清宮福太郎の現在!中学校や身長 体重を徹底調査

こんにちは、暑い夏が来ましたね。

暑い夏といったら高校野球ではないでしょうか(笑)

その高校野球界で最も注目されているのが清宮幸太郎選手ですね。

高校野球も人気の過熱からか松坂世代、ハンカチ世代と時代の象徴となり、今まさに清宮世代という称号が付けられています。

それぐらい話題独占ですね。

その影響力からか清宮幸太郎選手の弟、清宮福太郎選手にも注目が集まっていますね。

私も気になっていたので今回、清宮福太郎選手にクローズアップしてみました。

いや~それにしても凄い兄弟です。m(_ _)m

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

清宮福太郎(きよみや ふくたろう)選手のプロフィール

生年月日:2003年

年齢:14歳

出身地:東京都新宿区

身長:178cm

体重:93kg

ポジション:ファースト

投打:右投右打

小学校

清宮幸太郎選手が早稲田実業初等部1年生時に見た2006年夏、甲子園で早稲田実と駒大苫小牧の決勝を観戦し、斎藤佑樹選手(日本ハム)、田中将大選手(ヤンキース)両投手の投げ合いに心を揺さぶられた野球に興味を持ったのは有名な話ですね。

福太郎選手は当時3歳ごろですかね~ひょっとしたらこの頃から兄の影響で野球をはじめていたかもしれないですね。

もちろん兄の影響で早稲田実業初等部に入学し、東京北砂リトルリーグに所属となります。

出典元:http://jyukennews.com

早稲田実業初等部は東京都国分寺市本町一丁目に所在する私立小学校です。

2002年開校。男女共学。

1年生から6年生まで計640人の生徒数です。

初等部から入学をすることによって、受験戦争とは無縁の道を切り開くことができるので、子ども一人一人の個性や資質を伸ばすことができるということで保護者から人気の高い学校で有名です。

募集人数は第1学年108名(男女共学)。

偏差値は63。

志願者数は毎年男子500人前後、女子400人前後で、倍率は平均6.0倍となっています。

清宮兄弟も、このお受験を突破してきたのですね~なるほど・・・

出典元:https://matome.naver.jp

東京北砂リトルリーグは東京都江東区北砂に本拠地を置くリトルリーグチーム。

日本リトルリーグ野球協会東京連盟所属です

低学年、幼稚園児から、高学年は小学6年生迄が対象。

部員数は50人です。

スポンサーリンク

1977年(昭和52年)砂町エンジェルス(マイナー選手)・江東ライオンズ(オールスター選手)として少年硬式野球チームが江東区の北砂に誕生しました。

その後1979年、リトルリーグ東京連盟となり、また江東東リトルリーグとの合併により東京北砂リトルリーグとして現在に至ります。

リトルリーグ・ワールドシリーズに出場し、2001年、2012年、2015年の三度優勝実績があります。

最近ではJA共済第51回全日本選手権大会でも見事優勝と強豪中の強豪チームです。

皆さんもご存知の通り、清宮幸太郎選手は2012年大会優勝メンバーでもあります。

そしてなんと福太郎選手も2015年の優勝メンバーでした~。\(^o^)/

そのリトルリーグ世界選手権大会では、メキシコ代表戦で代打本塁打を放ち、衝撃的な世界デビューを飾っています。

その時のコメントが「(3年前はスタンドで兄・幸太郎を応援していたが)お兄ちゃんはその時は中1で、自分は6年生なので、打てて、少しですけど(兄より)上に行けたかなあ。」

そうなんですアメリカの規定で中学1年生まで出場が可能、清宮幸太郎選手は当時中学1年生で出場しホームランを放っています。

弟の福太郎選手は小学6年生で出場しホームランを放っている事を強調。

このことからも分かる通り、兄への対抗心も強いということですね。

バッティングにしても幸太郎選手が右投げ左打ちなのは左打席の方が一塁に近いというアドバイスを母親から受けたからということですが、福太郎選手は右投げ右打ちです。

これは父親の克幸氏によれば「兄貴と一緒じゃイヤ」ということらしいです。

将来兄弟対決も楽しみですね。^^

スポンサーリンク

中学校

早稲田実業中等部に進学。野球は調布リトルリーグ・リトルシニア所属となります。

出典元:https://ja.wikipedia.org

所在地:東京都国分寺市本町1-2-1

1901年、早稲田大学創立関係者によって創立。

2001年4月、国分寺市のキャンパスに新宿区から移転し、名称を中学部から中等部へと改称。

2002年から女子を募集して共学校となります。

生徒数は1年生から3年生まで726名。

授業は週6日制です。

水曜日と土曜日が4時間授業ということです。

偏差値は73で東京都内10位 / 79校中でした。

部活動も盛んで都大会はもちろん、関東大会や全国大会で立派な成績を残している部がたくさんあるということで、特に珠算部が強いそうです。

出典元:http://clipee.net

調布リトルリーグ・リトルシニアは調布基地跡地運動広場E2グラウンド等を活動拠点の日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟加盟のチームです。

1971年設立。

中学1年生/22人、中学2年生/46人、中学3年生/27人の部員数。

数々の大会で優勝を獲得し、近年では林和男杯国際野球大会を2連覇、春の全国選抜大会第3位などの実績を残しています。

出身有名人でも甲子園を沸かせヤクルトスワローズに入団した荒木大輔氏や日本ハムファイターズ時代に最終救援投手、福岡ダイエーホークス時代に最多勝を獲得するなどした武田一浩氏がいます。

清宮福太郎選手はこの名門チームで2年生ながらファースト・5番のレギュラーとして活躍しています。

練習の特徴として中学2年生は毎年冬に台湾遠征をし、約2週間で20試合ほどこなすということで、福太郎選手も今年の冬は台湾遠征ですね。^^

私なりのまとめ!

今や日本中の注目の的となっています偉大な兄を超えることが目標ということなので、これからの成長が非常に楽しみですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
清宮幸太郎はどこの球団がベストか?現在の評価をまとめてみた

清宮幸太郎のドラフト予想と評価!本命球団は巨人が濃厚か

【2017】清宮幸太郎 現在のホームラン数は?彼女が退学の噂についても

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする