石川翔(青藍泰斗高校)ドラフト候補の経歴wiki!中学校もチェック

こんにちは、暑い夏が来ましたね。

暑い夏といったら高校野球ではないでしょうか(笑)

これから全国高等学校野球選手権大会で注目されるであろうドラフト候補の選手やチームについてクローズアップしてみたいと思いますね。

今回は青藍泰斗高校、石川翔選手に注目してみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

石川翔(いしかわ しょう)選手のプロフィール

出身地:東京都板橋区

身長:179cm

体重:78kg

高校:青藍泰斗高等学校

ポジション:ピッチャー

球種:ストレート、スライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップ

投打:右投左打

プレースタイル:

関東ナンバーワン投手になりうる存在とスカウト絶賛のピッチャー。

ボールにしっかりと力を伝えられ最速149キロの快速球とキレキレの変化球を武器に三振の山を築く姿はまさに圧巻の一言です。

小学校

板橋区立北野小学校2年生時に東板橋リトルリーグで野球をはじめます。

出典元:http://www.marui-ju.jp

北野小学校は東京都板橋区徳丸3-23-1にある区立の小学校です。

1955年設立の男女共学。

駅の近くながら自然の緑に恵まれており校庭は広く、周辺に高層住宅が多いためか、全児童数700名超の区内で常に上位3位の中に入るほど児童数の多い小学校と言われています。

ちなみに、1年生から6年生まで計785人生徒数でした。

出典元:http://higashiitabashi.ocnk.me

東板橋リトルリーグは幼稚園〜中学1年生の少年少女を対象とした日本リトルリーグ野球協会東京連盟加盟の少年硬式野球チームです。

区営グランド、笹目グランド、埼玉グランドを活動拠点にしています。

1973年2月に創設された伝統と歴史があり、多くの卒団生も国学院久我山高校、国士館高校、修徳高校など強豪チームで活躍しています。

東京連盟四年生大会ベスト4と多くの大会で実績があります。

石川選手は4年生までは外野手で5年生からはピッチャーとして活躍していました。

スポンサーリンク

中学校

板橋区立赤塚第一中学校に進学。野球は板橋リトルシニア所属となります。

出典元:http://www.amtic.co.jp

赤塚第一中学校は板橋区徳丸4-13-1にある公立の中学校です。

1947年設立で男女共学。

1年生から3年生まで計642人の生徒数でした。

部活動も運動部が盛んで陸上部、水泳、バドミントンは毎年都大会に出場しているそうです。

出典元:http://sonics.exblog.jp

板橋リトルシニアは日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟加盟の中学生を対象とした硬式野球チームです。

1972年9月に発足し、シニアチームの中でも最も歴史のあるチームのひとつと言われています。

実績も春季関東大会優勝、夏季関東大会準優勝と夏5回、春1回の全国大会出場を果たし ています。

最近では城北ブロック春季大会を優勝していました。

多くの卒団生が国学院久我山高校、修徳高校、春日部共栄高校、常総学院高校など強豪チームで活躍しています。

石川選手は外野手兼ピッチャーということですが、ピッチャーでは球速137キロは出ていたということですが、制球が悪かったといいます。

ですから外野手での活躍が多かったかもしれないですね。

高校

青藍泰斗高等学校に進学。

出典元:https://ja.wikipedia.org

栃木県佐野市葛生東2-8-3にある私立の学校です。

1908年設立の男女共学。

男女共学の普通科と総合ビジネス科の他、女子のみの総合生活科も設置されています。

総合ビジネス科は情報コースと商業一般コースに別れ、簿記実務検定を始めとしたビジネスに役立つ資格の取得にも力を入れています。

男子:433人 女子:272人の計705人の生徒数。

偏差値は偏差値38で栃木県内160位 / 193件中でした。

部活動においては、多くの運動部が全国高等専門学校体育大会に出場しており、野球部はじめウエイトリフティング部、卓球部、吹奏楽部、剣道部が好成績を収めています。

スポンサーリンク

また、水泳部の男子シンクロチームがフジテレビ主催の全国高校選手権で二連覇を果たすなど全国的にも有名です。

出身有名人では元プロ野球選手、阪神タイガースで活躍した石川俊介氏

出典元:https://ja.wikipedia.org

元プロ野球選手、千葉ロッテマリーンズで活躍した池田健氏

出典元:http://blog.goo.ne.jp

等多くのプロ野球選手を輩出しています。

入学当初は中学時代の制球難の影響で外野手に回されます。

ただ持ち前のガッツと諦めない心で監督にアピールするため、練習後キャッチボールを繰り返しおこなっていたそうです。

その間、両膝半月板損傷の手術を受けるなど怪我に泣かされますが、アピールが実り打撃投手として復帰します。

2年春からベンチ入り、背番号8で中堅手レギュラー兼ピッチャーを務めチームの準優勝に大きく貢献。

続く関東大会2回戦、前橋育英戦で最速146キロをマークし注目を集めますがチームは1-8で敗退します。

夏の選手権栃木県大会も準々決勝(國學院栃木に1-6)で敗退と悔しい結果となりました。

秋の新チームでエースの座を獲得。

秋季大会では準々決・宇都宮戦で9回11K4失点完投、4打数3安打3打点と投打の活躍を演じ、チームのベスト4進出に貢献するも、王者作新学院に0-2と敗れまたもや悔しい結果となりました。

冬のトレーニングで体作りを進め、翌3年の春先には練習試合で148キロをマークしますが、春季大会では左股関節痛で登板できずまた直後には右肩痛を訴えるなど、度重なる故障に泣かされてきています。

ですから最後の夏の大会では並々ならぬ闘志があると思いますね。

ドラフト予想

ドラフトに関しては、

巨人福王東日本統括スカウトは「柔らかく、ポテンシャルの高さを感じさせる」

中日中田スカウト部長は「モノが違う。今年の高校生投手ではトップクラス。将来性もあり楽しみな選手」

といずれも高評価で極めつけは、6月に行われた練習試合・取手松陽戦には、8球団17人のスカウトが集結していますから、間違いなくドラフトではどの球団かわかりませんが指名されると思いますね。

私なりのまとめ!

ここ数年は、甲子園の舞台から遠ざかっていますが、今回は行けると思うのは私だけではないと思いますね。

スカウト絶賛の才能が覚醒し、王者・作新学院に石川選手がどう立ち向かっていくのかも非常に楽しみです。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【2017】プロ野球ドラフト候補生(高校)まとめ

【2017】プロ野球ドラフト候補生(大学)まとめ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする