プリシッチ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸も気になる

こんにちは、強豪チェルシーで”NEXアザール”として大きく注目されていますクリスチャンプリシッチ選手。

しかし怪我が多く、プレミアリーグでは才能の一部しか披露出来ていないのが残念ですね。

今回は、そんなプリシッチ選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:クリスチャン・メイト・プリシッチ

愛称:キャプテンアメリカ

生年月日:1998年9月18日

出身地:アメリカ・ペンシルベニア州ハーシー

身長:173cm

体重:70kg

ポジション:FW / MF

利き足:右足

【プレースタイル】

  • 両ウィングと攻撃的中盤のポジションならどこでもハイレベルでこなせる。
  • 多彩なフェイントと抜群の加速性を活かしたドリブル。
  • ゴールに対する嗅覚が鋭く得点能力が高い。
  • 味方とのコンビネーションでゴール前へと飛び込んでいく動きも秀逸。

歴代の背番号を調査!

22番(ドルトムント:2016-2019)

地元のペンシルベニア州ハリスバーグを拠点とするペンFC(当時はPAクラシックス)の下部組織でプレーしていました。

プログラムの一環として、ドルトムントに無料トランスファーで参加した時にスカウトされ、2015年1月にドルトムントの下部組織に加入しました。

U-17のチームでドイツ王者になると、すぐさまU-19へ昇格。

2014年を通して数回のトレーニングを行った後、2015年2月に16歳で、クリスチャン・プリシッチはボルシア・ドルトムントのU17に正式に参加しました。

そして冬の中断期間中にトップチームの練習に招待され、トーマストゥヘル監督(当時)に強烈な印象を与えたことで、2016年1月のインゴルシュタット戦で17歳133日という若さでブンデスリーガデビューを飾りました。

★インサイドハーフや両サイドハーフなど複数の攻撃的なポジションでプレーし、一躍躍進を果たすと2015-16シーズンは9試合出場2得点を記録。

★2016-17シーズンは開幕から主力としてプレー。5年ぶりとなるDFB杯優勝に大きく貢献しました。

★2017-18シーズンも開幕から好調を維持させ公式戦42試合に出場し、5ゴール7アシストを記録。

★2018-19シーズン、リュシアン ファーヴルが監督に就任すると、怪我の影響もあって出番が減り、リーグ戦20試合の出場に留まり、2019年1月にはチェルシー移籍が決定。

シーズン終了まではドルトムントにレンタルという形で残留し、ブンデスリーガでのプレーを続けました。

2019年のこの日、ドルトムントは最後にもう一度クリスチャンプリシッチに別れを告げました

ダンケクリスチャン!

  • 2015-16 リーグ戦 9試合・2得点
  • 2016-17 リーグ戦 29試合・3得点
  • 2017-18 リーグ戦 32試合・4得点
  • 2018-19 リーグ戦 20試合・4得点

スポンサーリンク

22番→10番(チェルシー:2019-2020→2020-)

★2019-20シーズンからチームに合流、8月にマンチェスターユナイテッド戦でプレミアデビューを果たすもチームは0-4で敗退。

しかし10月のバーンリー戦(4-2勝利)でハットトリックを決めると、1年目から公式戦24試合で7ゴール6アシストの成績を残し、チームの貴重な得点源かつ局面を打開するドリブラーとして地位を確立しました。

★2020-21シーズンより、ウィリアン選手が着用していた背番号10番を着用することが発表され、「NEXアザール」として注目されます。

ハムストリングを損傷するなど故障癖に悩まされるシーズンを送ることになりますが、2021年5月に行われましたチャンピオンズリーグ決勝にも途中出場し、アメリカ人選手としては初のチャンピオンズリーグ決勝戦出場、初優勝選手となりました。

  • 2019-20 リーグ戦 25試合・9得点
  • 2019-21 リーグ戦 27試合・4得点

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

11番

アメリカの年代別、U-15とU-17代表にも招集され、2016年3月に行われましたワールドカップ予選・グアテマラ戦でA代表デビューも果たしました。

2016年のこの日、クリスチャンプリシッチは、グアテマラを4-0で制したワールドカップ予選でUSMNTデビューを果たしました。

その後、コパ・アメリカやゴールドカップに出場するなど代表に定着します。

10番

現在はアメリカ代表のエースとしてチームを牽引し2021年現在、38試合・16得点を記録しています。

USMNTは、メキシコとジャマイカに対するワールドカップ予選の25人の名簿を発表しました。

クリスチャン・プリシッチがラインナップに復帰し、セルジーノ・デストが怪我のために欠場。

スポンサーリンク

年俸も気になる

2016年からの年俸推移を示しています。

・2016年 約48万円

・2017年 約2.1億円

・2018年 約2.2億円

・2019年 約12億円

・2020年 約12億円

・2021年 約12億円

・2022年 約12億円

さすが世界ナンバーワンのリーグと言われるだけあって、チェルシー加入からの年俸に驚愕してしまいます。

私なりのまとめ

怪我させなければチェルシーにとって必要不可欠な存在となるので、これからの活躍に注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

ハドソンオドイ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸も気になる

ジョルジーニョ 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

【年代別】チェルシー 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

【年代別】ドルトムント 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする