名取裕子 若い頃のトラブルとは?夫や子供がいるのか気になる

こんにちは、テレビ朝日の好評シリーズで有名な、『京都地検の女』『法医学教室の事件ファイル』など主演を務めています名取裕子さん。

2時間ドラマの女王の異名をもち、絶大な人気を誇っていますね。

王道女優として、なかなか素顔を見せない1面も、カリスマ性を高めているのかもしれないですね。

同時に知りたいと思っている人も多くいるのではないでしょうか。

この記事は、名取さんの若かりし頃や、結婚についての内容となっています。

スポンサーリンク

若い頃のトラブルとは?

名取さんは23歳の頃、CMの演出を巡るトラブルで事務所(島田事務所)と決裂し引退状態に追い込まれていた状態だったということです。

といいますか、名取さんは芸能事務所を辞めて、どこにも所属していなかったといいます。

1982年、当時NHKのディレクターであった和田勉さんが、『松本清張シリーズ・けものみち』に民子役として直接出演を依頼され、名取さんが、干された状態からトップ女優へ転機となった作品であることは有名な話ですね。

また、この作品は第15回テレビ大賞優秀番組賞受賞しています。

民子役を引き受けた後は、和田勉さんがつきっきりで見ていたそうです。

  • 朝、NHKに行くと和田さんが入口に立っていて、「今日の顔はダメだ!何点だ!」と採点していた。
  • メイク室に行くとメイクさんの横で「そばかすは消さないで!そのまま!」と言いながら、ずっと見ていた。
  • 夫を殺すシーンでガソリンの瓶を投げて走って逃げるときは「今の2万倍の速さで走って!」と言われた。
  • 旅館に帰ってきたときは「今の38625倍の速さで!」と言われた。
  • カメラから見切れて顔がきちんと映っていなくても「いい!この一回だけだ!もう一回はない!」と言われた。

等、和田さんが撮影中も細かく指示を出し、気迫がすごかったということでした。

「私は民子を演じていなかったら、女優をやっていなかったかもしれない。」と後に名取さんは語っていました。

スポンサーリンク

ちなみに、名取さんのように、芸能人の独立や移籍を巡ってトラブルになるケースが多々あります。

事務所は時間とカネをかけてタレントを育てています。

売れた途端に『移籍する』と言われて『はい、どうぞ』とはいかないということです。

移籍&独立する際は禊(みそぎ)として半年から1年ほど、活動自粛を余儀なくされるか、移籍金を支払うケースが多いといいます。

  • 伊東ゆかりさんは、1970年にナベプロから独立しましたが、ナベプロはその後、独立した芸能人たちに圧力をかけるなどの行為を行い、現在の『所属事務所を独立したら芸能界を干される』という芸能界の掟を築いていきました。
  • 森進一さんは、1979年(昭和54年)2月に、デビュー以来約14年間に渡り在籍したナベプロから独立し、「森音楽事務所」を設立した。しかし一流スターが多く在籍する大手事務所からの独立は芸能界における自身の居場所を失う可能性を示唆していました。
  • 1987年に、第一プロダクションから独立した小林幸子さんは、芸能界を干されこそしませんでしたが違約金は2億円もかかったとのことです。
  • 小柳ルミ子さんは、順風満帆かに見えたが、元々、ポップスやミュージカルを志向していた小柳さんと渡辺プロとは意見の相違があり、待遇面の不満も含め、渡辺プロダクションからの独立を巡り当時のナベプロに妨害された事から仕事を干される等辛酸を舐めています。

現在でも、タレントたちの移籍や独立でメディアを騒がせており、その裏では事務所との知られざる暗闘があると言われていました。(・・;)

スポンサーリンク

夫や子供がいる?

現在も独身ということです。

「絶対結婚しない」と決めている訳ではないそうです。

  • 昔は「才能がある」男性が理想だったが、現在は名取が飼っている犬を世話してくれて、一緒に1000円ランチを食べるなど、自然に寄り添える男性とタイミングよく出会えたら結婚する。
  • 「年下とか、どんなタイプが好きとか、そんなことはもう言ってられない(笑)。結婚だけがすべてじゃないけど、チャンスがあれば、ぜひ! 一緒にいて楽しい時間を過ごせる相手ができればですねぇ。」と語っている。
  • 名取さんの自著 『犬の花道、女の花道』でも、過去に男性からプロポーズされたのに、結ばれなかった理由にいて『彼が犬が好きそうでなかったから』と書かれています。
  • 「パニック障害」と「自律神経失調症」を抱えているから。

等が、結婚しない理由があげられています。

熱愛の噂としては・・・

過去に松任谷由実の旦那さんの松任谷正隆との不倫の噂がありました。

噂の域を出ませんが、ユーミンさんから略奪してみせる!と宣戦布告するぐらいに本気で考えていたとも言われています。

1983年のドラマ『夏に恋する女たち』(TBS系)の他、『田村正和・時代劇スペシャル 眠狂四郎』(テレビ朝日系)などでも共演する仲でした、田村正和さんと、2015年、銀座の一等地にある芸能人や著名人などが通っているレストランで、お忍びデートが目撃されています。

そして、現在も長きに渡って夫婦役を演じています宅麻伸さんですね。

スポンサーリンク

ただもう一つ言われているのが、高倉健さんでした。

高倉健さんの場合は、名取さんと檀ふみさんが共演したとき、二人で健さんにせまって、いろいろ工作したけれど、健さんが全然のっくれなかったそうです。

  1. 朝方、健さんの宿舎に挨拶に行って、いっしょに宿舎から出て来る。いかにも昨晩から泊まった風に見せかける。
  2. 健さんが撮影の「待ち」で1人離れた所で歩いていたら、捉まえて、腕を組んでみんなが撮影している所に二人で表れる。

等、色々作戦を結構したそうなのですが、高倉健さんの苦笑いで、全部玉砕。

美女を相手に・・・さすが高倉健さんですね。m(_ _)m

そんな名取裕子さんに思いを寄せていたのがなんと、1980年代から90年代初頭にかけてジャニーズ発のアイドルとして一世を風靡し、80年代のアイドルシーンを牽引する存在となった田原俊彦さんでした。

田原俊彦さんは「3年B組金八先生」で共演していた当時22歳の名取裕子さんに恋をしていたといいます。

田原さんは名取さんが演じる悦子先生に恋心を抱く生徒役を演じ、中でもマフラーをかけてもらうシーンが一番印象的だったと振り返っていました。

田原さんは、待ち時間中に名取さんを喫茶店に誘い、お茶をしたり、毎晩のように事務所の寮から電話をしていたそうです。

名取さんは当時を振り返り、嬉しかったと話しています。

でも名取さんにしてみたら、田原さんは弟にしか見れないそうです。(T_T)

今でも田原さんは、あの頃と変わらず名取さんを大好きだと語っていました。

スポンサーリンク

名取裕子(なとり ゆうこ)さんのプロフィール

生年月日:1957年8月18日

年齢:61歳

出身地:神奈川県横須賀市

血液型:AB型

身長:165cm

学歴:青山学院大学文学座日本文学科

職業:女優

事務所:茂田オフィス

趣味:料理、読書、映画観賞、パソコン、アイスクリーム作り、海外旅行、釣り

1976年8月、東宝が三浦友和さんの共演者を募集し、当時、青山学院大学1年生で大学のサークルから推薦されて応募したところ2位に選ばれ、三浦友和さん主演の東宝映画「星と嵐」に出演。

その後は、「愛と憎しみの宴」(TBSテレビ系列)に出演し、テレビ小説のヒロインという大役を射止めました。

おゆき、というヒロインを熱演した名取さんは、フレッシュな魅力で、お茶の間の人気者となり、順調に女優として開花。

1976年から「3年B組金八先生」でマドンナ的な教師を演じて人気になります。

その後、映画「吉原炎上」、ドラマシリーズ「京都地検の女」「葬儀屋松子の事件簿」など人気作品に出演。

他にも、ニッポン放送「オールナイトニッポン MUSIC10」(火曜後10・0、第3火曜を除く)でパーソナリティーを務めるなど、現在も幅広い活動を展開しています。

私なりのまとめ

2時間ドラマの女王として絶大な支持を得ています名取裕子さん。

これからも動向から目が離せないですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
岩下志麻は現在”肺がん”?娘が医者という噂も

かたせ梨乃 柄本明との秘話とは?彼氏についても気になる

麻生祐未 ドラマの母親役まとめ!波留や綾瀬はるかとの関係を調査

片平なぎさが船越英一郎と復縁?結婚歴や子供についても調査

沢口靖子 裏稼業の内容とは?丸山和也や宗教団体”真如苑”との関係も気になる

【26年前】十朱幸代、西城秀樹との破局の真相とは!現在、旦那(彼氏)の存在を調査

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする