南野拓実 現在の年俸はいくら?移籍オファーがあるのか気になる

こんにちは、ワールドカップの感動がまだ冷めやらない状態での新たな日本代表の船出が始まります。

本田圭佑選手、長谷部誠選手という一時代を築いた選手が去り、新たな代表選手達による時代の幕開けに、日本中が注目しています。

その中でも、約3年ぶりに日本代表に帰ってきた南野拓実選手に注目ですね。

セレッソ大阪時代、天才という名を欲しいままにしてきた南野選手が、ヨーロッパで切磋琢磨し、どのように進化してきたのか気になる所ですね。

また、ヨーロッパのクラブで活躍となると年俸の方も気になりますね。

この記事は、南野選手の年俸や移籍情報についての内容となっています。

スポンサーリンク

南野拓実(みなみの たくみ)選手のプロフィール

生年月日:1995年1月16日

年齢:23歳

出身地:大阪府泉佐野市

血液型:A型

身長:174cm

体重:67kg

利き足:右

学歴:興國高等学校

ポジション:FW(ST,WG)、MF (OH,SH)

所属チーム:レッドブル・ザルツブルク(オーストリア・ブンデスリーガ)

プレースタイル:非常にスピードのある選手で、ドリブルで仕掛けていくプレーが持ち味ですが、本来は点取り屋です。

シュート、クロス、ドリブルもクオリティが高く、ポジションは右ウィングですが、必要とあればセンターフォワードや左ウィングもできるユーティリティ性も兼ね備えています。

経歴

3つ離れた兄の影響で4歳になるとサッカーを始め、 小学校3年生の時に兄の所属するサッカークラブ、ゼッセル熊取FCに入部。

中学入学と同時にセレッソ大阪の下部組織に入団。

2009年にはクラブユースサッカー選手権大会で得点王を獲得し、U-15日本代表にも選出されました。

2010年、U-16アジア選手権で日本代表として4試合に出場して5得点を挙げ、ベスト4進出に貢献。

2011年にはFIFA U-17W-CUPを前にFIFA公式サイト上で「Japan’s lethal weapon」と題した特集が組まれるなど、エースとして期待され18年ぶりのベスト8進出を果たしました。

また、Jリーグユース選手権大会で13得点を挙げてチームを準優勝に導き、得点王に輝きました。

スポンサーリンク

2013年にトップチームへ昇格し高卒ルーキーとしてはクラブ史上初の開幕スタメン入りを果たします。

続く第14節対磐田戦ででリーグ戦初得点を記録し、クラブのJ1最年少得点記録(18歳10ヵ月5日)を更新(18歳5ヵ月20日)。

同年行われた国際親善試合マンチェスター・ユナイテッドFC戦ではチーム全得点に絡む活躍を見せ、ユナイテッドの選手や監督から高い評価を得ました。

ルーキーイヤーながらチームの主力としてリーグ戦出場29試合5得点(カップ戦を含め38試合8得点)という結果を残し、Jリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞。

2014年 飛び級でワールドカップブラジル大会の予備登録メンバーとして選出されます。

2015年1月6日、オーストリア・ブンデスリーガのFCレッドブル・ザルツブルクに完全移籍することが発表されました。

2月14日、アウェーのウィーナーノイシュタット戦に攻撃的MFで先発して後半19分までプレーし、公式戦デビューを果たします。

3月4日、リーグ第23節FCアドミラ・ヴァッカー・メードリング戦で左の攻撃的MFでフル出場し、前半38分に移籍後の公式戦初ゴールを挙げるなど、2得点で4-1の勝利に貢献。

2016年5月11日、グレディヒ戦にフル出場して、初の2桁得点となる10ゴール目を決めるなど、リーグ戦では主力としてチームの優勝に貢献しました。

2016年7月1にリオデジャネイロ五輪のU-23日本代表メンバーに選出、8月10日から開幕したリオデジャネイロ五輪・1次リーグ全3試合に出場し、第1戦で同点ゴールを決めたものの、1勝1敗1分の日本は準々決勝進出を逃しました。

2017年2月19日には、リート戦にフル出場してハットトリックを達成。

4月2日のアルタッハ戦で2得点を挙げて、2季連続2桁得点となるチーム最多11ゴールをマーク。

4年連続11度目のリーグ優勝に大きく貢献しました。

小さな頃から磨かれてきた「不屈の精神」と、常に高い目標「夢」を持つプレーは、アグレッシブなプレーを生み出し、勇敢で恐れることなく攻め続ける事を心情としており、常にボールを求めるプレースタイルは多くのファンを魅了しています。

スポンサーリンク

現在の年俸はいくら?

2018年2月に、オーストリア1部ザルツブルクの南野選手が3年総額4億円(推定)で契約の延長に合意したと報道されました。

年俸にしますと約1億3000万円(推定)ということになりますね。

年俸推移

セレッソ大阪

2012年(17)360万円

2013年(18)360万円

2014年(19)1,000万円

レッドブル・ザルツブルク

2015年(20)2,500万円

2016年(21)3,000万円

2017年(22)5,000万円

移籍オファーがあるのか

一時はギリシャリーグ、7連覇中と国内リーグを圧倒しています王者・オリンピアコスが、今夏で契約満了となる南野選手の獲得に動き出す、という報道がありました。

しかしザルツブルクと、3年総額4億円(推定)で契約の延長に合意。

昨季まで2年連続の2桁得点をマークするなど既にチームに欠かせない存在となっており、ザルツブルク側もする南野選手に対して、契約延長を熱望するなど評価の高さが伺えます。

南野選手自身は将来的にはステップアップの移籍を視野に入れているそうですが、当面はザルツブルクで実力を磨くという形となっています。

私なりのまとめ

新たな船出となった新生森保ジャパン。

その主軸となるであろう南野選手のプレーに大注目ですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
冨安健洋が中退した高校はどこ?姉や彼女についても徹底調査してみた!

酒井宏樹が酒井高徳と兄弟?マルセイユでの年俸が気になる

中島翔哉のスパイクは何?嫁や竹内涼真との関係についても

伊藤達哉のプレースタイルについて!海外の反応やポジションも紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする