常盤貴子 松本人志との破局理由は?現在の住まいや劣化した噂も気になる

こんにちは、、数々のドラマや映画に出演され、連ドラの女王と言われていた常盤貴子さん。

アラフォーになってからも女としての魅力に益々磨きがかかってきています。

そんな常盤さんですから、あのお笑い天下人、松本人志さんとの熱愛には大変注目されていました。

この記事は、松本さんとの破局理由についての内容となっています。

スポンサーリンク

松本人志との破局理由

松本人志さんとは5年間以上という長い関係で、いつ結婚してもおかしくないと言われていましたが・・・破局。

理由は次々に飛び出す女性スキャンダルと、結婚に対して煮え切らない松本さんの態度に、常盤さんが愛想を尽かしたということでした。

2人の出会いは、1993年10月から1994年3月まで放送されていた過激な深夜番組『殿様のフェロモン』で常盤さんと共演した今田耕司さんによる紹介だったそうです。

映画という共通の趣味があったり、常盤さんが小4から高1まで関西に住んでいたりしたことでお互いの距離が縮まったといいます。

1995年に松本と常盤貴子との交際がFriday によってスクープされました。

松本さんは、マンションをわざわざほぼ一回りして裏手の通用口から入るなどかなり用心深い様子で常盤さんのマンションに入る姿がスクープされていました。

この件について吉本興業は「プライベートのことなのでコメントを控える」とそっけない対応でした。

しかし「最近は忙しいので、あまり会っていません。私にとって松本さんは”お笑い界のピカソ”みたいな存在ですごい楽しい人です。だけど私生活の面ではもう少し慎むようにしてほしいなあと思っています。」と常盤さんは所属事務所を通してコメントを寄せていました。

当時の松本さんはかなりの遊び人で、常盤さんと交際しているにもかかわらず、彼女が住んでいるマンションを平然と通り過ぎて、ファンの女性を「隠しマンション」へと連れ込んでいたこともあったという伝説もあります。

でも常盤さんは、松本さんにゾッコンだったこともあり、関係は5年以上にも及んだということです。

その後、常盤さんはエッセーを出版し、松本さんと思われる男の浮気発見エピソードを暴露し話題になっていました。

2003年公開の映画『ゲロッパ!』での共演がキッカケで、俳優・長塚京三さんの息子として有名な、劇作家兼演出家で俳優でもある3歳下の長塚圭史さんと2009年10月に結婚されています。

しかし長塚圭史さんは婚前に、水野美紀さん、永作博美さん、倉科カナさんらと浮名を流し女好きで有名と言われていました。

結婚後も、真木よう子との酔いどれW不倫デートが写真誌にキャッチされたこともありました。

そして2人は子供もいないということで、仮面夫婦、いつ破綻してもおかしくない関係と今現在でも囁かれています。

スポンサーリンク

現在の住まい

2018年8月、都内の高級住宅地にある約200坪の広大な土地と、この周辺で売り出されていた戸建てを見つけ、2016年に建物ごと購入していたと報道されていました。

建物の解体費用も常盤さんが支払うほど、この場所が気に入ったということです。

  • 購入の手続きのために売り主と4、5回打ち合わせをした時も常盤さんがひとりで参加。
  • 近所で見かけるのは、いつも常盤さんだけ。

ということでついに離婚か?とも言われていました。、

しかし設計事務所を何度も変更し、アメリカの事務所にも声をかけていたというぐらい、常盤さんが新居の設計に強いこだわりを持っていたので、長塚さんは常盤さんに一任しているということでした。

2億円は下らない約200坪の土地に、多忙を極めながらもこだわりぬいた設計事務所による建設費用が約1億円。

この3億円豪邸は、来年の春にようやく完成する予定で、常盤さんが長塚さんの母親と3人で住むという話も進めているということでした。

ちなみに常盤さんが溺愛しています猫2匹も一緒に住むということですね。

スポンサーリンク

劣化した噂も

昨年、『徹子の部屋』(テレビ朝日)に出演した際、

  • 「劣化しすぎてだれかわかりませんでした。」
  • 「さすがに老けたな」

など、劣化したと話題になっていました。

しかし見ている人によっては

  • 「常盤貴子さんて何であんなにも劣化しないんでしょうか?」
  • 「ドラマ出まくってた昔と変わらないというか寧ろ綺麗。」

という意見もあるので、なんとも言えないですね。

私的には全然劣化したとは思わないです。

かわらないというのが正直な所ですね。

一流女優の常盤さん、そこはやはり美貌を保つための努力をされていました。

  • 加圧トレーニングをしている
  • 睡眠を大切にしている
  • ストレスは全て吐き出す
  • 肌のケアは水分補給がキーワード(スチーマーでお手入れをしている)
  • 好き嫌いがはっきりしている
  • 人の言葉をしっかりと受け止める
  • やりたいことをやる(常盤貴子さんの座右の銘の一つ)

誰でも簡単に取り組めそうですが・・・継続は力なりとはこのことですね。m(_ _)m

スポンサーリンク

常盤貴子(ときわ たかこ)さんのプロフィール

生年月日:1972年4月30日

年齢:46歳

出身地:神奈川県横浜市

血液型:

身長:162cm

学歴:関東学院女子短期大学(家政科生活文化専攻)

職業:女優

事務所:株式会社スターダストプロモーション

趣味:読書、音楽観賞、映画観賞、パソコン、ガーデニング、日曜大工、プロ野球観戦、旅行、ドライブ

特技:日舞、テニス

『悪魔のKISS』(1993年フジテレビ系列)で本格デビュー。

その後数々の連続ドラマに出演し、連続出演の実績から「連ドラの女王」と呼ばれます。

代表作は『愛していると言ってくれ』『ビューティフルライフ』(ともにTBS系列)などで、特に『ビューティフルライフ』では30%を超える平均視聴率(最高視聴率41.3%)を獲得し、「車椅子 常盤貴子モデル」も登場するなど一大ブームとなりました。

また大河ドラマ「天地人」や連続テレビ小説「まれ」、ザ・プレミアム「京都人の密かな愉しみ」など多数出演しています。

映画デビューは1999年の香港映画『もういちど逢いたくて/星月童話』で一躍「アジアの女優」となります。

女優としての活動は、30歳を過ぎたころを境に、テレビドラマ(連ドラ)から、映画・舞台へとシフトします。

2004年の映画『赤い月』は、女性が主役の大作として注目され、第28回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞を獲得。

昨年は大林宣彦監督作品「花筐」にも出演し話題となっています。

他にも、語学番組「旅するフランス語」出演や「鶴瓶の家族に乾杯」内のコーナーではナレーションを務めるなど、多才な顔を持っています。

私なりのまとめ

8月にドラマ「夕凪の街 桜の国 2018」に出演され話題になるなど、年々存在感を増しています常盤貴子さん。

これからも動向から目が離せないですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
【関連記事はこちら】
竹内結子の再婚相手は中居正広?息子の学校や名前が気になる

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする