楠本泰史(東北福祉大)ドラフト候補の経歴wiki!弟や高校、中学校もチェック

こんにちは、暑い夏が来ましたね。

高校野球やプロ野球はまだまだ暑い戦いが繰り広げていますが、夏を過ぎると一気に大学野球が注目ですね。

なんせ大学野球界は、ドラフト=即戦力の人材宝庫ですからね。

そこで、これから注目されるであろうドラフト候補についてクローズアップしてみたいと思いますね。

今回は東北福祉大学、楠本泰史選手に注目してみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

楠本泰史(くすもと たいし)選手のプロフィール

出身地:大阪府吹田市

身長:180cm

体重:77kg

大学:東北福祉大学

ポジション:ショート兼センター

投打:右投左打

プレースタイル:

類い希なバットコントロールで左右に長打を弾き返す左の好打者。

大学1年から木製バットを苦にすることなく安打を量産し、柵越えできるパワーも魅力の1つ。

日本代表の経歴もあり、大塚光二監督からも「打撃は即プロで通用する」と太鼓判を押されるなどプロ注目の選手です。

小学校

父親の教えで2才頃からはボールを触っていたといいます。

小学1年の終わりに父親の仕事の都合で岡山県へ引っ越して少年野球チームに入ったのは岡山県の小学校に通っていた4年生の時だったそうです。

その後6年生時に父親の転勤で横浜市立山内小学校に転校。

出典元:http://www.nb-const.co.jp

山内小学校は横浜市青葉区新石川一丁目20番1号にある公立の小学校です。

1873年設立。男女共学。

1年生から6年生まで計694人の生徒数です。

山内小学校に転校してきた声をかけてきたのが、なんと現在東北楽天ゴールデンイーグルスで活躍しています松井裕選手だったそうです。

野球チーム(元石川サンダーボルト)に勧誘したのも松井選手といいます。

出典元:http://sanboru.89dream.jp

元石川サンダーボルト(通称:サンボル)は、1977年に創設された少年・少女軟式野球チームで横浜市青葉区の「あざみ野」駅から徒歩5分にある高台の専用グラウンドを本拠地に活動しています。

山内小学校、あざみ野第一小学校、あざみ野第二小学校、新石川小学校、美しが丘東小学校、美しが丘西小学校、嶮山小学校、すすき野小学校ほか総勢50名ほどの選手が所属しています。

横浜市少年野球大会で優勝するなど数々の大会で実績を残している強豪チームです。

楠本選手も松井選手と共に活躍しており、なんとNPB12球団ジュニアトーナメントに出場する横浜DeNAベイスターズジュニアチームに松井選手と共に選ばれていました。

神奈川県内・外の小学校6年生の男女(野球経験者)を対象に

第1次セレクション(第2次セレクションに進む150名程度を選考)

第2次セレクション(第3次セレクションに進む60名程度を選考)

第3次セレクション(最終セレクションに進む30名程度を選考)

最終セレクションで16名を決定となっているので、楠本選手が当時から凄い才能をもっていたかわかりますね。

スポンサーリンク

中学校

横浜市立山内中学校に進学。野球は横浜緑東リトルシニア所属となります。

出典元:http://cn-estate.jp

山内中学校は横浜市青葉区美しが丘5丁目4番地にある公立の中学校です。

1947年設立。男女共学。

1年生から3年生まで計788人の生徒数です。

部活動も盛んで演劇部や陸上部などは最優秀賞を獲得しているということでした。

出典元:http://stars.kids.coocan.jp

横浜緑東リトルシニアは1972年に発足し、約40年の歴史を持っています。

その間に約800名の野球少年達が巣立っています。

川崎市麻生区の緑豊かな専用グラウンドを活動拠点に、現在約40名の部員がいます。

1997年には夏の日本選手権大会優勝

2006年春の全国選抜大会、出場すること8回目にして遂に優勝

2007年夏の日本選手権大会では10年ぶり2回目の優勝

と歴史と実績のあるチームで楠本選手は松井選手と共に活躍し中学3年時には2010年夏の日本選手権大会で3年ぶり3回目の優勝に大きく貢献しています。

高校

花咲徳栄高等学校に進学。

出典元:https://ja.wikipedia.org

埼玉県加須市花崎519にある私立の学校です。

1982年設立。男女共学。

普通科の「アルファ」「アドバンス」コースと、食育実践科に分かれており、文部科学省「スーパー食育スクール」事業に指定されています。

男子:1129人 女子:748人で計1877人の生徒数です。

偏差値は46~62で埼玉県内65位 / 433件中でした。

部活動も盛んで野球部はじめ陸上競技部がインターハイに出場、女子サッカー部が県大会で優勝の実績やインターハイへ出場を果たしています。

スポンサーリンク

出身有名人では楠本選手のチームメイトでした若月健矢選手(オリックスバファローズ)

出典元:https://ja.wikipedia.org

等がいます。

1年秋から三塁手でレギュラー座を掴みます。

2年夏の県大会全5試合で3番・遊撃を務め、21打数で10安打、打率.476本1をマーク。

秋季大会では11試合打率.351本0点7の活躍で県大会優勝そして関東大会準優勝に大きく貢献します。

3年春の選抜では初戦の県岐商戦で3打数ノーヒット1Kに終わり、チームも3-8で敗退と悔しい結果となりました。

卒業後はプロ志望でしたが、岩井隆監督から「大学で大きくなってから上位(指命)で行きなさい」と言われ、指揮官の母校である東北福祉大に進学する事となります。

大学

出典元:https://ja.wikipedia.org

東北福祉大学は宮城県仙台市青葉区国見一丁目8番1号に本部を置く私立大学です。

1875年は曹洞宗専門支校が前進で、50年以上前からある福祉系の大学として東日本では有名な大学です。

また、「駒沢大学」「愛知学院大学」とは姉妹校です。

授業では、生徒全員にコンピューターを貸し出し、高度なITスキルを身につけさせています。

偏差値は47~57全国241位 / 651校中でした。

学部別では総合福祉学部48~53 健康科学部51~57 総合マネジメント学部47 教育学部54となっています。

東北福祉大学といったらやはり野球部ですね。

1962年創部で1970年に仙台六大学野球連盟加盟。

1982年に専用野球場設置され121人の部員がいます。

仙台六大学野球リーグ戦優勝68回

全日本大学野球選手権大会 優勝2回 準優勝5回

明治神宮野球大会・大学の部 準優勝5回

仙台六大学野球記録118連勝と大学野球屈指のチームです。

スポンサーリンク

出身有名人では佐藤優選手(中日ドラゴンズ)

出典元:http://ameblo.jp

長坂拳弥選手(阪神タイガース)

出典元:http://ameblo.jp

等多くのプロ野球選手を輩出しています。

1年春から6番、又は3番・三塁手レギュラーとして起用され、打率.324本1の好成績で新人王を獲得します。

その後は不動のレギュラーとして7シーズンで通算76試合にスタメン出場。

主力打者としてチームを支え、リーグ通算91安打、本6点56の実績を残しています。

MVPを2度、ベストナインを3度、打点王を2度、首位打者・本塁打王を1度受賞、そして2017年8月に台湾で開催される「第29回ユニバーシアード競技大会」出場候補選手として選ばれており、日本大学界屈指の打者として注目されています。

ドラフト予想

スカウトのコメントがないので何ともいえませんが、東北福祉大学の監督で元西武の大塚光二監督からは打撃に関しては「即プロで通用する」とのお墨付きを貰っています。

しかし右肩の故障の影響もあり守備面での懸念があります。

しかしユニバーシアード日本代表に選ばれているわけですから、活躍次第によりますが上位指名は間違いないでしょう。

出典元:http://www.hb-nippon.com

弟さんの楠本晃希選手も兄ゆずりの内野手として素晴らしい経歴をもっていました。

小学6年生時には横浜DeNAベイスターズジュニアに選抜。

青葉緑東リトルシニアでは2012年リトルシニア全国選抜野球大会ベスト4進出に貢献。

花咲徳栄高校では2年生時に全国高等学校野球選手権大会ベスト8。

3年時には選抜高等学校野球大会(1回戦敗退)、全国高等学校野球選手権大会(3回戦敗退)と高校時代に3回甲子園の舞台に立っています。

現在は東北福祉大学1年生で、もちろん野球部で活躍していました。

私なりのまとめ!

明治神宮野球大会悲願の初優勝に向けてチームは取り組んでいるのではないでしょうか。優勝するには楠本選手の活躍が絶対条件となってきます。

チームの優勝、その先にあるドラフトと、これから楠本選手の動向から目が離せないですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【2017】プロ野球ドラフト候補生(大学)まとめ

【2017】プロ野球ドラフト候補生(高校)まとめ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする