下石涼太(東海大学)ドラフト候補の経歴wiki!彼女や高校もチェック

こんにちは、暑い夏が来ましたね。

高校野球やプロ野球はまだまだ暑い戦いが繰り広げていますが、夏を過ぎると一気に大学野球が注目ですね。

なんせ大学野球界は、ドラフト=即戦力の人材宝庫ですからね。

そこで、これから注目されるであろうドラフト候補についてクローズアップしてみたいと思いますね。

今回は東海大学、下石涼太選手に注目してみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

下石涼太(しもいし りょうた)選手のプロフィール

出身地:山口県下関市

身長:172cm

体重:68kg

大学:東海大学

ポジション:ショート兼セカンド

投打:右投左打

遠投:100m

走力:50m6秒2

プレースタイル:

シートノックから流れるような足運びと、元投手らしい強肩が魅力。

打撃も左右に打ち分けるバットコントロールがあり、対応力も高く、プロの世界でも守備職人になれる可能性を持った内野手として注目されています。

小学校

下関市立王司小学校時に王司野球スポーツ少年団で野球をはじめます。

出典元:http://takamatukensetu.co.jp

王司小学校は山口県下関市王司神田6丁目9-1にある公立の小学校です。

1875 年設立。男女共学。

1年生から6年生まで434人です。

出典元:http://onodadragons.web.fc2.com

王司野球スポーツ少年団は創立41年になる下関市の少年野球チームです。

王司小学校の生徒を中心に、清末小学校、豊浦小学校、小月小学校の生徒がいます。

2年生~6年生まで計21人の部員数。

高野山旗全国学童軟式野球大会 山口県代表として出場や西信杯決勝戦準優勝など山口県では強豪チームとして有名です。

中学校

下関市立東部中学校に進学し、野球はフレッシュリーグの下関マリナーズで投手・遊撃手としてプレーします。

出典元:http://sanwa-jisyo.jp

東部中学校は下関市清末陣屋5-10にある公立の学校です。

1947年設立。男女共学。

1年生から3年生まで計579人の生徒数です。

出典元:https://www.youtube.com

下関マリナーズは下関市の中学生を中心とした硬式野球チームです。

全日本少年硬式野球連盟(ヤングリーグ)山口支部所属で31人の部員数。

全九州鹿児島大会優勝するなど実績もあり、下石選手在籍時も2010年ホークスカップでは準決勝でホームランを放つと投手としても奮闘して準優勝に大きく貢献し自身も優秀選手賞を受賞されていました。

スポンサーリンク

高校

小6のとき、2007年夏決勝を甲子園で見て広陵高等学校入学を決意したといいます。

出典元:https://ja.wikipedia.org

広陵高校は広島県広島市にある、学校法人広陵学園が運営する男女共学の私立校です。

1896年設立で男女共学。

学科は普通科のみで、「Ⅰ類」の特別進学コースと、「Ⅱ類」に分かれます。

生徒数は男子:805人、女子:422人の1227人です。

偏差値は46~54、広島県内61位 / 235件中でした。

部活動においては硬式野球部が全国大会で準優勝、バスケットボール部が県大会で準優勝の実績があります。

出身有名人では小林誠司選手(読売ジャイアンツ)

出典元:https://ja.wikipedia.org

野村祐輔選手(広島東洋カープ)

出典元:https://ja.wikipedia.org

などプロ野球選手を輩出しています。

1年春から遊撃兼投手としてベンチ入りし、夏の県予選庄原実戦では2番手として登板し2回をノーヒットに抑えます。

2年生からはセカンドやショートでもプレーするようになり、夏県予選初戦の音戸戦で2番セカンドで出場、その後投手として1イニング登板すると最後はショートを守ります。

2打数1安打1打点を記録。

3回戦の高陽東戦では2番セカンドで出場していたが、6回途中から登板し3回1/3を2安打に抑えたもののチームは敗退。

2年秋の新チームではエースの座を掴み秋季大会では広島大会3位決定戦の瀬戸内戦で3失点完投勝利で中国大会に出場すると、中国大会では準々決勝の崇徳戦を1失点完投勝利。続く準決勝の岩国商戦では142kmのストレートとチェンジアップで9回3安打13奪三振で完封、打っても8回にホームランを放ち準優勝に大きく貢献しセンバツ出場を確実にしました。

3年春の選抜初戦・済美戦は、延長13回の熱戦の末、惜しくも3対4でサヨナラ負けとなり1球の重みを痛感したといいます。

1日200球を超えるブルペン投球を行うなどして臨んだ夏予選は瀬戸内高校に2対3で敗れベスト8で敗退となりました。

巨人などから注目されたが志望届を提出せず、野手としてのプロ入りを目標に東海大学に進学。

大学

出典元:https://ja.wikipedia.org

東京都渋谷区富ヶ谷2丁目28番4号に本部を置く私立大学です。

通称は「東海」「東海大」。

1942年に学園が創立され、航空科学専門学校及び電波科学専門学校を前身とし、日本の科学技術発展を目的として作られた大学です。

下石選手が在籍しています体育学部の偏差値は47~54で保健衛生学系統144位 / 全345件中となっていました。

スポンサーリンク

1964年創部の野球部は現在部員数は約100名。

首都大学野球連盟発足時からの加盟校であり、以来、首都大学野球リーグで優勝争いの常連校です。

首都大学野球連盟1部リーグ優勝69回

全日本大学野球選手権大会優勝4回

明治神宮野球大会優勝3回

関東地区大学野球選手権大会優勝2回

と歴史と伝統のあるチームであり、出身有名人も田中広輔選手(広島東洋カープ)

出典元:https://ja.wikipedia.org

丸山泰資選手(中日ドラゴンズ)

出典元:https://ja.wikipedia.org

等多くのプロ野球選手を輩出しています。

主に9番打者で8試合の遊撃手スタメンで1年春からリーグ戦に出場し、春の選手権で13打数5安打の活躍を演じ、13年ぶりとなる4度目の全国制覇に貢献。

秋季リーグでは打率.340で打撃十傑入りを果たし驚異の新人として話題になります。

2年時に3番起用とセカンド守備をこなしながら好成績を挙げ、台北ユニバ―シアードの代表候補に選出さます。

7月のユニバーシアードに出場し、8番・二塁として4戦9打数3安打をマーク。

3年春季リーグでは6番打者を経験するも、秋季リーグではリードオフマンを任されリーグ戦で4シーズンぶりとなる打率3割を記録します。

リーグ戦では正遊撃手・二塁手を務め、3年間で通算68安打、本4点30の実績を残し、プロ注目の選手となっています。

ドラフト予想

巨人・山下哲治スカウト部長 2013年3月29日談

広陵のエース・下石涼太は野手としての将来性も感じます

と高校時代でのコメントがあるように読売ジャイアンツはおそらく調査していると思いますね。

大谷以来のパーフェクト選手

絶対GIANTSに入団

5年12億提出

という意見もあるので指名候補に入っている可能性もありますね。

彼女

彼女についての情報はありませんが、彼女の1人や2人いてもおかしくないですね。

サイトDOKUJO「お金だけじゃない!」プロ野球選手の彼女たちが激白、野球選手がモテるワケによると、アイドル級の人気を誇るスポーツ選手もいますが、中でもやはり、全般的に人気が高いのがプロ 野球選手 。

「サッカー選手もいいけど、やっぱり 野球選手 が一番」という声もよく聞きます。

お給料がいいことは当然として、一体なぜ 野球選手 ってそんなに人気なのでしょうか?

・野球選手 はガタイがよくて守られてる感が半端ない

・彼だけがスポットライトを浴びる瞬間がある

・有名人気分に浸れる

・食事の管理など自分が「できる女子」になった気がする

という理由があるそうで、勝手な想像ですけどやはり将来有望な下石選手にも彼女はいるのではないでしょうか・・・

私なりのまとめ!

最後のリーグ戦となる秋季リーグでは、是が非でも優勝を置き土産にプロの世界に行きたいのではないでしょうか。

これからの下石選手はじめ東海大学野球部から目が離せないですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【2017】プロ野球ドラフト候補生(大学)まとめ

【2017】プロ野球ドラフト候補生(高校)まとめ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする