ジョバンニシメオネ(シメオネ息子)歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

こんにちは、ついにゴールゲッターとして覚醒してきましたジョバンニシメオネ選手。

偉大な父親のDNAを持ち、その才能の開花を、今か今かと待ち望んでいたファンも多いと思います。

今回はそんな、シメオネ選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:ジョバンニ・シメオネ・バルディーニ

愛称:チョリート

生年月日:1995年7月5日

出身地:スペイン・マドリード

身長:181cm

体重:81kg

ポジション:FW

利き足:右足

【プレースタイル】

  • カウンターへの反応が俊才で、ラストパスを確実に押し込む。
  • 打開力のあるスピード豊かなドリブルから正確なシュート。
  • ヘディングが強くポストプレー、裏への抜け出しも得意。
  • 泥臭く運動量にこだわる。

歴代の背番号を調査!

13歳でリーベルプレートの下部組織に加入し、2013年トップチームに昇格。(3年契約を締結)

ここで恒例の断髪儀式が話題となりました。

ちなみに当時の心境を語っています。

「名前があまり重荷になることはないし、慣れているよ。”息子”として生まれてずっとやってきたからね。時間が経つにつれて、僕はジョバンニなんだということを見せていきたい。”息子”であるためにここにいるわけじゃないからね」

「小さな頃はもっと大変だったよ。13歳のときにプレーを始めると、良いプレーを見せなければならなかったけど、何をやっても”息子”だからと言われていた。僕はそういうタイプじゃないからうんざりしていたよ」

35番→9番(リーベルプレート:2013-2015)

2013年8月に行われましたヒムナシア・ラ・プラタ戦(0-1敗退)でデビューを果たし、9月のティグレ戦でプロ初ゴールを決めて3-0の勝利に貢献しました。

リーベルプレート在籍期間では、リーグ戦24試合に出場、7得点を記録しています。

スポンサーリンク

11番(バンフィエルド:2015-2016)

2015年7月にはバンフィエルドへレンタル移籍となり、デビュー戦となったキルメス戦で初ゴールをマーク、1-0の勝利に貢献。

その後、チームの中心選手としてリーグ戦34試合に出場、12得点を記録し欧州のチームから注目されます。

バンフィールドのゴールを称賛する立場(チョロの息子、ジョバンニ・シメオネが結論)。

スポンサーリンク

9番(ジェノア:2016-2017)

2016年8月、ジェノアに移籍(移籍金300万ユーロ)を果たし、父ディエゴと同じくセリエAから欧州キャリアをスタートさせます。

9月のペスカーラ戦で移籍後初得点を記録、そして11月に行われましたユベントス戦でもゴールを決め、3-1の勝利に貢献し話題となりました。

2000年4月-ディエゴ・シメオネがラツィオ対ユベントスで得点

2016年11月-ジェノアvユベントスのジョバンニシメオネスコア

父が父なら子も子

開幕からレギュラーとして35試合に出場・12ゴールを挙げる活躍を見せた。

・2016-17 リーグ戦 35試合・12得点

スポンサーリンク

9番(フィオレンティーナ:2017-2019)

アトレティコマドリード(父が監督)からの関心を引く中、2017年8月、フィオレンティーナと5年契約で移籍。

シメオネ選手の加入により、フェデリコキエーザ選手(エンリコキエーザ)やヤニスハジ選手(ゲオルゲハジ)等といった2世選手が3人も所属したことで大きく注目されました。

フィオレンティーナはジェノヴァでジョバンニ・シメオネと対戦します。だから今、彼らはチームにディエゴ・シメオネ、エンリコ・キエーザ、ゲオルゲ・ハジの両方の息子を持っています

2017-18シーズンは、ナポリ戦(4月29日)で初ハットトリックを達成するなど、セリエA自己最多の14ゴールを記録し、最も頼れる点取り屋として地位を確保しました。

しかし2018-19シーズンは、ヴラホヴィッチ選手の加入の影響もあり、昨シーズンの好調から一転して6ゴールにとどまりました。

ジョバンニ・シメオネが父親のディエゴ・シメオネとスタンドでキエーヴォ・ヴェローナを6-1で下し、フィオレンティーナの93分のゴールを決めた美しいシーン。

  • 2017-18 リーグ戦 38試合・14得点
  • 2018-19 リーグ戦 36試合・6得点

スポンサーリンク

99番(カリアリ:2019-2020)

フィオレンティーナのチーム戦術やカリアリのエース・パボレッティ選手の負傷離脱もあり、2019年8月に買取義務付きのレンタル移籍となりました。

パボレッティ選手の穴埋め役として期待されると、11月に行われました古巣のフィオレンティーナ戦ではゴールを挙げ、5-2の大勝に貢献しました。

また、父ディエゴ氏からアトレティコの練習動画を見せられ、無駄走りを減らし開眼。

最終的に37試合に出場・12得点と昨シーズンの不調を克服しました。

2020-21シーズンも堅実な守備からカウンター主体のチームにフィットし、33試合に出場・6得点をマークしました。

ディエゴ・シメオネの息子、ジョバンニ・シメオネは、今シーズンのカリアリの5試合で4得点を挙げました。

  • 2019-20 リーグ戦 37試合・12得点
  • 2020-21 リーグ戦 33試合・6得点

スポンサーリンク

99番(ヴェローナ:2021-)

カウンターへの反応とヘディングの強さを評価され、2021年8月に買取オプション付きのレンタル移籍でエラスヴェローナFCに加入しました。

アグレッシブにボールを狩り、素早い攻守の切り替えから地にパスを走らせ相手ゴールに迫る、チーム戦術にフィットし好調をキープしています。

ジョバンニ・シメオネは、アトレティコ・マドリードで父親のディエゴ・シメオナに加わることができました。
この26歳の選手は、今シーズンのセリエAで、ヘラス・ヴェローナの14試合で12得点を挙げて傑出したパフォーマーとなっています。

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

アルゼンチン代表(U-19)としてU-20南米ユース選手権(2015年)に出場し、5試合で7ゴールを挙げる活躍で大会の得点王(9得点)を獲得し優勝の立役者となりました。

南米ユース選手権2015でのアルゼンチンの攻撃:

アンヘルコレア:8試合、4ゴール、4アシスト

ジョバンニ・シメオネ:9試合、9ゴール、2アシスト

致命的なデュオ。ジオのペースと効率+コレアの創造性。見るのは純粋な喜びでした。

その後もU-20、U-23の代表に招集されリオデジャネイロオリンピック(グループリーグ敗退)にも出場しています。

19番

2018年9月、アルゼンチンA代表に選出され、グアテマラとの親善試合に先発出場し。A代表で初ゴールを決め3-0の勝利に貢献しました。

グアテマラに対して3-0で勝利し、ジョバンニ・シメオネがスコアシートに載っていました

「彼をイタリアの次のビッグストライカーとして見ても驚かない」

スポンサーリンク

年俸(推定)について

2014年からの年俸推移を示しています。

・2014年 約2600万円

・2015年 約2600万円

・2016年 約2600万円

・2017年 約7400万円

・2018年 約8900万円

・2019年 約2.9億円

・2020年 約3.8億円

・2021年 約4億円

・2022年 約3.8億円

私なりのまとめ

2021-22シーズン前半戦は、得点ランキング3位と、得点王を狙える位置におり、プレミアリーグの複数のチームから注目されていると言われています。

これからどのように進化していくのか注目ですね。最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

ヴラホヴィッチ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

キエーザ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや父親についても気になる

【年代別】フィオレンティーナ 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする