【JUDY AND MARY】TAKUYAの現在!逮捕されたという噂も

こんにちは、安室奈美恵さん引退に代表されるように、ここのところ音楽番組を見ていますと、やたら懐かしい名前に出くわしますね。

また90年代の音楽シーンについてのニュースも、ここ1年くらいで非常に増えた印象があります。

そして90年代を代表するバンドの1つ、JUDY AND MARYも忘れてはいけませんね。

解散しても尚、根強いファンに愛され、復活して欲しいと願っているファンも多くいるのではないでしょうか。

そんな思いもありつつ、バンドのメインソングライターでもあったTAKUYAさんの現在が気になるところですね。

この記事はそんな気になることにスポットを当てています。

スポンサーリンク

現在!

現在もギタリストとして、プロデューサーとして、またはスタジオ作りの仕掛け人として活動されています。

ギタリスト

4月8、9日に埼玉・富士見市第2運動公園でライブイベント「ももクロ春の一大事2017 in 富士見市~笑顔のチカラつなげるオモイ~」に出演していました。

最初(17時スタート)~最後(20時終演)まで約3時間演奏され、時折ステージの前面に飛び出してギターを弾くなどして存在感を発揮。

シンプルにギターを「ギャ~ン」と弾けた事に幸せを感じていたといいます。

7月には自身のバンド「TAKUYA and the Cloud Collectors」を率いてなんと、アマチュアバンドの日本一を決めるコンテスト「EMERGENZA 2017」出演され決勝進出。

決勝戦は渋谷O-Eastで動員1,500人、優勝すればTaubertal Festivalで3万人相手にライブ!そこで優勝すれば2週間無料ヨーロッパツアーの特典があります。

13組のバンドが決勝進出し「TAKUYA and the Cloud Collectors」の結果は7位だったそうです。

しかし大会のベストギターリスト賞はTAKUYAさんで、一先ずプロの意地をみせたということでしょうか(笑)

ちなみに優勝は札幌のバンド「SNARE COVER」でした。

プロデューサー

以前から猿岩石、SMAP、藤井フミヤ、高橋瞳、等多くのアーティストへの楽曲提供を行っていますが、TAKUYAさんと言ったら私立恵比寿中学の7枚目のシングル「ハイタテキ!」(2014年11月発売)の作詞・作曲を手掛けたのでも有名ですね。

週間3位(オリコン)、デイリー1位(オリコン)の結果となっていました。

そして今回、2017年5月発売のニューアルバム「エビクラシー」の収録曲(紅の詩)の作詞・作曲を担当。

「エビクラシー」はなんと、オリコン デイリーアルバムランキング1位に輝いています。

アーティスト等のそれらとはまた違う「商店街バンド」のプロデュースもされており、幅広く活動されていました。

また日本に留まること無く、海外アーティストのプロデュースにも力を入れており、2015年には台湾の人気アイドル「AARON(アーロン)」のシングル「MOISTURIZING」のプロデュース・作曲を手掛けてアジア圏内にも活動の場を広げています。

スタジオ作りの仕掛け人

2015年には世界的なスタートアップイベント「SLUSH ASIA」にて、福岡にアジア音楽のハブとなるスタジオを建設するという構想を発表しました。

日本の音楽市場より、アジアの音楽業界は明らかに景気が良いといいます。

アジアは、モノはあるけど人がいない状態で、例えば北京のスタジオでは、予算をかけられるから最新の機材をはじめ、ものすごい設備が整っています。

しかしそれを使いこなせる人材が決定的に不足している明らかな人材難だそうです。

日本のエンジニアやプロデューサーが重宝されている現状を目の当たりにして、このままなにもしないと日本はアジアの音楽シーンからも取り残されてしまうという考えが以前からあったといいます。

この危機感から、アジアの玄関口でもある福岡に本格的なスタジオを作り、一線で活躍するミュージシャンがツアーの合間にレコーディングに参加したり、街中のカフェで気軽にセッションをしたり文化としての音楽の魅力、何よりアジアのアーティストとの交流、そしてビジネス、それらのハブになるような存在をめざしているということで、TAKUYAさんは命をかけて取り組んでいると宣言していました。

スポンサーリンク

逮捕されたという噂

こちらについては、TAKUYAはTAKUYAでもUVER worldのTAKUYA∞さんでした。

TAKUYA∞さんは2006年12月に東京・JR大森駅前の禁止区域のバスレーンへ車で進入し、警官に注意を受けた際に制帽を振り払って公務執行妨害の現行犯で逮捕された経歴があります。

これによって、バンドは約2カ月間の活動停止とセカンドアルバム「BUGRIGHT」の発売延期を余儀なくされ多くのファンに衝撃を与えた過去がありました。

ちなみに逮捕とは関係ありませんが、TAKUYAさんはJUDY AND MARY時代の中期以降はメインソングライターとして活動を支えていました。

一方、TAKUYA∞さんもUVER worldでは、殆どの曲では作詞を担当、作曲でも彰さんと共に多くの曲に携わっている言わば、メインソングライター的な存在なので、TAKUYAという名のアーティストには、才能が集まっているかもしれないですね。

TAKUYAさんのプロフィール

本名:浅沼 拓也(あさぬま たくや)

生年月日:1971年9月9日

年齢:46歳

出身地:京都市京都府

血液型:O型

学歴:京都府立洛北高等学校(中退)

事務所:ユニバーサルミュージック

93年9月、90年代を代表するロックバンド「JUDY AND MARY」のギタリストとしてデビュー。

「クラシック」「くじら12号」「イロトリドリノセカイ」など多くのヒット曲の作曲・作詞を手がけます。

2001年に解散してからも、再結成を望む声は今もあるそうですが「あの時のようにはならないよ」というのが年々強く言えるようになったということで・・・難しいですね (T_T)

プライベートでは2004年に地元・京都の元芸妓の女性と結婚しますが、2006年に離婚。子供はいませんでした。

私なりのまとめ!

かなり幅広く活躍されているので、これからもTAKUYAさんの動向から目が離せないですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
Chara、元旦那の浅野忠信との離婚理由が意外だった!新しい彼氏についても調査

yuki、子供の突然死は原因不明?年齢を感じさせないのは好きな男性の影響か?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする