宮本誉士樹(東農大北海道)ドラフト候補の経歴wiki!高校や中学校もチェック

こんにちは、暑い夏が来ましたね。

高校野球やプロ野球はまだまだ暑い戦いが繰り広げていますが、夏を過ぎると一気に大学野球が注目ですね。

なんせ大学野球界は、ドラフト=即戦力の人材宝庫ですからね。

そこで、これから注目されるであろうドラフト候補についてクローズアップしてみたいと思いますね。

今回は 東京農業大学北海道オホーツク、宮本誉士樹選手に注目してみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

宮本誉士樹(みやもと よしき)選手のプロフィール

出身地:熊本県八代市

身長:186cm

体重:79kg

大学:東京農業大学北海道オホーツク

ポジション:ピッチャー

球種:ストレート、スライダー、シンカー、チェンジアップ

投打:右投左打

プレースタイル:

ストレートは140キロ台前半でも、サイドハンドから動くボールを駆使したダイナミック投球には定評があります。

圧倒的なイメージはありませんが、クセ球を武器にエースとして君臨する注目の大型変則右腕。

小学校

出身小学校に関しては今一わからない所がありますが、八代市立有佐小学校という情報があります。

出典元:http://es.higo.ed.jp

有佐小学校は熊本県八代市鏡町中島1360番地1にある公立の小学校です。

1874年設立。男女共学。

1年生から6年生まで102人の生徒数です。

野球に関してもわからないですが、おそらく有佐小野球部か鏡クラブで活躍されていたと思います。

有佐小野球部に関しての情報があまりないのでひょっとしたら、小さい範囲で活動されていたのかな?と思いますね(苦笑)

鏡クラブは小学生を対象とした熊本県軟式野球連盟八代市支部 (学童)加盟のチームです。

4年生、5年生、6年生から構成の男女混合チームということです。

活動拠点は主に鏡小学校グラウンド。

八代北ロータリー旗「優勝」や会長旗(八代)「準優勝」など都道府県大会出場のレベルということですね。

中学校

八代市立鏡中学校に進学。野球について詳しい情報はありませんが、またまた鏡クラブということですね。(笑)

出典元:https://blogs.yahoo.co.jp

鏡中学校は八代市鏡町内田1038-1にある公立の中学校です。

1955年設立。男女共学。

1年生から3年生まで計346人の生徒数です。

部活動が盛んな為、高校には推薦や特待で行く生徒が多いということです。

また生徒一人一人の挨拶の徹底意識など規律の面での教育も評価が高いということでした。

出典元:http://www.ikz.jp

鏡クラブは、鏡中学校の1・2・3年生の生徒で構成された熊本県軟式野球連盟八代市支部 (少年)加盟のチームです。

鏡中学校を活動拠点に八代市で活動しています。

第4回全国中学校軟式野球大会出場・準優勝など都道府県大会上位出場の実力があるチームです。

おそらく宮本選手もピッチャーとして活躍されていると思います。

スポンサーリンク

高校

鎮西高等学校に進学。

出典元:https://ja.wikipedia.org

熊本県熊本市中央区九品寺三丁目にある私立高等学校です。

通称は、鎮西と言われています。

1888年設立。男女共学。

「普通科 特進コース」「普通科 体育コース」「普通科 標準コース」「商業科 情報コース」があり、希望進路実現に向け個別指導を徹底しています。

男子:391人、女子:233人 計624人の生徒数です。

偏差値は37~50で熊本県内64位 / 241件中でした。

男女バレーボール部、野球部、サッカー部、ダンス部等多くの部活動があり、県上位を目指して活動をしています。

出身有名人には高崎健太郎選手(横浜DeNAベイスターズ)

出典元:https://ja.wikipedia.org

等がいます。

出典元:http://www.asahi.com

1年夏から公式戦に出場し、以降7シーズンで5度の県大会ベスト8に貢献。

3年5月、エースとして第41回RKK旗争奪選抜高校野球大会優勝に導く活躍をします。

しかし甲子園の舞台に立つことはありませんでした。

大学

鎮西高出身者が多数進学している東京農業大学北海道オホーツクへ進学。

出典元:http://www.bioindustry.nodai.ac.jp

東京農業大学は、東京都世田谷区に本部を置く農業大学です。通称は「東京農大」。

1989年(平成元年) 北海道網走市八坂196にオホーツクキャンパス設置。

大学生物産業学部生物生産学科、大学生物産業学部食品化学科および大学生物産業学部産業経営学科設置。国際交流センター開設。

オホーツクキャンパスは生物産業学部の学び場で、生物生産科は農業だけでなく一次産業幅広く勉強します二年生から結構本格的な農業や畜産、森林に関する講義が増え

北海道の農業の事などには力を入れています。

スポンサーリンク

偏差値は48~55で全国727位 / 1424学部中です。

学科別では生物生産学科が55

アクアバイオ学科が54

食品香粧学科が55

地域産業経営学科が48となっています。

部活動は野球部が有名で1989年創部。

創部から2011年秋季リーグまでは「東京農業大学生物産業学部硬式野球部」(略称 東農大生産学部)としていたが2012年の春季リーグより現在の名称、東京農業大学北海道オホーツク硬式野球部となっています。

北海道学生野球連盟(北海道六大学野球)リーグ戦優勝28回。

その他、全日本大学野球選手権大会 出場15回、明治神宮野球大会 出場2回を誇る、強豪校です。

出身有名人では風張蓮選手(東京ヤクルトスワローズ)

出典元:https://matome.naver.jp

井口和朋選手(北海道日本ハムファイターズ)

出典元:http://instagom.com

等多くのプロ野球選手を輩出しています。

1年春からリリーフでリーグ戦に出場。

2年春のリーグ戦で先発投手の座を獲得し、5試合(1回戦4)18回で2勝、防1.00の実績をマークします。

3年春(4季連続V)の釧公大2回戦で8回参考ながら(10対0で勝利)ノーヒットノーランを達成。

先発2番手を経て3年秋から主に1番手を務め、7季でリーグ通算20勝(無敗)を記録。

5勝を挙げた3年秋季シーズンでは最優秀投手&ベストナインを受賞と年々着実に実績を積み上げていきます。

4年春季リーグも、最優秀投手、ベスト9を獲得しリーグ屈指の投手との評価を得ています。

ドラフト予想

これだけの成績をおさめていますが、実は制球難に苦しむことが多く、その横手からの常時135km前後の球速や動きのある癖球でさえも意外と打者の障壁とならず一定以上の強打者相手だと逆に打ち込まれることもしばしばあるということでドラフト候補としては結構微妙なラインというところが実情みたいです。

しかし埼玉西武ライオンズの牧田和久選手のようにアンダースローでの活躍もありますし、ひょっとしたらアンダースロー投手の少ないメジャーリーグからも注目されているかも知れないですね。

私なりのまとめ!

チームのエースとして秋季リーグも優勝に貢献すること間違い無しですね。

非常にダイナミックかつユニークなフォームの持ち主であり、彼の生のピッチングは一見の価値ありという評価もあります。

是非、生で観戦したいですね~。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【2017】プロ野球ドラフト候補生(大学)まとめ

【2017】プロ野球ドラフト候補生(高校)まとめ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする