリングについて全くの無知です。

m(_ _)m

私みたいな人もいるかと思い簡単に調べてみました。

出典元:http://nanapi.jp

カーリングは4人ずつ2チームで行われ、目標とする円をめがけて各チームが交互に8回ずつ石を氷上に滑らせて、石を円の中心により近づけたチームが得点を得ます。

これを10回繰り返し、総得点で勝敗を競うスポーツです。

高度な戦略が必要とされ、その理詰めの試合展開から「氷上のチェス」とも呼ばれています。

そのカーリング男子日本代表のメンバー!!

両角友佑(もろずみ ゆうすけ)選手のプロフィール

愛称:もろ

生年月日:1985年1月16日

年齢:32歳

出身地:長野県軽井沢町

血液型:O型

身長:177cm

体重:78kg

学歴:軽井沢町立軽井沢中学校(長野県)→長野県岩村田高校→金沢大学

職業:特定非営利活動法人スポーツコミュニティー軽井沢クラブ(2007年入社)

チーム:SC軽井沢クラブ

ポジション:スキップ(主将)・・主に7,8投目を担当し、試合において司令塔の役割を果たします。

特技:なし

カーリングを始める前は野球をされていたといいます。

1998年長野五輪を機にカーリングを始めます(当時中学1年)。

翌1999年、軽井沢中学のカーリング部に入部し、本格的に選手としてのキャリアをスタートさせました。

その時のコーチが現SC軽井沢カーリング男子の長岡はと美さんということもあり、メキメキ実力をつけ今や日本を代表するスキップとして活躍されています。

自ら蔵に出入りして仕込みするほど大の日本酒好きだそうです。(笑)

3人の子どもの父親でもありました。^^

年収については、軽井沢クラブで総務部に所属され経理や書類作成、フェンスの修理、ジュニア世代の育成など担当。

経理・総務はパートで時給900円だそうです。

また、トレーニング指導スタッフの契約社員で月収20万円前後だということです。

おそらく正社員としての雇用だと思うので、400万円~500万円はあると思います!

スポンサーリンク

清水徹郎(しみず てつろう)さんのプロフィール

愛称:てっちゃん

生年月日:1988年2月10日

年齢:29歳

出身地:長野県軽井沢町

血液型:不明

身長:180cm

体重:69kg

学歴:軽井沢町立軽井沢中学校(長野県)→長野県軽井沢高校→駿河台大学

職業:長岡鉄工㈱(2015年入社)

チーム:SC軽井沢クラブ

ポジション:サード(スキップの参謀役)・・5,6投目を担当し、スキップが投球する際に、代わりにスキップの役割(バイス・スキップ)を行うことが多い。

特技:サッカー

小学時代から父の影響でカーリング競技を始め、軽井沢高から進んだ駿河台大2年でユニバーシアードに出場。

また小学2年生からサッカーを始め、中学、高校とサッカー部に所属。

憧れの選手は名波浩氏(現ジュビロ磐田監督)。

冬の間は雪でサッカーが出来ないので、友人とチームを組んでカーリングをやっていたそうです。

2006年 全国高校カーリング選手権優勝(長野選抜)。

2008年からからSC軽井沢クラブに本格参加。

年収については、長岡鉄工株式会社の給与は20~28万円。

しかし清水徹郎選手の場合は長期の遠征なので職場を離れている期間もありますから、年収は300万円~400万円だと思います。

ちなみに、妹の絵美さん(26歳)も中部電力に所属されオリンピック出場を目指しています。

山口剛史(やまぐち つよし)選手のプロフィール

愛称:やま

生年月日:1984年11月21日

年齢:32歳

出身地:北海道南富良野町

血液型:B型

身長:175cm

体重:75kg

学歴:南富良野町立落合中学校→北海道富良野高校→青森大学 

職業:特定非営利活動法人スポーツコミュニティー軽井沢クラブ(2007年入社)

チーム:SC軽井沢クラブ

ポジション:セカンド・・3,4投目を担当し、掃き手の役割になることが多い。

特技:ラグビー、カヌー

小学3年で競技を始めます。

中学から冬はカーリング、夏はカヌーと励んだそうです。

富良野高でラグビー部に入部し、2002年4月の全国高校選抜大会にフランカーで出場。

しかし現ラグビ-日本代表の五郎丸選手のいた佐賀工に0対146の大差で1回戦敗退。

カヌーの強豪、駿河台大に進学。

大学1年で日本選手権に出場も順位は2ケタ台の好成績でしたが、3歳年下の現カヌー日本代表の羽根田卓也選手がいたため、カヌー競技を諦めカーリングに専念。

青森大学に編入し「チーム青森」の活躍を経て2005年にSC軽井沢クに加入。

年収については、軽井沢アイスパークに勤務され、地元ジュニアのコーチをやったり、県内外の方々へのカーリング体験指導、また企業向けカーリングを使った「チームビルディング」の指導も行っています。

軽井沢アイスパークの給料は、契約社員の場合で約20万円前後ということです。

山口選手の場合は賞金や勝利手当などもあると思うので、年収は400万円~500万円はあると思いますね。

ちなみにご結婚されていて、嫁さんは七重さん(32)ということでした。(笑)

スポンサーリンク

両角公佑(もろずみ こうすけ)選手のプロフィール

愛称:こうちゃん、こうすけ

生年月日:1988年7月27日

年齢:28歳

出身地:長野県軽井沢町

血液型:O型

身長:165cm

体重:68kg

学歴:軽井沢町立軽井沢中学校(長野県)→長野県岩村田高校→国際武道大学

職業:㈱タカサワマテリアル(2010年入社)

チーム:SC軽井沢クラブ

ポジション:リード・・1,2投目を担当し掃き手(スウィーパー)の役割になることが多い。

特技:英語・・得意の英語でチームの通訳も担当。

小学6年から兄・友佑選手の影響で競技を始めます。

小学生では野球、中高の部活はバレーボールとカーリングと並行して行っていました。

岩村田高1年のパシフィックジュニア選手権からSC軽井沢クに正式加入しカーリングに専念し現在に至ります。

年収については、大学卒業後に長野県佐久市の建築資材販売業「株式会社タカサワマテリアル」に入社され営業業務をされています。

海外遠征や、強化合宿などで1ヵ月に1日しか出勤できなかったときもあるそうです。(苦笑)

採用情報をみますと大学卒の給料が200,000円となっていましたので、両角公佑選手の場合は350万円~400万円あたりではないかと思います。

平田洸介(ひらた こうすけ)選手のプロフィール

愛称:ひらりー

生年月日:1992年5月1日

年齢:24歳

出身地:北海道北見市

血液型:不明

身長:184cm

体重:80kg

学歴:北見市立北中学校(北海道)→北海道北見北斗高校→北見工業大学→北見工業大学大学院 

職業:システムエンジニア

チーム:SC軽井沢クラブ

ポジション:リザーブ(補欠)・・チームメイトが何らかの理由でプレーを続行出来なくなった場合、代理を務めます。

特技:ラグビー、寿司を握ること

12歳で競技を始め、カーリング部がある北見工大進学。

大学では司令塔のスキップを担当し日本選手権やユニバーシアードに出場して実績を積んでいます。

大学でプレーする傍ら、2015年、2016年にはSC軽井沢クの一員としてパシフィック・アジア選手権に同行し、国内トップの技術、戦略を間近で学んでいます。

大学院では情報システム工学を専攻し個人データ用にショットの精度を分析して出したり、エンドごとのストーンの配置を記録するソフトをタブレット端末用に作ったりするなど、カーリングに特化した研究をしてきました。

主力4選手の壁は厚いですが、苦手なスイープ(氷の表面を掃いて溶かすこと)の技術を磨いて、いつでもバックアップに備えているということです。

年収については、今春から東京都内のIT企業に、システムエンジニアとしての就職が決まっているそうです。

システムエンジニアの20代の平均月収が30万円とも言われていますので、平田選手の年収は360万円~400万円だと思います。

スポンサーリンク

SC軽井沢

1999年当時軽井沢中学校在学中だった両角友佑選手と同校でコーチをしていた長岡はと美氏により結成された「AXE(アックス)」を前身とし、2005年からSC軽井沢クラブ運営になります。

2005年の日本ジュニア選手権では見事2連覇。

そして2007年、現在のメンバー(平田洸介選手を除く)になり、2017年までに日本選手権では歴代最多となる通算8度の優勝。

2016年パシフィックアジアカーリング選手権初優勝。

そして2017年4月、来年の平昌冬季五輪出場枠が懸かるカーリング男子の世界選手権で見事、8位以内を確定させ、昨年の大会との総合成績で五輪出場枠を獲得しました。(笑)

選手達もそうですが、やはりコーチの長岡はと美氏の執念ともいえる指導の賜物だと思いますね。\(^o^)/

長岡はと美コーチのプロフィール

出典元:https://mainichi.jp

生年月日:1953年3月23日

年齢:63歳

出身地:長野県

学歴:軽井沢町立軽井沢中学校(長野県)→長野県小諸高校

職業:男子カーリングコーチSC軽井沢

ソチ五輪まで、名門中部電力女子カーリングチームのコーチもされています。

私なりのまとめ!

メンバーはハンサム揃い?

来年のオリンピック出場によって技術もそうですが、イケメン度も上がっていると思いますね。(笑)

経歴や学歴、年収など調査

オリンピックの力は絶大だと思うので、年収に関してもメンバーそれぞれ右肩上がりだと思います。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事はこちら



コメントを残す

*