寺尾聰若い頃の写真がイケメン!妻や子供の現在についても調査してみた

こんにちは、これまで多くの話題作に出演され数々の賞を受賞されています寺尾聰さん。

役者として常に第一線で活躍され、この人の存在無しでは作れない作品もあるのではないでしょうか!

またミュージシャンとしても1つの時代を築いたと言っても過言ではないですね。

そんな寺尾聰さんに対して私は知らない事が多々あります。

そこで今回、若い頃や嫁さん、子供さんについて調べてみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

若い頃の写真がイケメン!

出典元:https://matome.naver.jp

文化学院大学文学部在学中にアマチュアバンド「ザ・サベージ」を結成。(寺尾さんはベースを担当)。

都会的でクールなイメージのあるバンドとして注目され、学生主催のパーティーやコンサート等で活躍。

特に女学生の間で圧倒的な人気を誇っていたということです。

この頃からすでに寺尾聰=イケメンと捉えてもいいのではないでしょうか。(笑)

大学卒業時期にアマチュアバンドコンテストで優勝し、ホリプロ社長の堀威夫氏からスカウトされ1966年7月、フィリップス・レコードより「いつまでもいつまでも」でレコード・デビューを果たします。

しかし67年3月に父親(宇野重吉氏)と同じ俳優の道へ進むためにサベージを脱退。

石原プロモーション所属となり、翌68年2月、映画『黒部の太陽』でスクリーン・デビュー。

石原軍団の若手有望株として、主にテレビドラマに出演し人気を獲得していきます。

そして伝説の刑事ドラマ「大都会 PARTIII」(1978年10月3日~1979年9月11日放送日本テレビ系列)での牧野次郎(愛称はジョー)役。

「西部警察」(1979年10月14日~1982年4月18日放送テレビ朝日)での松田リキ(愛称はリキ)役と2人ともサングラスに44マグナムを愛用するという新たな刑事役として社会現象にまでなりました。

石原軍団独特の漢というイメージとは違い、クールでニヒルそしてどこか寂しげなキャラが女性達のハートを鷲掴みにしていました。

そんな中での音楽活動ですから売れないわけがないでよね~(笑)

1981年2月にリリースされた「ルビーの指環」が大大大ヒットしました。

  • 週間1位(10週連続 、オリコン)
  • 1981年度年間1位(オリコン)
  • 1位(12週連続、ザ・ベストテン)
  • 1981年度上半期1位(ザ・ベストテン)
  • 1981年度年間1位(ザ・ベストテン)
  • 1位(10週連続、ザ・トップテン)
  • 1981年度年間1位(ザ・トップテン)
  • 1位(10週連続、全国歌謡ベストテン)
  • 1981年度年間1位(全国歌謡ベストテン)
  • 1981年度年間1位(歌謡ベスト10)
  • 第23回日本レコード大賞を受賞。
  • 第32回NHK紅白歌合戦出場。

売上枚数は160万枚という、とんでもない記録を打ち立てました。

また、レコード大賞では作詞者の松本隆は同賞の作詞賞、作曲者の寺尾は作曲賞、編曲者の井上鑑は編曲賞を受賞し、楽曲製作者に贈られる3タイトルを総なめにしています。

35年以上経ちますが今でもかっこいいですね。(笑)

そしてもう一つ当時の寺尾さんと言ったら、今でも男性のモテアイテムの1つのサングラスではないでしょうか!

実は、サングラスには男を魅力的にさせる3つの理由があるということですね。

一つ目の理由は、「サングラスをかけると顔が左右対称に見える」というものです。

人の顔というのは、どんなに整った人でも左右対称ではないといいます。

これは骨格や日常生活でのクセなどにより、左右どちらかに必ず傾いているからと言われているので、人は左右対称のものに対して美しさを感じるということで、それを補ってくれるのがサングラスということですね。

二つ目の理由は、「目が見えないことでミステリアスになる」ということです。

サングラスもその隠された瞳(サングラスを外した顔)を見たいという好奇心と、それが叶った優越感に浸りたいという思いが、サングラスをかけた人への興味、関心へとつながっていくと言われています。

最後の理由は、「サングラスをかける人はオシャレだから」というもので、サングラス=オシャレに興味があるということですね。

寺尾聰さんが着ている衣装のさりげない着こなし感にも定評がありますからね。

全ての項目に当てはまるので、モテないはずはないですね m(_ _)m

出典元:http://kichibay-ss.blog.so-net.ne.jp

ちなみに「ルビーの指環」で着用していたサングラスは「B&L レイバンUSAウィナー」で同じものを20本所有しているそうです。

スポンサーリンク

寺尾聰さんは1973年に「2丁目3番地」(日本テレビ)で共演した范文雀(はん ぶんじゃく)さんと結婚しますが、1974年には離婚しています。

離婚理由についてはわかりませんでした。

その後、モデルで女優の星野真弓(ほしのまゆみ)さんと結婚されました。

「西武警察」に星野真弓さんがゲストで出演されたのがキッカケで、星野さんが「池中玄太80キロ」の出演を終えた直後に結婚、当時は星野真弓さんが19歳前後で寺尾聰さんが33歳前後の年の差結婚でも話題になっていました。

現在は寺尾さんが70歳なので、星野さんは55、6歳前後ということでしょうか!

子供

2人の娘さんがいらっしゃるということです。

長女か次女かは、わかりませんが2005年にテレビ出演された時に20歳ぐらいの娘さんがいることを話していたので、現在は30代前半の娘さんがいるということですね。

娘さんの年齢からして、ひょっとしたら寺尾さんには、お孫さんがいるかもしれないですね。

私なりのまとめ!

これからさらに、深みが増した演技と音楽にも注目ですね。

またお孫さんがいるとしたら、役者かミュージシャンとして活躍されるかも知れないのでこのあたりも注目です。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
上白石萌音は明治大学に通ってる?出身高校や中学校も徹底調査

役所広司 現在の年齢が意外な件!妻の名前や顔画像がネットで流出?

【2017】山崎賢人が熱愛を認めた彼女は誰?結婚相手になるのか徹底調査!

竹内涼真の彼女はモデル?高校時代からの付き合いとの噂も

スポンサーリンク

関連記事はこちら



コメントを残す

*