張本勲 右手小指がない理由とは?家族や子供も気になる

こんにちは、今や毒舌炎上キャラの第一人者といっても過言ではない張本勲さん。

日曜の朝8時から放送の「サンデーモーニング」(TBS)に出演され、張本さんの容赦ない辛口コメントが毎週注目されています。

そんな張本さんの辛口だけではなく、ご自身についても話題となっていました。

この記事は、張本さんの右手や家族についての内容となっています。

スポンサーリンク

張本勲(はりもと いさお)さんのプロフィール

本名:張 勲(チャン・フン:장훈)

愛称:ハリさん、張さん、ハリ、ハリやん

生年月日:1940年6月19日

年齢:78歳

出身地:広島県広島市

血液型:B型

身長:181cm

体重:85kg

学歴:広島県松本商業高等学校(現・瀬戸内高校)→浪華商業高校(現・大体大浪商)

職業:元プロ野球選手、野球解説者、野球評論家、日本プロ野球名球会会員、韓国野球委員会(KBO)コミッショナー特別補佐官

浪華商業高校卒業後、東映フライヤーズ入団。

左バッティング引き腕(右)の強化に血の汗を流したおかげで左右に打ち分ける技法を身につけ、1959年打率2割7分5厘、ホームラン13本の成績で新人王を獲得。

翌年から3年連続で3割を打ち、早くから非凡な打撃センスを見せました。

1961年には初の首位打者、翌62年にはチームを日本一へと導く原動力として活躍し、パ・リーグMVPに輝きます。

1970年には打率3割8分3厘と当時の日本最高打率をマーク。

1972年に2000本安打達成。

1976年には巨人に移籍して3割5分5厘の高打率をマーク。

王貞治選手とのコンビOH砲と呼ばれました。

1980年にロッテ移籍し、この年に前人未到と3000本安打達成。

翌年81年に引退。

通算成績は2752試合、3085安打、504本塁打、1676打点、打率3割1分9厘。

広角打法の先駆者で外角は逆らわずフェアゾーンをフル活用し安打製造機の異名をとり、首位打者は4年連続を含め7回獲得、神様・川上、天才・長嶋の6回を凌いでいます。

1990年、野球殿堂入り。

現在は球界の御意見番として活躍しています。

スポンサーリンク

右手小指がない理由とは?

選手時代を知らない視聴者からは

「サンデーモーニングの時、張本さん左手で右手隠してますよね?何でですか?」

こういったコメントが多くあります。

張本さんは4歳の頃、バックしてきた三輪トラックにぶつけられ、たき火の中に転がり込み大やけどを負いました。

顔や胸の傷は治りましたが、右手は薬指と小指が燃えてしまって完全に癒着し、親指と人さし指も曲がったままで、棒切すら上手く握れない状態でした。

怪我した時に叔父が警察に届けたところ「お前ら朝鮮人じゃないか」と、取り合ってくれなかったといいます。

今も右手は、全部内側に曲がって、薬指と小指は癒着したままということでした。

5歳の時に戦争での原爆被爆者となり、姉を無くしました。

在日だということでの差別や、戦争後の貧しい生活から抜け出したい、高い給料を貰い、いい生活がしたいという一心でプロ野球選手を目指したといいます。

野球を本格的に始めてからは誰にも右手を見せないようにして練習に明け暮れていました。

努力の甲斐あり、プロ10球団ほどから誘われています。

右手のハンデもあり、プロは成績が全てなので、毎日300本の素振りをノルマにして、午前3時か4時にパッと起きてバットを振っていたということです。

NHKの番組で張本さんの右手を取り上げる企画が予定されていましたが、それを拒否。

その後、NHKの解説者を務めていた川上哲治氏にだけ、現役引退後の座談会で右手を見せ、川上氏は「よくもそんな手で…」と涙を流しながら絶句していたということです。

このように右手にハンデがありながら、プロ野球選手として大成したのは日本では張本勲さんだけです。

ちなみにアメリカでは、先天性右手欠損というハンディキャップを抱えながら、投手としてプレーしたことで知られているジェームズ・アンソニー・アボット選手がいます。

1989年にカリフォルニア・エンゼルス入団。

その後はニューヨーク・ヤンキースやシカゴ・ホワイトソックス、ミルウォーキー・ブルワーズ 等で活躍し1999年に引退。

ですから右手にハンデが有りながら大成した選手は世界中で、張本さんとアボット選手の2人だけということですね。

スポンサーリンク

家族や子供

嫁さんについてはわかりませんでした。

娘さんは2人以上いると思います。

2014年3月16日放送の「サンデーモーニング」で、張本勲さんが突然自身の娘への怒りを語り出し、話題となりました。

父親を急病で亡くした女子レスリングの吉田沙保里選手が、2014年3月15日に開幕したワールドカップ(W杯)に出場、見事快勝。

「父と一緒に戦っている気がする」など愛を語りスタジオ内は感動的な雰囲気になっていました。

しかしいきなり張本さんが吉田選手を絶賛するも・・・

「私事だけどね、私、下の娘が親不孝だからね。この場面を見ると、すごく胸が染みるんですよ。(吉田選手は)いい人ですよ、いい子ですよ!」

と、生放送中に突然娘への怒りを吐露します。

驚い司会の関口宏さんから、「(娘さんと)うまくいかないんですか?」と質問。

すると、張本さんは「うまくいかないというよりも、今の子は親不孝が多いじゃないですか。自分ひとりで大きくなったみたいな」「とんでもない!ほんとに!」などと、再び怒りをあらわにしていました。

ネット上では

  • 「張本何があったんだ」
  • 「自分の娘をdisっちゃったw」
  • 「家庭の事情を番組に持って来るなwww」
  • 「公共の電波で親不孝と言われた娘さんは気の毒w」

などと書き込まれ話題になりました。

ちなみに張本さんは現役時代、子どもさんとは一緒に寝たことがなかったといいます。

午前3時か4時にパッと起きてバットを振っていたので、引退するまで子どもとは別の部屋だったということでした。

私なりのまとめ

毎週「サンデーモーニング」放送後は必ず張本さんの辛口(喝)コメントが話題となっています。

これからも張本さんのコメントから目が離せないですね。

今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする