クセニヤ・サプチャークの経歴wiki!父親はプーチン大統領の師匠?

こんにちは、来年はサッカーロシアワールドカップが開催され世界中から注目を集めますが、その前に大統領選挙で注目されますね。

プーチン大統領の再選確実と言われていますが、反政権派で知られるクセニヤ・サプチャーク女史が大統領選挙に出馬の意向を示し話題になっています。

ロシアのパリス・ヒルトンと言われていますクセニヤ・サプチャーク女史とは一体どういう方なのか気になったので調べてみました。

参考にしていただけたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

クセニヤ・サプチャークさんのプロフィール

本名:クセニヤ・アナトールバ・サプチャーク

生年月日:1981年11月5日

年齢:35歳

出身地:レニングラード

身長:170cm

学歴:サンクトペテルブルク大学、モスクワ国際関係大学

職業:ジャーナリスト、パーソナリティ、社会活動、女優、政治家、モデル

大学

日本で言う高等学校課程のHerzen State教育大学を卒業し1998年、サンクトペテルブルク大学国際関係学部に進学します。

出典元:https://ja.wikipedia.org

サンクトペテルブルク大学は1819年、帝政ロシア時代に創立された旧ソ連で最も古くて大きい大学です。

23の学部があり、1854年に創設された東洋学部の日本(語)研究は旧ソ連でも最高峰と定評があります。

学生数は25,000人以上で、夜間部、通信講座、予科を併設。教授、研究者は合わせて約5,000人。

出身有名人はウラジーミル・プーチン第2・4代大統領

出典元:https://ja.wikipedia.org

ドミートリー・メドヴェージェフ第3代大統領

出典元:https://ja.wikipedia.org

と出身者を見ただけでロシア最高峰の1つの大学だと言うことがわかりますね。m(_ _)m

そして2000年にはモスクワ国際関係大学に移籍しました。

これまた凄い大学ですね。

出典元:http://p.twipple.jp

国家エリート養成のための公立大学として有名です。

ロシアの最高峰と言えばモスクワ国立大学、モスクワ国際関係大学、モスクワ言語大学で

日本で言うと東大、慶応、東京外大のような存在です。

出身有名人ではセルゲイ・ラブロフ 氏(ロシア外務大臣、元駐米大使)

出典元:https://ja.wikipedia.org

セルゲイ・プリホチコ氏(ロシア連邦副首相兼内閣官房長官)

出典元:https://ja.wikipedia.org

等こちらの大学も凄い人ばかりです。

2004年にクセニヤ・サプチャークさんは卒業されます。

スポンサーリンク

卒業後

卒業後は2004年のリアリティ番組の司会で一躍有名になります。

「ロシアのパリス・ヒルトン」と呼ばれタブロイド紙を騒がせます。

また2007年にはロシアのラッパーTimatiの「potancuy」ミュージックビデオに出演し話題になりました。

そして得意の語学力(英語、フランス語、スペイン語)を活かしジャーナリストや国営テレビの司会でプーチン大統領にも単独インタビューしています。

モデルとしてもファッション誌「VOGUE」に登場するなどロシアでは超有名人といったところでしょうか!

#Repost @mashildaglam (@get_repost) ・・・ #доброеутространа Решила удивить вас прямо с утра… как я вчера и писала, в редакциях журнала Glamour по всему миру решили не дожидаться 8 марта и заявить о женской силе, дружбе, интуиции и работоспособности, а главное-солидарности, уже сейчас-так что наш ноябрьский номер везде от Нью-Йорка до Кейптауна посвящен сильным женщинам, и сделан их собственными руками. #poweredbywomen Мы предложили мужчинам (ну почти всем) работающим для нас немного отдохнуть, и отдали материалы ноябрьского Glamour в руки талантливых женщин – стилистов, визажистов, фотографов и репортеров. Результат говорит сам за себя: женщины могут все, в том числе прекрасно работать друг с другом. Того же мнения придерживается и героиня нашей обложки Ксения Собчак – женщина которая в разные этапы своей жизни раздражала меня, удивляла, вызывала уважение, а теперь безусловно восхищает, являя собой самый яркий пример того, что наши американские коллеги называют self-made woman. Впрочем, удивлять Ксения не перестает никогда – вот и в разгар подготовки нашего ноябрьского номера, она вдруг в очередной раз стала героиней политических новостей, недвусмысленно заявив о готовности участвовать в ближайших президентских выборах. (Посмотрим, что из этого выйдет..) Не буду скрывать, мир в котором главный редактор женского журнала может претендовать на главный пост в стране, нравится мне куда больше того, где все безапелляционно решает Гоша из фильма «Москва слезам не верит»» (будь он даже красив и обаятелен, как Алексей Баталов). 🔥 так что встречайте наш новый номер и другую @xenia_sobchak #вовсехкиоскахстраны

Ксения Собчакさん(@xenia_sobchak)がシェアした投稿 –

2013年にロシア人俳優のマキシム・ヴィトルガン(Maxim Vitorgan)氏と結婚。

マキシム・ヴィトルガンさんのプロフィール

生年月日:1972年9月10日

年齢:45歳

出身地:モスクワ

身長:190 cm

体重:95 kg

職業:俳優、テレビのホスト

マキシム・ヴィトルガンさんは過去に2回の結婚・離婚歴があり、最初の妻との間に娘さんと息子さんがいます。

2016年11月にはクセニヤ・サプチャークさんとの間に息子プラトンくんが誕生しました。

Нюхаем счастье!!!!:))))

Ксения Собчакさん(@xenia_sobchak)がシェアした投稿 –

クセニヤ・サプチャークさんは2011年のロシア下院選挙の不正疑惑に対して抗議デモに参加したのをきっかけに、2012年の大統領選では、反プーチン派として選挙運動に参加し、プーチン氏が大統領に当選後も反政権デモに加わって、家宅捜索を受けたり、一時拘束されたりしていました。

そういった反政権活動を経て今回は

「プーチン氏が大統領になったのは私が18歳の時。大統領選の候補者もいつも同じ顔ぶれだ。私は彼らすべてに反対する」

と述べ今回大統領選挙に出馬するのではと話題になっています。

スポンサーリンク

父親はプーチン大統領の師匠?

父親は言わずと知れたアナトリー・サプチャーク氏です。

レニングラード大学法学部経営法講座主任教授時代の教え子にプーチン大統領やメドヴェージェフ首相がいた事は有名な話です。

アナトリー・サプチャーク氏のプロフィール

本名:アナトリー・アレクサンドロヴィッチ・サプチャーク

生年月日:1937年8月10日

年齢:2000年2月20日(62歳没)

出身地:ソビエト連邦チタ

学歴:レニングラード大学法学部

職業:    弁護士、レニングラード大学法学部講師、助教授、教授、レニングラード(サンクトペテルブルク)市長

1989年3月にソ連人民代議員の候補者に推薦され、経済と司法の改革を主張して当選。

1990年レニングラード市ソビエト議長に選出されます。

エリツィン、ガブリール・ポポフらとともにソ連共産党を離党し、1991年6月レニングラード市長に選出されます。

同時にロシア民主改革運動設立に参加し、共同議長に就任。

1994年6月には後のプーチン大統領を第一副市長に任命します。

プーチン氏は市政でその手腕を発揮し、後にこれがきっかけで中央政界に進出することになりました。

1996年の市長選に敗れ翌97年には横領罪に懸けられフランスに亡命。

その後プーチン氏の首相任命に伴い1999年帰国します。

2000年、2月20日にプーチンの大統領選挙の支援活動の旅行中にカリーニングラード州スヴェトロゴルスクで急死。

何者かによって毒殺されたということですが、背景に当たっては現在でも一切不明となっています。

出典元:https://ja.wikipedia.org

母親のリュドミラ・ナルソワさんも政治家です。

リュドミラ・ナルソワさんのプロフィール

生年月日:1951年5月2日

年齢:66歳

サンクトペテルブルグ文化アカデミー助教授を経て1995年12月第2期国家会議代議員選挙で「我が家ロシア」から比例区繰り上げ当選。我が家ロシア会派所属。第2期国家会議女性・家族・青年問題委員会委員の経歴です。

アナトリー・サプチャーク氏の次女として生まれたクセニヤ・サプチャークさんは実はプーチン大統領より政治家としてサラブレッドかもしれないですね

私なりのまとめ!

はっきりとは大統領選挙に出馬されるのかわからない所もあるので、クセニヤ・サプチャークさんのこれからの動向から目が離せないですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする