山根明の嫁は外国人?息子の仕事や学歴が気になる

こんにちは、アマチュアボクシング不正問題で、今や日本で一番注目されていると言っても過言でない、一般社団法人日本ボクシング連盟第12代会長男・山根明氏。

とにかく強烈なキャラで他人を威圧し、パンチがききまくってますね。

さらに、類は類を呼ぶじゃないですけど、取り巻きも強烈な個性を持っているのではないでしょうか。

この記事は、気になる山根氏の嫁や息子についての内容となっています。

スポンサーリンク

嫁は外国人?

8日、山根氏が辞任を決意したのが事前に、現在再婚をしている嫁に相談したとし、嫁からは「会長、あなたは世界一の男や」「どんなことをしてもあなたを生きている間、面倒を見ていくから、男の花道だけは正々堂々として生きてください」という、28歳年下の嫁の一言だったということですね。

そこから嫁にもスポットライトが向くようになっていきましたね。

この時点でネット上では、「そういや嫁って名字が違うらしいんだけど」「純粋チョンなのだろうか」と韓国系と思わせる情報がありました。

そして11日放送のTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」の取材に応じ、「怖かったけど、すごく温かい人。愛情が深い。私は死ぬまで会長の側におります」と涙を流して、辞任を促したことには、「かわいそうで見てられない。楽になってほしい」と理由を語っていました。

このことから「言葉も韓国訛りあり韓国人でしょう。」「奥さんは韓国人です。」という事が大半を示しています。

また辞任表明から約5時間後、多数の報道関係者が待ち構える大阪市内の自宅に車で到着。

これまでの取材に山根節で反論していた強気の姿勢から一転問い掛けに無言を貫き、指を2本立てピースサインのようなしぐさを見せ、大混乱する報道陣をかき分けるように進み、妻に口元を押さえられる場面があり話題になりました。

画像です。

  • ここから情報が出てきた感じですね。
  • 数年前飲食店で知り合う。
  • 6年前に結婚。
  • 大阪市生野区今里新地にある韓国クラブを山根明元会長は経営。
  • こちらは4人目の現在の妻に任せている。

ということです。

スポンサーリンク

ちなみにこの店というのが、今里(近鉄線)駅出口から徒歩約6分の所にある、韓国クラブオアシス(CLUB OASIS)という情報がありました。

生野区と言えば言わずと知れた「韓国人街」です。

日本で一番、韓国人が多く住んでいる地域として有名です。

表のコリアンタウンが鶴橋、今里は裏コリアンタウンと言われており、今里新地内に数多くある韓国家庭料理や美容室、その他のお店のほとんどは日本語が話せない韓国人の為にあるお店が多いということでした。

このことからも山根氏の嫁が韓国人である可能性が極めて高いですね。

ただ山根氏は以前、インタビューで結婚は2回と応えているので、今の嫁とは事実婚かもしれないですね。

また山根氏はこちらも注目人物日本大学理事長・田中英寿氏とも親交が深いことでも話題になっていました。

「山根会長と田中理事長はコワモテ同士、ウマが合うのでしょう。数十年来の仲ともいわれている。山根会長の奥さんが経営している大阪市内のクラブに2人でよく行っていたようです」
なんてことも言われ、さらに「5、6年ぐらい前に、(山根会長の奥さんの)店から酔うて出てきた田中さんが、近くの家の前で立ちションをしとったらしい。その時に、壁の縦といを握って小便しとったようで、力入れよったのか、そのといを壊したらしいんや。ずうたいがデカイからな。そこの住人は、自腹で修理代払うたいうことや」

と田中理事長の立ち小便による器物損壊疑惑という仰天エピソードがありました。

9日夜、山根氏は妻について「私は78歳ですから。人生わかりません。私の人生は我が嫁にかかってますから。人間としてのひとつの区切りと宿命やと思っています。だから、この人も私と28歳も違います。可哀想なことしたなと、申し訳ないと。28歳も違ってこういう男と出会って苦労をかけるなと考えると非常に胸が痛いです」と明かすと、隣にいた妻は隣で号泣し車に乗りむというええ話?もありました・・・(-_-)

スポンサーリンク

息子の仕事

前一般社団法人 日本ボクシング連盟副会長 兼 専務理事代行で山根氏の息子、山根昌守(やまね まさもり)氏にも注目が集まっています。

画像です。

山根昌守氏は大阪市でアティックオート株式会社を経営していました。

米国の大型車であるハマーやコルベット、 キャデラック、クライスラーなどを販売する専門店です。

資本金は1000万円ということで、年収については詳しいことはわかりませんが、中古車ディーラーを経営している方によれば、年収は約800万、給料は約70万円ということでした。

ただ山根明氏がインタビューで「息子が600万の時計を」と応えているところからすると1000万以上の年収はあったと思いますね。

しかし、そのアティックオート株式会社も2017年12月31日をもっていきなりの閉店でした。

また日本ボクシング連盟の役員報酬は無報酬と言われていますが、今となっては・・・どうなんでしょうか。

一部では2000万〜3000万円貰っていたのでは?なんてことも言われていました。

ですから、日本ボクシング連盟からなんらかの収入はあったと思いますね。

スポンサーリンク

息子の学歴

最終学歴が中卒でした。

山根 昌守(やまね まさもり)氏のプロフィール

生年月日:1694年9月27日

年齢:53歳

出身地:大阪府

身長:170cm

体重:67kg

最終学歴:十三中学校

役職:前一般社団法人 日本ボクシング連盟副会長 兼 専務理事代行、前女子ボクシング委員会副委員長(相談役)、前アンダージュニア(UJ)委員会委員長、前専門委員会特別強化執行役

ネット上には、「中卒バカ息子」なんてコメントも目にしますね。

これについては、ボクシング経験皆無なのに、ロンドンオリンピックボクシング決勝で、準決勝までは出てこなかったのに、いきなり決勝戦になったときにコーチ面して、村田諒太選手のセコンドに付いたという話。

さらには決勝前夜のどんちゃん騒ぎの話があります。

決勝前夜、村田諒太選手は当然、明日の決勝戦に備えて眠っていたところでした。

でもなんだか騒がしい。

そう、自分の隣の部屋は大騒ぎ状態。

何が起こっているのか?と思っていると、村田選手の部屋に来て、クーラーボックスを漁る人影が、誰かと思うと、その人こそ山根昌守さんでした。

「ビールががないかなと思って…」ということでした。

まぁ~ボクシングはわかりませんが、サッカーや野球など、地方の市の大会や町の大会では、こういった事がおこなわれているのは耳にしますが・・・

オリンピックという舞台で、明日は金メダルをかけた決勝戦で、そんな一世一代の試合を前した村田選手の隣の部屋で、どんちゃん騒ぎで宴会!?

山根昌守さんは、日本ボクシング連盟役員それどころか、当時は日本ボクシングチームのリーダーですからね~。

批判されてもおかしくないですね。(*_*)

私なりのまとめ

今後ますます、山根明氏とその周辺は騒がしくなりそうですね。

さらには、どんなキャラを持った人物が登場するのか、目が離せないですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする