ラファエウレオン 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸推移も気になる

こんにちは、抜群のテクニックで多くのミラニスタを熱狂させていますラファエウレオン選手。

期待の大型アタッカーがついに覚醒しはじめましたね。

今回はそんな、ラファエウレオン選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:ラファエウ・アレシャンドレ・コンセイソン・レオン

愛称:ポルトガルのエムバペ

生年月日:1999年6月10日

出身地:ポルトガル・セトゥーバル県アルマダ

身長:188cm

体重:81kg

ポジション:FW

利き足:右足

【プレースタイル】

  • 屈強でしなやかな身体を活かした体の使い方が俊悦。
  • 細かいタッチから一瞬のスピードで相手を抜け去る推進力満点のドリブル。
  • 足元の技術力が高く、決定力の高いシュート&絶妙のパスで数多くの好機を演出。
  • チームプレーに長け順応力が優れている。

歴代の背番号を調査!

93番(スポルディング:2018)

9歳の時に名門スポルティングCPのユースに加入すると、2017年にBチームに昇格。

2016-17シーズン、Bチームで12試合7得点を決め、2017-18シーズンにトップチームに昇格しました。

2018年2月にはCDフェイレンセ戦(2-0勝利)でトップチームデビュー果たすと、3月にはFCポルト戦(1-2敗戦)でカシージャス選手からはプロ初ゴールを決めるなど大きな期待を受けていましたが、2018年5月のチーム襲撃事件を受け、退団を決意しました。

ラファエル・レオンについてのスポーツユースコーチ、ティアゴフェルナンデスは、次のように述べています。クリスティアーノロナウドだけがここスポーティングで同じ若い才能を持っています。私は多くの選手を指導しましたが、Leaoは彼らの中で最高でした。

スポルディングでの成績です。

2017-18 リーグ戦 3試合・1得点

スポンサーリンク

7番(リール:2018-2019)

2018年8月、フランスのリールへ移籍。(5年契約)

2018-19シーズン、序盤戦は欠場が続いていたものの、12月のニーム・オリンピック戦から4戦連発を含め、7試合6ゴールを決めるなど、シーズン中盤からポジションを確保。

近年の躍進が著しいリールでその才能を存分に発揮し、「ポルトガルのエンバペ」と称されるなど注目を集めました。

今シーズンのリーグ1のラファエル・レオン:

•921分
•7つのゴール
•2アシスト

この19歳の選手は、2019年の初めから、6つのLOSCリールゴールに直接関わっています。

リールでの成績です。

2018-19 リーグ戦 24試合・8得点

スポンサーリンク

17番(ACミラン:2019-)

ローマ、ナポリ、インテルといったイタリア名門クラブで激しい争奪戦が繰り広げられた中、2019年8月1日、ACミランと5年契約を締結。(移籍金2300万ユーロ)

★2019-20シーズン開幕前に行われましたユベントス戦でゴールを決め大きな期待を寄せられていましたが、開幕直前にコロナ陽性が発覚。

EL2次予選を欠場するなど、新天地での初シーズンはポテンシャルを持て余した印象となりました。

★2020-21シーズン、開幕3試合で2ゴール1アシストと好スタートをきると、12月に行われましたサッスオーロ戦(2-1勝利)ではセリエA史上最速となる開始6.2秒でゴールを決め、「ロッソネリ復権の一翼を担いうるストライカーだ!」と評価をあげます。

しかし、戦術的やイブラヒモビッチ選手の壁は高く、なかなかレギュラー定着とはいきませんでした。

★2021-22シーズンからは左サイド起用に活路を見出し、好調ミランの攻撃陣を牽引しています。

ACミランでの成績です。

  • 2019-20 リーグ戦 31試合・6得点
  • 2020-21 リーグ戦 30試合・6得点

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

まだA代表には招集されていませんが、U-16・U-17・U-18・U-19・U-20・U-21とプロデビュー前の2015年から、ユース世代のポルトガル代表に招集され、2016年には「UEFA U-17欧州選手権」を、2018年には「UEFA U-19欧州選手権」のそれぞれ優勝を経験しています。

「2022 WORLD CUP」では確実に活躍していると思います。

スポンサーリンク

年俸推移について

2016年からの年俸推移を示しています。

・2016年 約31万円

・2017年 約600万円

・2018年 約1300万円

・2019年 約6000万円

・2020年 約2.6億円

・2021年 約2.8億円

やはり名門・ミランですね。ミラン移籍で年俸が4倍以上になっているわけですから。これからも年俸は右肩上がりでしょう。

私なりのまとめ

今やミランにとって必要不可欠な存在となっており、悲願のセリエAのタイトル奪還には、ラファエウレオン選手の活躍いかんにかかっていると言っても過言ではないですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

ブラヒムディアス 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸も気になる

マイクメニャン 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

ダニエルマルディーニ(マルディーニ息子)歴代の背番号を調査!年俸についても

ケシエ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸推移も気になる

サンドロトナーリ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

【年代別】ACミラン 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

ACミラン歴代メンバー!背番号10番選手を顔写真付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする