唐田えりかの韓国語名は?少女時代との関係に衝撃!

こんにちは、2018年ブレイク間違い無しと言われています唐田えりかさん。

透き通った瞳と爽やかな笑顔が印象的で有村架純さんも絶賛のTMK(透明感)が注目され大活躍です。

そんな唐田えりかさんについて、もっと知りたいという人もいるかと思います。

この記事は唐田えりかさんの経歴や韓国との関係についての内容となっています。

スポンサーリンク

唐田 えりか(からた えりか)さんのプロフィール

韓国語名:카라타에리카(カラタエリカ)

愛称:からたん

生年月日:1997年9月19日

年齢:20歳

出身地:千葉県君津市

血液型:A型

身長:167cm

スリーサイズ:B:79/W:58/H:78

職業:女優、モデル

事務所:フラーム、BHエンターテインメント

趣味:音楽鑑賞、写真撮影

特技:書道

憧れる女優:榮倉奈々さん、二階堂ふみさん

デビュー前

小学校高学年の頃から姉の「Seventeen」を読んでいて、桐谷美玲さん、榮倉奈々さんに憧れ、小さいときから母親には「モデルをやりたい」と伝えていたそうです。

中学生の頃には、原宿を歩いていると実際に声をかけられていたということですから、当時からオーラが出ていたということでしょうか(笑)

もらった名刺を家に持ち帰って、机に置いたままにしていると母親は「向いてるんじゃない?」とけっこう前向きでしたが、祖母は「捨てなさい、絶対ダメよ、そんな世界」と大反対だったそうです。

高1から高2の夏くらいまで、バイト中に知り合いに会いたくないとの理由で送迎バス片道1時間の富津市にあるマザー牧場でアルバイトをしていました。

そこで運命の出会いがあります。

高2の時、子どもたちが遊ぶ広場の受付をしており、そこに偶然女優、広末涼子さん、戸田恵梨香さんらが所属する芸能事務所、フラームの関係者が家族サービスで来場。

マスクをして対応していた唐田さんに関係者が「すいません、うちの子どもと一緒に写真撮らせてください。せっかくだからマスクを外して一緒に写ってください」とお願いをされ写真を撮りました。

その後、関係者が「今日はプライベートで名刺を持っていませんが、こういう者で」と売店で慌てて買った牛のキャラクターがついたボールペンで、牧場のパンフレットに事務所の名前や連絡先、所属している方々の名前を走り書きして渡してくれたというエピソードがあります。

そのぐらい関係者にしてみたら宝の原石を掴んだ気持ちだったかもしれないですね。^^そして事務所からあらためて実家に挨拶に来て、その熱意に惹かれ芸能界入りを決意。

ボイストレーニングをしながら、デビューを目指してドラマやCMなどのオーディションに挑戦します。

スポンサーリンク

デビュー

2015年5月(当時高3)、サンケイスポーツ企画「気になるあの娘GWコレクション」で芸能界デビューを果たしました。

「人の心を動かせる女優さんになりたいです」

と意気込みを語っていました。

7月に放送された月9ドラマ「恋仲」(フジテレビ系)にゲスト出演し、女優デビュー。

また9月には、芸能事務所各社の期待の新人20〜30人が集まったオーディションを勝ち抜き「ソニー損害保険」のCMに起用されたことで知名度を上げ「あの美人はだれ?」と話題になります。

高校卒業後の2016年4月より芸能活動に専念するため5月に上京。

7月より放送のテレビ東京『こえ恋』に主要キャストで出演、連続ドラマに本格的にデビュー。

また女優とモデルの両立を目指しており、2017年12月発売のファッション誌「MORE」2018年2月号より専属モデルとして加入。

2018年は、連続ドラマ「トドメの接吻」(日本テレビ系)や第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品の映画「寝ても覚めても」(9月公開)へ出演など、事務所の先輩、有村架純さんに続く活躍が期待されています。

スポンサーリンク

少女時代との関係に衝撃!

2015年が日本での芸能界デビューと言われていましたが、実は2014年9月、UNVERSAL MUSIC JAPAN がWeb限定で公開している「少女時代 / DIVINE (Story ver.)」に出演していました!!

しかもデビュー前で主演ということですから、ナンノコッチャわかりませんが衝撃的に凄いですね~ m(_ _)m

2014年7月23日に発売され、オリコンウイークリーチャートで2週連続の1位を獲得、10位以内に5週連続でチャートインし、今もロングセールスを続ける大ヒットとなった少女時代の初のベストアルバム「THE BEST」。

これにとっておきの新曲を加えた特別エディションがあり、この新曲が「DIVINE」ということでした。

そして「DIVINE」発表前にメンバー・ジェシカさんの脱退を突然発表したこともあり、かなり話題作になりました。

話題作のMV主演を任せた事務所の、唐田えりかさんへの期待がどれくらいすごい事か、このことからもわかりますね。

このような経緯もあり、韓国では日本以上に人気があるということです。

LG電子のCMに出演したことをきっかけに、その爽やかなルックスが受け人気が急上昇。

10月には、韓国事務所「BHエンターテインメント」と契約し、本格的に活動を開始させ、韓国最高の発行部数を誇る一般紙『朝鮮日報』でも、「BHエンターテインメント、日本の清純俳優・唐田えりかと専属契約」と報じられたほどの注目度でした。

「BHエンターテインメント」は韓流ブームの立役者のひとりで最近では「G.I.ジョー」シリーズや「マグニフィセント・セブン」などハリウッドでの活躍も目立つイ・ビョンホン。

また、日本の韓流時代劇ブームを盛り上げた「トンイ」のハン・ヒョジュ、「イ・サン」のハン・ジミン、「太陽を抱く月」のハン・ガイン。

さらに、実力派俳優として定評あるコ・ス、チン・グなど、韓国で人気と実力を兼ね備えたトップ俳優&女優たちが所属しており、まさに演技者専門の大手プロダクションと言われていました。

唐田えりかさんに対して

「日本で多様な作品に出演しながら成長している唐田えりかの韓国活動にも、全幅的な支援を惜しまない」

と「BHエンターテインメント」も全幅の信頼を寄せています。

ちなみに、あれだけ芸能界入りを反対していた祖母はといいますと、最初にコマーシャル出演をしたあたりから、急に「私の孫が」「みんな見て」と、今では家族で一番っていうくらい応援しているということでした。(笑)

私なりのまとめ!

2018年はブレイク必至と言われています。

これからの唐田えりかさんの動向から目が離せないですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする