東克樹(立命館大)ドラフト候補の出身はどこ?中学校や高校もチェック

こんにちは、暑い夏が来ましたね。

高校野球やプロ野球はまだまだ暑い戦いが繰り広げていますが、夏を過ぎると一気に大学野球が注目ですね。

なんせ大学野球界は、ドラフト=即戦力の人材宝庫ですからね。

そこで、これから注目されるであろうドラフト候補についてクローズアップしてみたいと思いますね。

今回は立命館大学、東克樹選手に注目してみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

東克樹(あずま かつき)選手のプロフィール

出身地:三重県四日市

身長:170cm

体重:70kg

大学:立命館大学

ポジション:ピッチャー

球種:ストレート、スライダー、ツーシーム、チェンジアップ、カーブ、カットボール

投打:左投左打

プレースタイル:

オーソドックスな本格派タイプでチェンジアップやスライダーなどの多彩な変化球とキレで勝負する小気味良い投球が魅力。

近畿の大学ではナンバーワン投手と言われるプロ大注目の選手です。

小学校

四日市市立三重北小学校1年生時に三重クラブ少年野球団で外野手として野球を始めます。

出典元:http://www.atnavi-ekimae.com

三重北小学校は三重県四日市市山之一色町90番地にある公立の小学校です。

1978年設立。男女共学。

1年生から6年生まで255人の生徒数です。

出典元:http://blog.goo.ne.jp

三重クラブ野球少年団は三重県四日市市立三重小学校/三重北小学校区の小学生で活動している学童野球チームです。

三泗野球少年団育成者協議会に所属。

創部は1972年で現在部員数は18人でした。

教育長杯優勝、スポーツ少年団県大会優勝、スポーツ少年団東海大会3位と数々の大会で実績を残している強豪チームです。

東選手は小学3年から本格的に投手となり活躍しています。

小学6年時に四日市ボーイズトップエース小学部に入団し硬式野球をはじめます。

中学校

四日市市立大池中学校に進学。野球は四日市ボーイズトップエース中学部所属。

出典元:https://ja.wikipedia.org

大池中学校は四日市市下海老町2662番地の1にある公立の中学校です。

1948年設立。男女共学。

1年生から3年生まで計540人の生徒数です。

出典元:https://blogs.yahoo.co.jp

四日市ボーイズは、昭和54年創設の公益財団法人日本少年野球連盟三重県支部に所属する四日市市に活動拠点を置く硬式野球チームです。

主に四日市市、桑名市、鈴鹿市、いなべ市、三重郡、員弁郡の中学生で構成されています。

全国大会、ジャイアンツカップの出場経験が豊富で、悲願の全国制覇目指して日々練習に励んでいます。

出身有名人では谷口雄也選手(北海道日本ハムファイターズ)

出典元:https://ja.wikipedia.org

柴田章吾選手(読売ジャイアンツ)

出典元:https://matome.naver.jp

等がいます。

東選手も中学3年時には非凡な才能を発揮し元大リーガーの野茂英雄さんが総監督を務める「NOMO JAPAN」のメンバー15人の一人に選出され、ロサンゼルスとハワイで、現地の選抜チームなどと対戦していました。

スポンサーリンク

高校

愛知工業大学名電高等学校に進学。

出典元:https://ja.wikipedia.org

愛知工業大学名電高校は、名古屋市千種区若水3-2-12にある私立高校で通称は「愛工大名電」。

1912年設立。男女共学。

学科は「普通科」と「情報科学科」「科学技術科」が設置されています。

男子:1326人 女子:480人 計1806人の生徒数です。

偏差値は46~66で愛知県内20位 / 467件中でした。

部活動においては、野球部は夏の全国高校野球選手権大会への出場経験があり、春の選抜高校野球大会では優勝経験があるほどの強豪校です。

バスケットボール部も全国大会で優勝経験がある他、バレーボール部や吹奏楽部も全国大会への出場経験があります。

出身有名人ではイチロー(鈴木一朗)選手(マイアミ・マーリンズ)

出典元:https://matome.naver.jp

十亀剣選手(埼玉西武ライオンズ)

出典元:https://ja.wikipedia.org

等多くのプロ野球選手を輩出しています。

1年時から控え投手としてベンチ入りし夏の県大会2試合に先発起用されます。

4回戦で6回ノーヒット、7回2安打無失点の好結果をマーク。

2年春の選抜にベンチ入りするも登板機会がありませんでした。

2年夏の選手権愛知県予選では5回戦で1失点完投の好投を見せ優勝に貢献。

しかし登板機会が無く甲子園の舞台に立てませんでした。

2年秋の新チームから背番号1を背負います。

球速も最速が1年秋時は135キロでしたが3年時には7キロ上げ142キロになります。

臨んだ3年夏の選手権愛知県予選では6戦40回3四死球、36K3失点の好成績を残し2年連続甲子園出場に大きく貢献します。

抜群の制球力で注目されますが選手権1回戦5回2安打と好投見せるも6・7回に計3点を失い、聖光学院に3対4逆転負けを喫しよもやの1回戦敗退となります。

プロからも注目されましたが立命館大学に進学。

大学

出典元:https://ja.wikipedia.org

京都府京都市中京区西ノ京朱雀町1に本部を置く私立大学です。

1900年に設立された京都法政学校を前身としています。

法学から理工学まで幅広く学ぶことができる大学で、特に理工学部は、大学院・学部共に東証一部上場企業などでの技術開発職に就く者が多いです。

法学部や経済学部では、司法試験や国家公務員I種試験、公認会計士などの国家試験に合格する学生もいます。

東選手が在籍しています文学部の偏差値は61で人文科学系統44位 / 全479件中でした。

スポンサーリンク

1921年創部の硬式野球部は現在約110名を超える部員数です。

1931年の旧関西六大学野球連盟(現関西学生野球連盟)の初リーグ戦より参加し現在まで続いています同志社大との立同戦が看板カードとなっています。

リーグ優勝 31回

全日本大学野球選手権大会 準優勝3回

と歴史と実績のある強豪チームです。

出身有名人では金子侑司選手(埼玉西武ライオンズ)

出典元:https://ja.wikipedia.org

桜井俊貴選手(読売ジャイアンツ)

出典元:https://ja.wikipedia.org

等多くのプロ野球選手を輩出している学校としても有名です。

1年春季リーグから出場し、秋季リーグにはリリーフでレギュラーの座を掴み8戦23回2失点で防0.39(1位)を記録します。

3年春季リーグでは京大1回戦で29人目となるノーヒットノーランを達成するなど3勝(2完投2完封)、防0.65(1位)でMVP、最優秀投手、ベストナインを受賞し3季連続優勝に大きく貢献。

台湾ユニバーシアード日本代表にも選出されプロから大きく注目されます。

秋季リーグ戦では球速も自己最速の148キロをマークするなど最多タイの5勝を記録。

そして4年春季リーグではリーグ史上初となる2度目のノーヒットノーランを達成しています。

ドラフト予想

ヤクルト・橿淵スカウト部デスク 2017年7月8日談

「球に力があるし、(JR東日本の)田嶋と並ぶ左腕の上位候補になると思う」

中日・中田スカウト部長 2017年7月8日談

「球持ちがよく、球威が出てきた。1位候補になるのは間違いない」

中日・米村スカウト 2017年5月6日談

「去年よりだいぶ良くなっている。秋に向けて評価は上がるんじゃないか」

第29回ユニバーシアード競技大会(台湾・台北市/野球競技は8月20日開幕)日本代表に選ばれています東選手には代表合宿通して12球団が視察に来ているということです。

これから更に評価は上がると思うので各球団の争奪戦があると予想しますね。

私なりのまとめ!

ドラフトの前に、2季連続リーグ2位の成績に甘んじていますので、秋季リーグ戦は是が非でも優勝を置き土産にプロの世界に行きたいのではないでしょうか。

これからの東選手はじめ、立命館大学硬式野球部から目が離せないですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
【2017】プロ野球ドラフト候補生(大学)まとめ

【2017】プロ野球ドラフト候補生(高校)まとめ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする