アランサンマクシマン 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

こんにちは、世界最高峰のプレミアリーグで異彩を放ち続けていますアランサンマクシマン選手。

ニューカッスルの司令塔として、今や無くてはならない存在となっています。

今回は、そんなマクシマン選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

生年月日:1997年3月12日

出身地:フランス・シャトネ=マラブリー

身長:173cm

体重:67kg

ポジション:MF、FW

利き足:右足

【プレースタイル】

  • 華麗な技巧で狭いスペースでも突破を図る、生粋のドリブラー。
  • スピードを生かしたものから、ボディフェイントや細かいシザースを混ぜたものまで、非常に幅広いドリブル。
  • 予測不能な動きでマーカーを幻惑させ、数多くの好機を演出。
  • フィジカルも強く、当たり負けしない。

【朗報】冨安健洋選手所属のアーセナル戦は全試合無料で生中継

ワールドカップで大活躍した三笘薫選手所属のブライトン戦などプレミアリーグ注目の114試合が配信されています。

2週間の無料期間があるので、試しに視聴してみてはいかがでしょうか!

↓↓↓詳しくはコチラをクリック↓↓↓

6月19日天心武尊戦のロゴ修正

歴代の背番号を調査!

10歳で入団したブーローニュ・ビヤンクールでの初試合では、ひとりで8ゴールを挙げてチームを勝利に導いた伝説があります。

13歳でサッカー連盟直轄のエリート育成施設の「INFクレールフォンテーヌ」に入学しますが、いじめに関わってしまい6ヶ月で退学、その後、サンテティエンヌの下部組織へ入団。

ちなみにサンテティエンヌのスカウト担当(当時)のドミニク フェルナンデズ氏は「私の20年に及ぶスカウトキャリアで、これほど才能に溢れた若者は一度も見たことがなかった」と語っています。

12番(サンテティエンヌ:2013-2015)

2013-14シーズンにはトップチーム昇格し、9月のボルドー戦でプロデビューを果たしますが出場機会を得られず、2015年7月にASモナコへ移籍となりました。

モナコとサンテティエンヌはサンマクシミンについて約450万€の合意を見つけました!

  • 2013-14 リーグ戦 3試合・0得点
  • 2014-15 リーグ戦 9試合・0得点

スポンサーリンク

14番(ハノーファー96:2015-2016)

ASモナコに移籍しますが、すぐにドイツのハノーファー96にレンタル移籍となります。

温かい歓迎! #H96新人アランサンマクシミンを歓迎します!

スピードと圧倒的な技術あるものの、最初の選択肢はまずドリブルという、生粋のドリブラーであるがゆえの、球離れの悪さを露呈してしまい、定位置をつかめぬまま1年で退団となりました。

・2015-16 リーグ戦 16試合・1得点

スポンサーリンク

6番(バスティア:2016-2017)

2016年7月、SCバスティアへレンタル移籍となります。

すぐにチームに溶け込み、中心選手としてキャリア最高のリーグ戦34試合を記録。

若い、アランサンマクシミンはPSGに署名した可能性があります。しかし、バスティアのストライカーは最終的に申し出を断った。

・2016-17 リーグ戦 34試合・3得点

スポンサーリンク

7番(ニース:2017-2019)

2017年8月、完全移籍で入団。

マリオバロテッリ選手と強力な攻撃陣を形成し、ついに本格ブレイクを果たすと1年目の2017-18シーズンは公式戦40試合に出場し、5ゴール9アシストを記録。

2年目もリーグ戦34試合、6得点と安定した成績を残しますが、仮病で試合を欠場するなど、プレー以外の態度に問題があり、サポーターや監督から批判を受け退団となりました。

今シーズン、ヨーロッパの上位5リーグで100回以上のドリブルを完了したのは2人のプレーヤーだけです。

アラン・サン・マクシミン–ニース(111)
ソフィアンブファル–セルタビーゴ(106)

  • 2017-18 リーグ戦 30試合・3得点
  • 2018-19 リーグ戦 34試合・6得点

スポンサーリンク

10番(ニューカッスル:2019-)

エバートンやクリスタルパレス、ワトフォードといった、プレミア勢が動向を注目する中、2019年8月、ニューカッスルと6年契約を締結。(移籍金約21億5000万円)

アーセナル戦でデビューを果たすと1年目から定位置を確保し、公式戦26試合に出場し、4ゴール4アシストを記録。

一気に才能を開花させた2年目からは、欠場するとチームの勝率が大幅減になるぐらい華麗に光輝く10番としてチームを牽引。

あのカイルウォーカー選手でさえも手がつけられないプレミア最高のドリブラーとして評価を上げます。

2022-23シーズンは、周りの選手を活かす意識が高まり、ロナウジーニョ選手を彷彿させる華麗なプレーを連発させています。

  • 2019-20 リーグ戦 26試合・3得点
  • 2020-21 リーグ戦 25試合・3得点
  • 2021-22 リーグ戦 35試合・5得点

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

まだA代表には招集されていませんでした。

各カテゴリー(U-16 U-17 U-20 U-21)のフランス代表として活躍。

「2017 FIFA U-20ワールドカップ」では2得点を記録しています。

スポンサーリンク

年俸(推定)について

2014年からの年俸推移を示しています。

・2014年 約3600万円

・2015年 約2800万円

・2016年 約6100万円

・2017年 約1.2億円

・2018年 約1.9億円

・2019年 約1.9億円

・2020年 約5.1億円

・2021年 約6.7億円

・2022年 約7.5億円

・2023年 約8.1億円

【朗報】冨安健洋選手所属のアーセナル戦は全試合無料で生中継

ワールドカップで大活躍した三笘薫選手所属のブライトン戦などプレミアリーグ注目の114試合が配信されています。

2週間の無料期間があるので、試しに視聴してみてはいかがでしょうか!

↓↓↓詳しくはコチラをクリック↓↓↓

6月19日天心武尊戦のロゴ修正

私なりのまとめ

サウジアラビアの政府系ファンド「パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)」が新たなニューカッスルのオーナーとなり、潤沢な資金によって今後、プレミア勢力図が大きく替えられると言われています。

その中心的な選手となり、優勝を狙うにはマクシマン選手のさらなる活躍が必要不可欠になると思います。

これからどのように進化していくのか注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

ジョエリントン 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸について

【年代別】ニューカッスル 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする