鎌田大地 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

こんにちは、フランクフルトの主軸として悲願のヨーロッパリーグ(EL)優勝に大きく貢献しました鎌田大地選手。

しかし退団が確実視されており、その去就が注目されています。

今回はそんな、鎌田大地選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

【朗報】「FIFAワールドカップ カタール2022」全試合無料生中継されます。

スマホ・タブレット・PC・テレビ・Nintendo Switchに対応しており、アプリをインストール、またはサイトへアクセスするだけで、誰でも無料で楽しむことができます。

さらにプレミアリーグ・開幕から114試合の配信が決定しました!

ビッグマッチや冨安健洋選手所属のアーセナル、三笘薫選手所属のブライトンの注目試合など、114試合が配信(予定)されます。

そして、アーセナルの試合については全試合無料で生中継(予定)となっています。

↓↓↓詳しくはコチラをクリック↓↓↓

プロフィール

生年月日:1996年8月5日

出身地:愛媛県伊予市

身長:180cm

体重:72kg

ポジション:MF

利き足:右足

【プレースタイル】

  • ドリブル、パス、シュートと、アタッカーの能力をすべて兼ね備えたミッドフィルダー。
  • 中盤から前線までのポジションならどこでも起用可能な優れたユーティリティ性。
  • 捉えようのない独特のドリブル。
  • 両足ともにシュート精度が高い。
  • 非凡な足元の技術に裏打ちされた長短のパス。
  • 常にスペースに顔を出す豊富な運動量。
  • 劇的に改善された守備力で前線から積極的にボールを奪う。

歴代の背番号を調査!

「キッズFC」(現FCゼブラキッズ)でサッカーを始め、小学校6年生のときにテレビ愛媛カップ愛媛県ユースサッカー選手権U-12で優勝。

さらなるレベルアップを求めて、大阪に住む祖母の家から通える距離にあったガンバ大阪ジュニアユースに入団。

しかし同学年に井手口陽介選手、1つ下には堂安律選手ら多くのライバルおり、また当時は小柄で当たり負けしやすく、思うようなパフォーマンスが発揮できませんでした。

結局、守備面やハードワーク面での物足りなさを指摘され、ユースに上がることはできず、東山高校へと進学します。

東山高校では、ハードワークと身体の使い方を学ぶとともに、シュートやパスの質も劇的に向上させ、2013年(2年時)には18試合で20得点を記録。

さらに2014年、3年時(主将)の高円宮杯プレミアリーグウエストで、チームが最下位となる中、MFながら得点ランキング4位の10得点を記録するなど、得点を決めてアシストもできるという現在のプレースタイルの礎を築きました。

スポンサーリンク

24番→7番(サガン鳥栖:2015-2016→2017)

5つのJクラブが興味を示すなか、2014年11月に2015シーズンからのサガン鳥栖への加入が内定。

当初から鎌田選手の才能に惚れ込んだ森下仁志監督(当時)は開幕前のキャンプから積極的に使い、確信を持ってトップチームデビュー戦となる4月のJリーグカップ・アルビレックス新潟戦(0-1敗戦)に送り出しました。

続く5月、Jリーグデビュー戦となる松本山雅戦(1-1引き分け)ではプロ初ゴールとなる同点ゴールを決め、監督の期待に応えました。

森下監督の絶大な信頼を得て、トップ下やボランチとして時間と空間を操り、フィニッシャーとしても存在感を発揮しリーグ戦21試合に出場、3ゴールをマークします。

2年目にはマッシモ フィッカデンティ監督(当時)から「もっとゴール前に飛び出せば能力が生きる」と指導を受け、リーグ28試合出場・7得点を記録。

「点のとれるミッドフィルダー(セカンドストライカー)」としてブレイクを果たすと、鳥栖の若き司令塔には世界各国から注目が集まりました。

  • 2015 リーグ戦 21試合・3得点
  • 2016 リーグ戦 28試合・7得点
  • 2017 リーグ戦 16試合・3得点

スポンサーリンク

9番(Jリーグ アンダー22選抜:2015)

ちなみに「Jリーグ アンダー22選抜」に選出され、J3で2試合に出場しています。

・2015 リーグ戦(J3) 2試合・0得点

スポンサーリンク

40番→15番(フランクフルト:2017-)

2017年6月にフランクフルトへ移籍が決まります。(移籍金250万ユーロ・4年契約)

8月に行われましたDFB杯・TuSエルンテブリュック戦(3-0勝利)でチームデビュー、続くフライブルク戦(0-0引き分け)でブンデスリーガデビューを果たします。

しかし以降は、ニココバチ監督(当時)が鎌田選手の特徴を把握することが出来ず、ほとんどチャンスを得られないまま4試合の出場に留まり不本意な1年目となりました。

2018年8月にはアドルフヒューッター監督(当時)の構想から外れ、シントトロイデンへレンタル移籍となります。

2019-20シーズンからチームに復帰。

プレシーズンにはセリエA・ジェノアへ移籍寸前までいきましたが、ヒュッター監督たっての希望でフランクフルトが翻意。

トップ下を主軸にフォワードでのシャドーの動きや、広い視野での右ワイドからの正確なクロスやシュートでチームを牽引。

オフ・ザ・ボールの動きも向上し、ヘルタベルリン戦でのドリブル突破や「UEFAヨーロッパリーグ」アーセナル戦(2-1勝利)&ザルツブルク戦(4-1勝利)でのゴールは各方面から大絶賛されました。

2020-21シーズンも不動のレギュラーとして32試合に出場、シーズン後半までチャンピオンズリーグ出場権の4位を支えましたが、最後に失速し5位でフィニッシュ。

2021-22シーズン、監督交代やエースのアンドレシウバ選手の退団により、序盤は苦しみますが、レバークーゼン、ボルシアMG、マインツと難敵相手に3連勝で前半戦を締め括るなど、持ち前の攻撃センスにクレバーさが加わりチームを牽引。

さらに、エース級の活躍で「UEFAヨーロッパリーグ」3試合連続ゴールでグループステージ首位突破、そして42年ぶりとなる悲願の優勝(2度目)に大きく貢献しました。

  • 2017-18 リーグ戦 3試合・0得点
  • 2019-20 リーグ戦 28試合・2得点
  • 2020-21 リーグ戦 32試合・5得点
  • 2021-22 リーグ戦 32試合・4得点

シーズン終了後にはトッテナムなど移籍報道が加熱しています。

スポンサーリンク

15番(シントトロイデン:2018-2019)

2018年9月、シントトロイデンに1年間のレンタル移籍で加入。

主に2トップの一角として起用されると、バイタルエリアでの勝負強さやパスやクロスを引き出す動きなど、攻撃へのアクションが洗練されたことで持ち前の得点感覚が爆発し、ゴールを量産。

ベルギー1部リーグの日本人最多得点数となる15ゴールを含む、公式戦36試合で16ゴール9アシストというキャリアハイの数字を叩き出しました。

・2018-19 リーグ戦 24試合・12得点

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

U-23日本代表で活躍。

18番

★2019年3月に行われました「キリンチャレンジカップ」コロンビア戦(0-1敗戦)でA代表デビューを果たしました。

★続く10月に行われまし「2022 カタールワールドカップアジア2次予選」モンゴル戦(6-0勝利)で代表初得点。

9番

その後も「2022 カタールワールドカップ アジア予選」に招集され、7大会連続7度目の本大会出場に大きく貢献しました。

スポンサーリンク

年俸(推定)について

2015年からの年俸推移を示しています。

・2015年 約360万円

・2016年 約480万円

・2017年 約700万円

・2018年 約7300万円

・2019年 約7300万円

・2020年 約6400万円

・2021年 約7300万円

・2022年 約6400万円

【朗報】「FIFAワールドカップ カタール2022」全試合無料生中継されます。

スマホ・タブレット・PC・テレビ・Nintendo Switchに対応しており、アプリをインストール、またはサイトへアクセスするだけで、誰でも無料で楽しむことができます。

さらにプレミアリーグ・開幕から114試合の配信が決定しました!

ビッグマッチや冨安健洋選手所属のアーセナル、三笘薫選手所属のブライトンの注目試合など、114試合が配信(予定)されます。

そして、アーセナルの試合については全試合無料で生中継(予定)となっています。

↓↓↓詳しくはコチラをクリック↓↓↓

私なりのまとめ

フランクフルト退団が現実味を帯びてきていますが、プレミアリーグか、はたまたセリエAへの移籍となるのか、これからの動向に注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

【年代別】フランクフルト 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

長谷部誠 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

コスティッチ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

アンドレシウバ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

三笘薫 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

堂安律 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

南野拓実 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

板倉滉 歴代の背番号を調査!年俸やポジションについても

伊藤洋輝 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸について

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする