スタンコビッチ 歴代の背番号を調査!現在についても気になる

こんにちは、抜群のサッカーセンスと強烈なリーダーシップで、インテルミラノやラツィオの黄金期を築きましたデヤン スタンコビッチ選手。

魂のこもった1つ1つのプレーには、今でも多くのファンの記憶に焼き付いています。

今回は、そんなスタンコビッチ選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

愛称:デキ

生年月日:1978年9月11日

出身地: ユーゴスラビア ベオグラード

身長:181cm

体重:75kg(現役時)

ポジション:MF

利き足:右足

【プレースタイル】

  • 精度の高いパスやスピードにのったドリブルを武器に、トップ下・左サイド・右サイド・守備的MFと、中盤ならどこでもこなせる万能型。
  • 視野が広くGKの意表を突く威力十分のミドル。
  • 粘り強く、プレッシングに走り回れる献身性に優れている。
  • 戦術理解力が高く、状況に応じた判断が早い。

歴代の背番号を調査!

10番(レッドスター:1995-1998)

両親が共にサッカー選手という家庭に生まれ、地元のFKテレオプティクでサッカーを始めました。

レッドスターのブランコ・ラドビッチ(当時)コーチの目に留まり、レッドスターのユースに入団(14歳)。当時はリベロとしてプレーしていました。

リュプコペトロビッチ監督に見いだされ、1995年2月11日に行われましたOFKベオグラード戦で当時のリーグ最年少記録(16歳)でデビューを飾りました。

1995-96シーズンからはセントラルハーフにコンバートされると、素晴らしい活躍を見せリーグ3連覇に貢献。

また、1997–98シーズンには19歳にしてクラブ史上最年少キャプテンに就任し、レッドスターを象徴する選手となりました。

  • 1994-95 7試合・1得点
  • 1995-96 24試合・4得点
  • 1996-97 26試合・10得点
  • 1997-98 28試合・15得点

スポンサーリンク

20番(ラツィオ:1998-2004)

1998年夏にはASローマとの激しい争奪戦を繰り広げたSSラツィオへ移籍します。

9月13日のピアチェンツアァ戦でセリエA初ゴールを記録するなど、加入後はすぐにイタリアサッカーに順応し素晴らしいパフォーマンスを披露しますが、おしくもACミランにスクデットを奪われてしまいました。

中盤の一角としてマンチーニ選手、ネドベド選手、ベロン選手らとプレーし、2年目の1999-2000シーズンにはセリエA優勝を果たしました。

デヤン・スタンコビッチは、ジャンルカ・ディ・マルツィオとムンド・デポルティーボに、ラツィオの2000年のスクデットの勝利について話しました。
スタンコビッチは、ペルージャが勝ってラツィオにタイトルを贈るのを待っている時間に3kgの体重が減ったと言い、その日の天気は神の介入であると示唆した。

2001-02・2002-03シーズンでも素晴らしい活躍を披露し続け、当時の指揮官エリクソン 監督曰く「ラツィオで最も完成されている選手」と絶讃していました。

  • 1998-99 29試合・4得点
  • 1999-00 16試合・3得点
  • 2000-01 21試合・0得点
  • 2001-02 27試合・7得点
  • 2002-03 29試合・6得点
  • 2003-04 15試合・2得点

今でも多くのラツィオファンから支持をされています。

スポンサーリンク

25番→5番(インテルミラノ:2004→2005-2013)

2001年以降、財政問題を抱えていたラツィオはスタンコビッチ選手の売却を決断し、2004年1月にインテルミラノへ移籍となりました。(移籍金400万ユーロ+ゴランパンデフ選手がトレード要員)

シーズン途中にも関わらず、2003-04シーズンから低迷するインテルミラノにとって救世主と期待され、それ以上の活躍を披露しました。

インテルのデヤン・スタンコビッチは、2004年にユベントスのパベル・ネドベドと激しい対立を繰り広げています。

翌2004-05シーズンにはラツィオ時代の同僚のマンチーニが監督に就任。

信頼できる指揮官のもとで、これまで以上の活躍をみせ、ユベントスの降格もありチームは2005-06シーズンの王者となりました。

イタリアリーグ2005-06のインテルミラノチャンピオン:

上:アドリアーノ、ジュリオセザール、ハビエルサネッティ、サンティアゴソラーリ、フアンセバスティアンベロン。下:デヤン・スタンコビッチ、マルコ・マテラッツィ、イバン・ラミロ・コルドバ、ジュゼッペ・ファヴァッリ、オバフェミ・マルティンス。

翌2006-07シーズンには正真正銘のスクデット獲得に多大な貢献を果たし、2007-08シーズン以降もユベントス、ACミラン、ASローマ等の追随を許さず素晴らしい強さを披露し続け、スクデット6連覇を達成。

さらに2009-10シーズンはジョゼモウリーニョ監督の下で、主要タイトル3冠(チャンピオンズ・リーグ、セリエA、コッパ・イタリアでの優勝)獲得に大きく貢献し、2013年7月の退団までインテルとって欠かせない選手となりました。

  • 2004        14試合・4得点
  • 2004-05 31試合・3得点
  • 2005-06 23試合・2得点
  • 2006-07 34試合・6得点
  • 2007-08 21試合・1得点
  • 2008-09 31試合・5得点
  • 2009-10 29試合・3得点
  • 2010-11 26試合・5得点
  • 2011-12 19試合・0得点
  • 2012-13 3試合・0得点

2013年10月11日、日本代表との試合を最後に現役を引退したましたが、インテルファンにとって、今でも思い入れのある選手となっています。

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

6番(ユーゴスラビア)

1998年4月に行われました韓国戦にて代表デビューを果たすといきなり2得点を挙げる活躍を見せました。

10番(セルビア・モンテネグロ)

「2006 FIFAワールドカップ」のヨーロッパ予選からセルビア・モンテネグロ代表の一員となり、本大会出場に貢献するも、本大会ではグループステージ敗退となりました。

10番(セルビア)

「2010 FIFAワールドカップ」のヨーロッパ予選からはセルビア代表となり、キャプテンに就任しチームを牽引します。

本大会に導く活躍を見せますが、またしても本大会ではグループステージ最下位に終わり、2011年10月12日にセルビア代表からの引退を表明しました。

スポンサーリンク

現在について

2019年12月から古巣・レッドスターベオグラードの監督に就任しており、セルビアリーグ4連覇へ導いています。

また、若手指導にも定評がありました。

引退後は指導者の道に進んでおり、2014年7月にはウディネーゼ・2015年にはインテルと、それぞれのアシスタントコーチに就任していました。

2019年11月28日にインテルのユース部門のコーチに就任していましたが、約3週間での辞任となり、2019年12月から古巣で初監督に挑んでいます。

私なりのまとめ

監督しても着実に実績を積んでおり、プレミアのいくつかのクラブから監督就任の打診があるという報道があります。

しかし多くのファンは、ラツィオやインテルに復帰してもらいたいと思っていることでしょう。

今後の動向に注目ですね。最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

フィーゴ 歴代の背番号を調査!現在の活動も気になる

【年代別】インテルミラノ 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

【年代別】ラツィオ 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする