吐前拓哉(東海学園大)ドラフト候補の経歴wiki!高校や中学校もチェック

こんにちは、暑い夏が来ましたね。

高校野球やプロ野球はまだまだ暑い戦いが繰り広げていますが、夏を過ぎると一気に大学野球が注目ですね。

なんせ大学野球界は、ドラフト=即戦力の人材宝庫ですからね。

そこで、これから注目されるであろうドラフト候補についてクローズアップしてみたいと思いますね。

今回は東海学園大学、吐前拓哉選手に注目してみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

吐前拓哉(はんざき たくや)選手のプロフィール

出身地:愛知県名古屋市

身長:184cm

体重:84kg

大学:東海学園大学

ポジション:ピッチャー

球種:ストレート、スライダー、カーブ、フォーク、スプリット

投打:右投右打

プレースタイル:

高校時から投打に注目されていた逸材。

肘が前に出る投げ方はそのままに、大学進学後は体重を12キロアップさせ、安定した下半身から繰り出さられる140キロ台(最速147キロ)の重い剛球とキレのあるスライダーを武器に相手を寄せ付けない姿は、まさに進化系そのもの。

さらなる進化を追い求めるプロ注目の選手です。

小学校

名古屋市立志段味西小学校2年時からグレートブラザーズで野球を始めます。

出典元:http://www.geocities.co.jp

志段味西小学校は名古屋市守山区深沢二丁目177番地にある公立の小学校です。

1912年設立。男女共学。

1年生から6年生まで計675人の生徒数です。

出典元:http://gbdugout.seesaa.net

グレートブラザーズは名古屋市守山区を拠点とする少年少女軟式野球チームです。

2001年設立。

部員数は約40人で、白沢小、小幡北小、志段味東小、志段味西小、瀬古小、二城小、苗代小、香流小、大森北小、金城小、大森小、小幡小等の生徒が在籍しています。

吐前選手も在籍時は背番号10のキャプテンとして

尾張北部旗少年野球大会    優勝

名古屋市スポーツ少年団野球大会 準優勝

中日旗争奪少年野球大会    準優勝

尾張北部会長杯少年野球大会 準優勝

に大きく貢献していました。

中学校

名古屋市立志段味中学校に進学し野球は名古屋ファイターズ(現:名古屋富士ボーイズ/ファイターズ)所属となり投手兼野手として活躍します。

出典元:http://www.gracehome.info

名古屋市守山区大字下志段味字横堤1402番地にある公立の中学校です。

1947年設立。男女共学。

1年生から3年生まで482人の生徒数です。

出典元:http://fighters.ninja-x.jp

名古屋富士ボーイズ/ファイターズは名古屋市守山区吉根(吉根グラウンド)活動拠点に公益財団法人日本少年野球連盟Boys LEAGUE 愛知県西支部加盟のチームです。

スポンサーリンク

30年の歴史の中で、全国大会(ベスト4進出)出場、ジャイアンツカップにも出場し他の公式戦でも幾度となく優勝をあげており、常に強豪チームとして活躍しています。

出身有名人では堂上剛裕選手(中日ドラゴンズ)

出典元:https://ja.wikipedia.org

濱田達朗選手(中日ドラゴンズ)

出典元:http://matome.naver.jp

等がいます。

高校

至学館高等学校に進学。

出典元:https://ja.wikipedia.org

名古屋市東区大幸南2丁目1-10にある私立の学校です。

1905年に中京裁縫女学校として創立され、2005年に共学化。名称も至学館高校に改称されました。

学科は、「普通科」、「家政科」、「商業科」の3学科で構成されており、普通科にはさらに「アドバンスコース」、「留学コース」、「進学コース」、「スポーツサイエンスコース」の4コースが設置され、生徒一人ひとりに合わせた特色ある教育が実践されています。

部活動においては、硬式野球部が2011年に夏の甲子園大会に出場しているほか、ダンス部やレスリング部なども盛んです。

男子:508人 女子:781人 計1289人の生徒数。

偏差値は44~54で愛知県内107位 / 467件中でした。

出身有名人では榊原梨奈選手(兵庫ディオーネ)

出典元:https://twitter.com

等がいます。

1年秋から控え投手としてベンチ入りし、愛知3位で進出した東海大会のマウンドにリリーフとして2試合に出場。

2年の秋季大会で自己最速143キロを記録しチームをベスト8進出に貢献。

県内屈指の本格派右腕として注目を集めます。

肩脱臼という怪我にあい、3年春季大会予選を登板無く終え迎えた夏の選手権県予選では主将・4番・エース兼レフトを務め、ヒジの故障を押して5試合に登板し、31.1回を22安打6失点に抑える力投を見せます。

打の方では全6試合ヒット&打点と打棒を振い、17打数9安打、打率.529本4点13マーク。

投打の活躍を披露しますが準々決勝、愛知黎明高校に3-6で敗戦します。

高校通算18本塁打を記録するなど打者として育成枠での指名を検討する球団もあり、投打とも身体能力は際立っていましたがドラフト指名はなく、地元の東海学園大に進学。

スポンサーリンク

大学

出典元:http://www2q.biglobe.ne.jp

東海学園大学は名古屋市天白区中平2-901に本部を置く私立大学です。通称は「東学」。

1888年創立した浄土宗学愛知支校を前身とし、関連の附属学校があります。

名古屋キャンパスには校舎を一部共有し、高大一貫教育を展開しています。

専門的なカリキュラムで深耕した能力の開発プログラムを学ぶことで社会に出て即戦力となる人材に育てます。

三好キャンパスと名古屋キャンパスがあり、学部によって学ぶキャンパスが異なっています。

吐前選手が在籍していますスポーツ健康科学部は2015年卒業生の管理栄養士国家試験の高い合格率を誇っています。

偏差値は51で保健衛生学系統 162 / 全345件中となっています。

部員数118名、愛知大学野球2部リーグ所属の硬式野球部は2部で優勝はするものの中々1部昇格とはならない状況でしたがついに、春季リーグ2部B組優勝し1部昇格を決めています。

出典元:https://ja.wikipedia.org

出身有名人では田島慎二選手(中日ドラゴンズ)等がいます。

高校時代から肩、肘に痛みがあったため、大学入学後、1年間は投球だけでなくキャッチボールすら禁じられます。

リーグ戦には「4番・指名打者」で出場するも木製バットに苦しみ、「打者としての気持ちは折れました」ということで2年生からは本業である投手に専念。

2年春季リーグの愛知東邦大2回戦で初先発を果たし、8安打2暴投、1対0完封で2部初勝利を収めます。

以降3年秋までの4季で合計15試合に登板し、先発10試合で5完投勝利(3完封)を挙げプロから注目の存在となります。

ドラフト予想

中日・中原スカウト 2017年2月15日談

高校生のころから野手としても注目していた。能力は高いし、精神面も成長している

おそらく地元、中日ドラゴンズはすでに指名候補にリストアップしていると思いますね。

私なりのまとめ!

1部昇格となった秋季リーグでの東海学園大学の戦いに注目です。

さらにレベルの高いチームに対して吐前選手がどう戦いに挑むのか、こちらも注目ですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【2017】プロ野球ドラフト候補生(大学)まとめ

【2017】プロ野球ドラフト候補生(高校)まとめ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする